よさの蕪村

キャロルのよさの蕪村のレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.1
静謐で上品な、極上の恋。
好きだなあ。

まず冒頭の出会いのシーン。視線が交差するだけで、確実に二人が惹かれあっていると分かるんです。
これが雪のちらつくクリスマスの空気感と調和していて、本当に美しい。

テレーズのカメラで撮った写真は、彼女の視線の切り取りでもあって、その中に映るキャロルがまた…美しい。

特に、ランチも決められない優柔不断なテレーズが、キャロルとの出会いによって、一人の女性として成長していく様子は素晴らしかったです。

この映画が好きなのは、女性同士の恋愛を美しい夢物語で終わらせず、彼女たちを自分の意思で歩かせ、なおかつ最後のワンシーンで恋を愛に昇華させているからです。

「心に従って生きなければ人生は無意味よ」