Takube

キャロルのTakubeのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.0
ラブロマンスの映画の中でも愛への説得力が非常に高いと感じる映画だった。



特に演技の素晴らしさが大きいと思う。
決して誇張せず、自然に、しかし確固たる愛情があることが伝わる演技だった。

これは、ルーニーマーラとケイトブランシェットの個々の良さというより(もちろんそれも素晴らしいが)、その掛け合いの巧みさが大きいと思う。

彼女達は対照的であり、お互いに踏み込めないと感じつつも、実は似通った気質があり、そして互いに感化されて、時には関係性が逆転したりもする。

そういうお互いが影響し合い、愛が実っていく様をとても説得力のある形で表現していたと思う。



また、同性愛というテーマでありつつも、それを感じさせないところが良かった。

つまり、マイノリティのことを描いた映画ではあるが、その実、普遍的な人や愛がテーマだと感じられるし、それがすんなりと見ている側に伝わるのだ。


また、時代感というのもよく表現されていたと思う。



ただ、少し展開がスローすぎるとも思った。
展開が遅くても惹きつけられる映画はいくらでもある。

しかしこの映画の場合、とても自然に愛が花開く様子を映し出している。
だからと言うべきか、序盤は彼女達の関係性に惹きつけられるというわけではなく、展開を追うごとに魅力がじわじわと溢れてくる。

にも関わらず、物語が動き出すまでがあまりにも冗長だった。