ぺんぎん

キャロルのぺんぎんのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.6
最初から最後まで穏やかな映画
この映画の中で 自分は同性の人を好きになってしまったと 思い悩む瞬間がなく、
ただお互いが性別関係なく惹かれあっていき、ただ普通に恋する
この映画を見たあとは、誰が誰を好きになってもいいんだ
相手を思う気持ちは性別関係なく一緒なんだ
と思えます
学校で同性愛などの苦労や苦難を学びますが、この映画はあえてそういう感情には触れないので同情せずにただただ美しいというシンプルな感情で見れます

あとこの時代のファッションやメイク、ヘアが可愛くてオシャレですきです(^^)