みー

キャロルのみーのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.0
永遠に続く夜明け…

無知故にYESしか答えられなかったテレーズがNOと言う成長と、そのタイミングが絶妙で良かった…。

最初から最後まで、暗いBGMも相まってか叶わない愛感…。全体的に灰色な雰囲気の映画でした。全体的な色調やシーンの撮り方など昔のイギリス映画みたいなのも良かった。

でも、財力や立ち振る舞い…決して交わらないであろう二人が求め合う姿がとても綺麗でとっても惹かれます。

キャロルの上品な立ち振る舞い・言葉遣いと、テレーズの無垢な女性のあるがままの姿…など二人の混じり合うことない人物設定がしっかりしていて、そこに一つの題材である愛を二人の立場から追い求める姿がとても良かった。

キャロルが普段は上品なのに、求める時はかなり積極的なギャップも良かったなぁ。

キャロルがテレーズに言った、天から落ちてきたようって言葉がテレーズにピッタリで、最後着飾らないありのままのテレーズがお高そうな食事会も気にせずキャロルに会いにいく姿がとても良かった。天使=ありのままって感じで。

これなら終わりを作らない終わり方なのも良かった。

すごく綺麗な映画です。
週末にゆったり観たい映画。