わたがしたんぷぷ

キャロルのわたがしたんぷぷのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.2
クリスマスシーズン、テレーズ( ルーニー・マーラ )はデパートのおもちゃ売り場で働いている。娘へのプレゼントを買いに来たキャロル( ケイト・ブランシェット )に目を奪われる。1950年代ニューヨークを舞台に描かれる2人の女性のラブストーリー。

すごくよかったです。もの寂しげな1950年代のニューヨーク、吐く息が白くなるような冬、目を見張るようなキャロルの美しさ、初めての恋に戸惑うテレーズの可愛らしさ、美しく切なさを抱えたラブストーリーです。

冬の女性が1年で最も魅力的だと思っているので、舞台が冬なのが個人的にハマりました。キャロルの大人でお金持ちの女性が身につける衣装、テレーズの若い女性が身につける衣装、どちらも素敵でした。

視線や表情でお互いに恋をしていることや少しずつ距離が近づいていることが分かるように丁寧に恋心が描かれていくのが好きでした。

個人的にテレーズの可愛らしさが見た目や性格含めて好み過ぎたのでテレーズを見るために何度でも観たい映画です。久しぶりにキャラクター好きになってしまいました。