まりえ

キャロルのまりえのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.0
とにかく映像と時代背景が美しい
オンナのタバコが装飾品になっていて見惚れた

もし、ある程度の感情が形成される前に恋愛対象=男っていう概念が薄い世の中に埋もれてたら、この映画はありきたりな恋愛映画で終わっていたと思う

私も夢中とか欲望のまま生きたら別の方向に惹かれる可能性はあるのだろうか
元彼に、君は夢の中にいる、どうかしてる、って言われたのに対してテレーズが
今ほど目を覚ましてる時はないわ、みたいなセリフが彼女の潜在意識の表れ

愛、好き=自分にない圧倒的美しいものに惹かれる感情、だったら、男女って確かに究極関係ないよなあって思う
行為中、キャロルの背中が男性的に見えたのも美しい

ジェンダーレスが加速化してる時代だからこそ観るべき一本