ゆん

キャロルのゆんのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.0
パチパチ燃える暖炉、凍てついた空気、クリスマスツリーの光、簡素なモーテル、冬の季節の良い面も悪い面も見せてくれるような映画だった。クリスマスの時期にもう一度観たい。
お互いに惹かれ合う二人の女性の話。必要以上の演出や言葉はなく、自然な二人の姿が丁寧に描かれてた。まだ同性愛者が精神病だと平気で言われていた時代で、自分の心に素直に生きることは大変。それでも幸せになって欲しいなあ、とラストシーンのキャロルの表情を見てしんみりと思ったのでした😢