にゃん

キャロルのにゃんのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.7
周りは戦後で景気が良く楽しそうなのに2人だけはなぜか暗い雰囲気が付き纏う。

2人とも1度は自分を押し殺し、世間の枠に収まろうと自己否定するが結局元に戻る。断れないテレーズが自分で「選択」したというところが重要。諦めるパターンの「こんなもん」と、諦めることを諦める「こんなもんも」の二重構造が美しい。

ありのままでいいんだよ系のオイディプス王スタイルの作品好きです。