ゅ

キャロルのゅのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル(2015年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

テレーズがキャロルの写真を撮っているところが素敵だった。

亭主関白な夫。
テレーズがレコードの音量を上げ、我慢するけど、帰りの電車で溜まっていたものが涙として出てしまう。
きっと疲れ切ったテレーズにキャロルからの電話はとても嬉しかったと思う。

アビーに頼るキャロルを見て無力感に襲われるテレーズ。そして自分を責める…こういう人はすごく苦労するだろうな…

最後にあった時のテレーズの顔つき、ノーとはっきり言えているところ、強くなったテレーズ。

同じシーンでも、最初のやつはカメラが全体を写していて、最後のは表情がアップで写されていて、全く見え方が違っていた。

赤が多く使われていたのには何か意味があるのか、気になりました。