KH

キャロルのKHのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.6
家庭のあるマダムとデパート店員の女性が、犠牲を伴いつつも 互いに惹かれ合う話。

出会いと別れを通じて、惰性・停滞から抜け出し 生き方を選択していく。
こんな風に 互いに自立し前進し合える存在なら、男女関係なく 大事にしたい。
ラストシーン、見つめ合う2人の表情に、自分の気持ちに素直に生きるっていいなと思った。

主役2人のビジュアルが衣装含めて綺麗。街の寒さが伝わってくる。クリスマスシーズンを感じられました。