fiorina

キャロルのfiorinaのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.0
ハイスミスの小説を基にトッド・ヘインズ監督が映画化。
恋愛映画だから会話も多いと思いきや案外少なめだったので、上品な雰囲気や美しい映像が堪能できて見応えありだった。
デパートの玩具屋で2人の女性が出会うシーンから最後のレストランシーンまでの世界観が結構自分の好みだった。
全然関係ないけどルーニー・マーラーの乳首も見れて得した気分も味わえる。