キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/02/24 鑑賞(TOHOシネマズ府中)
mamiKO

mamiKOの感想・評価

4.0
共通点のない二人だけどそれぞれがそれぞれに美しい。
恋が始まるのをドキドキしながら観た。
昔バイセクシャルの友人に、あなたはバイセクシャルだと言われた事を思い出しながら観ていた。
バイセクシャルの人を否定はしないけれど、私は違う。一度も同性にそういう感情を持ったことは無いと言ったら、それは本当に好きになれる同性にまだ巡り会えていないだけ、と言われ、そんなこと言ったら誰もがそうでないか、と思ったが、まさにこの映画のように、誰にでもある日訪れえるものなのかもしれないなぁと、思った。
美しい恋愛映画でした。
依緒

依緒の感想・評価

4.6
胸がギュッと掴まれるほど、切なくて美しい愛の物語。
心理描写を表情で表すふたりの演技力に心が震える。

まるで小説を読んでいるかのような、淡々としていて、でも細かい描写が素晴らしい。
絶対に女性なら好きな作品。
ファッションとヘアスタイルも50年代をそのまま再現していてそれだけで見いってしまうほど。
特に帽子のセンスは目を見張る。

初めてであった瞬間と、ラストのふたりの表情に注目!
keko

kekoの感想・評価

3.5
女性同士ではあるけれど、大人のラブストーリーでした。
ケイト・ブランシェットがすごく大人でかっこいい女性だったし、ルーニー・マーラは可愛らしい女性だった。衣装や車も好きです。
ケイトと夫の不仲もだけど、嫁姑問題もあったのかなぁと見えました。
特別インパクトのある出来事はないけれど、最初から最後まで飽きずに観れる映画でした。
Emma

Emmaの感想・評価

2.8
予想してなかった展開に驚かされた。
同性愛。個人的には、2人に愛があって幸せならば、どんな形であれいいと思う。
キャロルの生きる姿から、信念を持つこと=自分の存在意義、の大切さを再確認できた。
テレーズの服がお洒落。
なおこ

なおこの感想・評価

3.9
ファッションが可愛くて真似したくなった
けぇき

けぇきの感想・評価

3.7
寒くなると見たくなる
>|