キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/02/24 鑑賞(TOHOシネマズ府中)
キャロルがとにかく上品で美しくてミステリアスな女性

レズビアン映画とは知らずに観たけど、女性同士だったり親子だったり、いろんな愛のかたちが描かれた映画
emii

emiiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ケイト・ブランシェットが魅力的過ぎる。

目で感情を表現してた。
眼差しであそこまで愛情表現できたら言葉はいらないだろうなぁ。

最初のランチでキャロルがテレーズのことを"天から落ちてきたみたい"と言っていたあのシーンがすごく好きだった。

ルーニー・マーラはドラゴンタトゥーの女に出演してた女優だと知って驚いた。印象が違いすぎて全く気づかなかった。

それにしても、カンヌ映画祭の映像が流れると、ついついケイト・ブランシェットに目がいってしまう。赤がすごくよく似合う。
よぬ

よぬの感想・評価

3.5
デパートのおもちゃ売り場で働くテレーズが出会った美しい女性、キャロルとの恋のお話。静かで綺麗で繊細な雰囲気がとても良かったです。ケイトブランシェットの色気が凄い…。
サ

サの感想・評価

-
めちゃくちゃゆったり


1952年のニューヨーク
舞台から素敵なのに、ルーナーマーラもケイトブランシェットも美しくて眼福でした…

ルーナーマーラ、本当に綺麗
現代のオードリーヘップバーン!!

最初はイエスしか言えなかったテレーズがラストで自分の意思を述べて、そのあとキャロルの元に訪れるのがとても良かったです
CIVIL

CIVILの感想・評価

4.0
ケイト様が美しい
p

pの感想・評価

-
髪型がよかった
Machiki

Machikiの感想・評価

3.4
美しくも切ないラブストーリー。


60年以上前、まだ同性愛が世間的に認められていなかった時代のお話。
着ている服や町並みは、時代背景に物凄く合っていて、綺麗でした!
ラブロマンスにありがちなチープな演出もなく、二人の演技も素晴らしく魅入ってしまった。

ただ、少し流れが遅く感じて、退屈に感じる所がいくつかありました!

ラブロマンス好きな方にはオススメします!
彼らの世界は誰からもジャッジされるべきものではなかったし、どれほど感情が本物でも倫理という秤にかけられたら白黒つけられてしまう虚しさ
>|