キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/02/24 鑑賞(TOHOシネマズ府中)
seckey

seckeyの感想・評価

-
‪タバコの吸いはじめから脚を組むまで釘づけにさせる女性、オリーブいりのドライ・マティーニをお昼からのむ女性、うしろ姿やくちびるでなにかを語る女性。わたしとはどれも正反対で、肉体も心もとても幼い。いつかキャロルのようになれるだろうか。‬
‪ケイトブランシェットは妖艶だし、ルーニーマーラは天使だし、退屈するわけない映画。‬

このレビューはネタバレを含みます

少し枯れた色合いの映像と静かでクラシックな音楽が美しい……。最初から最後までしんみりしながら鑑賞しました。
ただ、後半から「どうして家庭のゴタゴタで大変なはずなのに更に問題を増やすようなことしちゃうの!?」って現実的な問題が頭を占めてしまって……笑
でもきっと燃え盛るような情熱の恋ってそういうものなんでしょう。性差も年齢も関係なく、ただただ人を愛するということは難しい。世界に二人だけ、誰にも迷惑をかけずにとはいかない。だからこそ美しく見えるのでしょうね。

キャロルとテレーズの対比が美しい。自分を持った派手に着飾るブロンドのキャロルと、優柔不断な田舎娘のような素朴なテレーズ。キャロルはテレーズを天から落ちたようと評したけれど、のめり込み具合はテレーズの方が上ではないか?と思った。キャロルの退廃的な美しさ、自分にないものに惹かれていくテレーズ。
エンディングがわからない感じも素敵だ〜〜……きっと幸せになったと願いたい。
同性愛なのに純愛。わたしにはまだこの手の重さは早かったかなぁ。笑

時間が経つごとにテレーズがどんどんひとりの女性として自立していくのが美しかったです

キャロルは男前すぎ。女性なのにハンサムでかっこいい
榎木津

榎木津の感想・評価

3.8
何故かブルージャスミンみたいな映画をイメージしてたので、あ、女性版ブロークバックマウンテンか、と途中で気づいて最初から見直した。とはいえ性別や恋愛とかの話ではなく、キャロルとの出会いやテレーズのような存在が人生には必要。いい余韻を持たせてくれるラストシーンで良かった。
気になったのが、クリスマスプレゼントとして贈られたキャノンのカメラ。1951年に発売されたキヤノン IIIaというモデルらしい。今でも中古市場なら数千円レベルで買えるらしいのでちょっと欲しい。
もんち

もんちの感想・評価

3.6
セクシャリティってなんだろう
自分自身色んなことで悩んでいる時期に鑑賞出来たことは、良かったと思う。

ルーニー・マーラは可愛かったけど、個人的にはもう少し歳の近いふたりがよかった。
Rume

Rumeの感想・評価

3.0
極めーて、オトナな映画。
LGBTを題材にしてるからこそ、
気になる…とか恋する…という描写が際立つ。
恋愛心理?をうまく描いている。
時間の経過と世界観が上品でセンシュアル。
yuki

yukiの感想・評価

3.2
ずっと見たかったやつやっと見れた!

うーん…何か見ながらいろいろ考えてしまった…

好きって難しい!!
AoiYata

AoiYataの感想・評価

4.0
美しい

って危ない境界線をも越えてくる

そして、美しさを最後まで突き通そうとすると

越えてはいけない線の中に戻る

結局は辛いのがオチ

そんな心情だったかな
hal

halの感想・評価

3.4
プライムビデオにて。

尊い。

映像的に劇伴ととても合っていて良い。特にやはり脱がしたときの身体の白さ美しさにハッとなるところのBGM、このシーケンスはbeautifulだ

顔のアップが多く、どれもプロフィールがキュートで綺麗で尊い。野郎のアップが無いところがまた素晴らしく良い。カットにおいて明暗がキャラともども明白な色彩で目に楽しい。

主人公の2人の目線から完全に同じ目線で観れるので二回目は違った鑑賞法というか感情の移入先を意識的に変えてみるのもまた尊かろう

また、地味だが調度や小道具も気が利いてて可愛いし綺麗。舞台のスケールは変わらないが、そんな範囲でもとても美しく画が映える。とても尊い。最後目が合ったとき、互いの心中が急速に閉じられていくのを、互いに感知するかしないかの、この目線、この瞳である。いやぁまいったねこりゃ
>|