キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.7
上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?
張り詰めて溶ける感じ。出だしから最後まで二人の女性が美しかった。
ルーニーマラの目の映画 ぐう好き トッドヘインズの中でずば抜けてる
恋愛における出会い、初体験、別れの瞬間が素晴らしい
時が止まるとはまさにこのこと
h

hの感想・評価

3.0
"上質"

このレビューはネタバレを含みます

映画を作る人や役者さんはすごくすごくすごく勉強になるんだろうなぁと思った、映画人が見る良さがすごくあったんだろうなぁ、主演2人の演技も圧巻!
でも面白いかって言われると別に。
とても美しい映画だった。
映像も音楽も、本当に素晴らしいし美しいという言葉が、とてもチープに聞こえるほど。

ケイト・ブランシェットの仕草や視線、佇まいが完璧すぎた…ラストシーンは、悲劇の一歩手前のような感覚になった。テレーズの覚悟を決めたような目、それを受け入れようとするキャロル。観た人にラストの後日談を想像させる作品はとても好き。

久しぶりに胸の内が震えた。
haruru

haruruの感想・評価

3.9
テレーズ役の女優さんかわいい。
キャロルは上品で魅惑的

ホテルでメイクしあってるシーンが
印象的!
レズビアンの恋愛がとても美しくて
魅力的なものに感じた
画面が美しい映画だった。
Rika

Rikaの感想・評価

3.6
2人とも綺麗すぎる…
ルーニーマーラが本当に天使。
Flung out of space
ERI

ERIの感想・評価

3.5
綺麗だし、彼女たちの空気感がとても伝わるという意味で素晴らしいけど、タイプの作品ではなかったかな。
>|