キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.7
上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?
きょうみた
くま

くまの感想・評価

3.1
なんだか思っていたより普通の恋愛映画でした
ザラザラした画面の質感がいい
セリフは少なくてもテレーズが赤のバッグや赤のコートを持っていることで感情表現されててよかった
もちこ

もちこの感想・評価

3.5
胸がキュウっと
しめつけられました。

理解したい気持ちと
完全には理解できない心とで。


けれど
惹かれ合う二人はとても美しい。
最高の恋愛映画でした。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.0
サスペンスでもなく、伏線だらけでもなく、久しぶりに純度100%の恋愛映画を観た気がする。
女性同士だということがこんなにも気にならないというか(物語の中で弊害は描かれているけど)、異性愛同性愛とかそういう概念ナシに『恋愛映画』だなと。
ケイトのミステリアスで艶っぽい目線が見どころ。

だけど、恋愛映画がそこまで好きじゃない自分には逆に物足りなかった(笑)。
アカデミー賞でハードル上げていたのもあるかな。
大人の恋には何かしらのしがらみが付いて回る(知らない).大人になりたてのテレーズのどこか弱そうで心の揺れ動く様が上手い.

「キャロル」という題の映画にふさわしいラストのシーンが好きでした.
mamiKO

mamiKOの感想・評価

4.0
共通点のない二人だけどそれぞれがそれぞれに美しい。
恋が始まるのをドキドキしながら観た。
昔バイセクシャルの友人に、あなたはバイセクシャルだと言われた事を思い出しながら観ていた。
バイセクシャルの人を否定はしないけれど、私は違う。一度も同性にそういう感情を持ったことは無いと言ったら、それは本当に好きになれる同性にまだ巡り会えていないだけ、と言われ、そんなこと言ったら誰もがそうでないか、と思ったが、まさにこの映画のように、誰にでもある日訪れえるものなのかもしれないなぁと、思った。
美しい恋愛映画でした。
>|