キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    踊る猫
    3.7
    上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?
    おっぱい…
    ラストがなかなかよかったです
    ルーニー・マーラの少しずつ変わってゆく、殻を破り、わかってゆく何かを物語の中で手に取るように感じることができるような演技が絶品。とても大きな、真実の愛というようなものを、垣間見る。
    hiro09
    4.5
    あー気持ちがわかります、わかります。
    女性同士というのは、特別のようにかんじるけど、引き寄せられる二人の感情は、男女の恋愛と同じよね。むしろもっと感情的で素直に感じる。

    ラストの終わり方が素晴らしい。
    まさか越えてくると思ってなくて、期待を良い意味で裏切られてスタンディングオベーション並みでした。
    行動と、向かう緊張感がカメラワークでも表現されてて、ぐっと惹き込まれる。
    てか、もう一度観てみたら、プロローグと全く同じだったのね。でも観てるこちらの事情の理解度で見え方と印象が全く違う!監督それわかってて全く同じシーン使ったでしょ!ズル!笑

    この女優二人にはあっぱれですわ。
    繊細な表情一つ一つに、強い言葉や説明はいらなくて、例えばそこにたった一言のせられただけで、相当な説得力があった。

    人生において経験と地位と積んだ、自分の本来の姿わかっててまだなお素直にはなれてない人と、
    まだこれからの、自分を分かってない若い芽と。

    それぞれの道を選んでからの時の流れと
    たった1度のチャンスに、先人は少しの押しで引いてしまうけど、若い芽は押すよねー!ww 年齢差のバランスの良さね。

    お互いがお互いの出会いによって自分を知ることになるなんて。運命の相手ってそういうものなのかな。

    「自分の心に従って生きなければ人生は無意味よ」
    言い切った彼女のその時の恐怖心と、その言葉の重みと、観てるこちらまで思っきしぶん殴られた気分になったww

    そもそも1950年代の設定で原作作者は体験談から小説に書き留めたとか。
    今じゃ珍しくなくなってきた同性愛も、
    その時代の壁たるや凄まじく、認められない周りからの避難の目も、キャロルの孤立感を一層引き立たせてる。
    あや
    3.9
    あなたは若いから説明を求めるだろうけど、いつか分かる時がくるわ。
    本当にそうだ。
    彼女達の間に生まれた愛は、本物。
    劇中に出てくる、ホームパーティーでの男女間の恋模様が薄っぺらく感じるくらい。
    tk
    3.5
    女性らしさを、生きる
    masa
    4.5
    なんて綺麗なラブストーリーなんだろう。1950年代のニューヨークのレトロな雰囲気もいい。
    今、一番興味ある女優さんは誰ですか?と言われたら、間違いなくルーニー・マーラです。と答えるだろう。『ドランゴンタトゥーの女』の彼女も最高だが、この作品のような繊細な心の感情の機微を魅せる彼女も大好きだ。なんといってもかわいい。しかも静かな芯がある。
    ケイト・ブランシェットの妖艶な大人な女性も魅力的だ。

    将来は写真家になることを夢見ているテレーズ(ルーニー・マーラ) 。 デパートでアルバイトをする彼女は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

    画像と雰囲気がとても美しい。エレガントな女性と素朴で純情な女性のラブストーリーを生きざまを表すようなそれぞれのファッションとともに美しく描き出している。

    カラフルな毛玉の帽子をかぶっていたテレーズがたまらなくかわいい。
    人を好きになることは、何故こんなにも切なく辛いものなのだろう。見事に表現している。

    評価が分かれる作品だろうし、
    どちらかというと女性向けの映画なのだろうが、至高のラブストーリーに心がふるえてしまった。

    ラストの素晴らしさは心のままに生きることの大切さを学んだ。
    どうしてしまったんだと思うくらい感動した。
    >|