キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.7
上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?
禁断であるから美しいのか
いや、2人が言葉少なくも
本当に愛し合っているから美しいのか。

ラブシーンの映像の美しさに
とっておきの名画をこっそり観てしまったかのよう。

美しさと禁断を兼ね備えた
とっておきの秘密にしたい名画。
ユーキ

ユーキの感想・評価

2.5
ただ眠くなった
面白かったー!
性別を超えた愛
何を大事にする人か?何を優先する人か?なんに重きを置くかで、人のカラーがでるのかも。
自分とそれが合う人とは、やはり一緒にいると安心します。
そんな映画です
eri

eriの感想・評価

3.5
キャロルのように、艶やかでミステリアスな女性なら惹かれてしまう気持ちが分かる気が…。ラストに向かうにつれ、テレーズがなんだか垢抜けたように可愛くなってた。

ケイトブランシェットの美美しさは罪レベル。
nozomi

nozomiの感想・評価

5.0
何度でも惹かれ合う。

その眼と眼で
何度でも手繰り寄せて
瞳のなかの、ふたりだけの。

ずっと知っていた。ずっと待っていた。
ずっと逢いたかったよろこびを
永遠の様な時のなかで、ふたりだけが分かちあって手を取ってそのよろこびに、何度でも永遠に踊る様に

愛を語る
その手が、動作も仕草も瞳も全て。
見逃さない


同性を主題にする恋愛映画
沢山の観てきたけれど
キャロルはそのなかでも、いちばん誰にも観やすく、
それから、いちばんあかるかったから
とっても愛し愛される映画って おもったよ
セクシャルがとかでなくって、
いちばん”ひと”ってとこでスポットライトがあたってて
それがいちばんなかでも好きだと感じる傑作映画だったんだ

そうなんだよって感じで
意外と、ないもの
本当はどこにでもあるもの
だから、まっすぐ描いてくれた事が
映画になっても届いて 良かった

恋をしっているひとならきっと誰でも隔たりなんかなく共感できる、切なくてぎゅうぎゅうして、愛おしい ほんとうに素晴らしい映画

素晴らしい時代になって来てくれていることが
映画を観て作品を観て、感じられる事
映画がずっと素晴らしく無くならない理由のひとつだ きっと、これからも。

2016.09(別映画館)

当時メモ

愛が、からだじゅうにあって目が離せない
声が美しい。手つきも。
愛する人のすべてのサインを見逃したくなんてなくて。
テレーズが、オードリー・ヘップバーンみたいだった
当たり前の恋の映画だったから キャロル、とても愛し愛される作品だよ。

恋をした。
みんなにある
恋をして愛を知って
少女から、女性への成長も、すごく心に深く感動を刺すんだ。
最後の決断が良かった。
どんな解答回答も、自分の気持ちに
正直であること、自分で考え 自分で決めること。
素晴らしい映画、素晴らしい人生
あかね

あかねの感想・評価

4.2
ずっと観たいと思っていた作品。
アデル〜とはまたちょっと違う、大人な現実的な問題が絡んでくる。
でもそれだけに、2人がお互いを必要として求め合っている感情が如実に現れてた。
目と目で見つめ合うカットだけで、2人がどんな想いを交換してるのかが想像できる、演技がとーーても上手い…感嘆
ケイトブランシェットさん、いったい何歳なんだろう?電話後にイアリングをつける姿、脱いだ時のデコルテ、脳裏に焼き付いてはなれません。美しすぎた。
あ、あと音楽とキャロルの名言も素晴らしいので迷ってる方は是非
アヤコ

アヤコの感想・評価

1.0
ベタベタのベタ!
お金掛かってるのは分かるけど、演出もオシャレなんは分かるけど、こんな大学卒業してすぐの学生でも書けそうな脚本を良くも書きましたな。

ヤジ飛ばしながら観るのはある意味楽しかったわ(´・ω・`)
赤色はほんとうに美しい色だとおもった

もちろんもっといいたいことはある
acwmy

acwmyの感想・評価

4.0
-自分を偽る生き方では、私の存在意義がない-

強そうに見えて繊細なキャロルが魅力的だった。

そしてラストシーンの2人がとても美しかった。
>|