キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/05
    3.7
    上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?
    りりりりこ
    りりりりこの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    ケイトブランシェット美しすぎるし、魅惑的すぎる。
    ルーニーマーラは「ドラゴンタトゥーの女」の印象が強いけど、今回はあの役とは全く違った、流されがちで少し気弱なテレーズを自然に演じてて上手い役者なんだなあと思った。

    異性か同性かが問題じゃなく、人間として惹かれる人に出会うことはあると思う。
    テレーズもたまたまキャロルに出会わなければ女性を愛することはたぶんこの先もなかったんだろうな。

    映像が美しく、2人の女性も魅力的、切ないストーリーで夢のような話でした。
    HirokiTanonaka
    HirokiTanonakaの感想・レビュー
    4時間
    4.3
    自分に持っていないものを持っている中年の女性に恋をしてしまう若い女性。

    2人とも美しい。

    女性としての異なる魅力を演じ切った2人に拍手です。

    最後のシーンは、何を思っている目なのだろうか笑
    彩
    の感想・レビュー
    7時間
    2.9
    映像がただただ綺麗、
    ルーニマーラに惚れ直した

    それ以上は私には分からない良さがあるんだろうなって感じ…
    y
    yの感想・レビュー
    1日
    -
    蛍の光。キヤノンのフィルムカメラ。ルーニーマーラーとケイトブランシェットの表情。音楽:カーターバーウェル。撮影:エドワードラックマン
    音を流している場面で、全く違う音楽を重ねること。構図とぼかしか方と揺らし方。ロードムービー。
    ちゃー
    ちゃーの感想・レビュー
    1日
    3.7
    主演の二人+アカデミー賞候補に惹かれて鑑賞

    ただただ美しい
    テーマは複雑なのに美しい
    はぁ、、、というかんじ
    さおり
    さおりの感想・レビュー
    1日
    4.0
    無性にケイト・ブランシェットが観たくて鑑賞しただけだったのだけど、すばらしかった。キャロルもテレーズも美しく、台詞からファッションから静寂から、何もかもが心に深く染み入って引き込まれた。自分を偽りながら生きられないとはっきりと口にするキャロルの美しさ。娘を腕に迎えるときの感情の高まり。わたしたちは醜くないはずと感情を抑えながら与え合うキャロル。こんなにすべてが美しいのに綺麗事でないのがすごい。また観たい。
    がらがら
    がらがらの感想・レビュー
    1日
    3.0
    題材の時点で自分には合わないと分かっていたけど、ルーニー・マーラを見たくて鑑賞。

    やっぱり合わなかったけど、期待通りルーニー・マーラは可愛かった。
    なつみ
    なつみの感想・レビュー
    1日
    5.0
    美しい
    Mamika
    Mamikaの感想・レビュー
    2日
    3.8
    時代背景によって全ての小道具が綺麗。
    服装がとても素晴らしい。煙草ってこんなにオシャレにかっこいく見えるものだと初めて思わされました。
    ただ儚いので夜中に見たのはなんだかセンチメンタルになってしまい、間違えたなと思った。
    >|