キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

惹き込まれる

役者の視線とか仕草だけで訴えかけてくるものがすごくあって、それの捉え方が素晴らしかった、胸が苦しくなる

これはすごいものを観た..と感じさせられるラスト
千紘

千紘の感想・評価

3.9
トッドヘインズのセンスが只管に好き。小物の1つの使い方から全部綺麗。
097

097の感想・評価

4.5
・良いんですよこれが。ストーリー、カメラワーク、演者の仕草にいたるまで、すべてが美しいんです。
・とにかくケイト・ブランシェットの色気、そしてルーニー・マーラのキュートさにぶちのめされます。
・何をおいてもルーニー・マーラですね。めっちゃかわいいんですよ。是非メロメロになってほしい。
Takashi

Takashiの感想・評価

3.5
音楽が素晴らしい。
ルーニーマーラはまさに天から落ちてきたかのよう。
品のある女性同士の恋愛物語でした。旦那もいて娘もいてセレブなケイト・ブランシェットとまだ若くたぶんフワフワと生活を送ってきたルーニーマーラ。

あの時目があった瞬間からなんでしょうね。それから2人とも演技うまいです。無言の間とか。目と目で通じあってるやつです(笑)

全体的に静かで丁寧、情熱的ではありますが、なるほどねぇーで終わってしまいました(笑)2人の展開に楽しむとかはあまりなくて、そこまで引き込まれはしなかったかなー。まぁもともと恋愛ものはそんなにドキワクするほうではないのでそれでかな。

ただ2人はめちゃめちゃ役にハマってたと思います。美しすぎたんだなー
akari

akariの感想・評価

3.0
なかなか慣れなれない、恋愛映画


キャロルが美しくてついて行きたくなるような


最後まで見れなかったけど、いろんな葛藤がみえた映画

女性同士のシーンはいやらしくなくてグッとくるものが
りえ子

りえ子の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あの毛皮のコートが似合うキャロスが素敵だ〜〜。
2人で惹かれ合うシーンが美してただただ素敵だけど、ちょっと唐突すぎる感じもした。最後のキャロスの笑みにゾクゾクした。
テレーズがただただ可愛くて、大人しい猫のようだと思った。こんな不思議な魅力を持った人になりたかった〜〜

ストーリー自体は、ほ、ほう……?って感じだったけれど、フィルムで撮っているのか肌の質感がとっっても美しくて、肌の露出の多いシーンは特にドキドキした……
かえ

かえの感想・評価

3.2
ルーニーマーラタバコ吸ってるの綺麗すぎた
>|