キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

惹き込まれる

役者の視線とか仕草だけで訴えかけてくるものがすごくあって、それの捉え方が素晴らしかった、胸が苦しくなる

これはすごいものを観た..と感じさせられるラスト
ケイト・ブランシェットの大ファンで、また「ドラゴンタトゥーの女」でルーニー・マーラの強烈なファン、というより、ドラゴンのリスベットの大ファンなので見ました。。。。でも。。これを上質な映画と言うのでしょうか?

ふむ。。50年代のファッションやエレガントな装い小物、それ自体は素敵だ。映像は美しい、でも要は内面の演技を繊細に魅せたので、アカデミー賞候補ってことですよね。口には出せない心の内を目の色や表情の変化で繊細に表現。それが素晴らしいと評価されたのだろうが、これって日頃から細かい微妙な変化を相手のオーラから感じ取って暮らすのが唯一の命綱!みたいな(空気読みの天才の)日本人としてはそれほど大した技でもない。言いたい事があるが口に出せない、でも目の色で演じる内面の演技は宮﨑あおいの方が上手いかも(苦笑)

ブランシェットのファンなのだが、女が女をじっと見つめる瞳は正直ノーサンキューでした。解らないけど、多分性的な意味でルーニー演じるデパートの店員を自分の意のままに操れそうだからって誘ったのだろうから。怖いしキモイし、キャロルは彼女を好きなのかどうかも怪しい。デパート店員の方はキャロルに憧れているんだろうけど、キャロルの方はレズの欲望を満たす為に誘ったんだろう。その辺りが判った時点で気持ちがシャットアウトしダメでした。
ミリ

ミリの感想・評価

3.6
レズビアンって言葉に当てはめたら簡単なんだけど、そうじゃない。そんな言葉のなかった時代。

同性同士でもなんだか気になって仕方ない人って、人生の中で一人はいるよね。人間的魅力なのか、単に美への憧れなのか、なんなのか言葉に出来ない感情。女子校時代が思い出された。
KEI

KEIの感想・評価

3.5
ケイト・ブランシェットは美しすぎるし、ルーニー・マーラは可愛すぎるし観ているだけで素敵なのに、ストーリーが切なくて苦しい。うまく言えないけど、好き。
ちほ

ちほの感想・評価

3.7
ケイトブランシェット綺麗✨✨✨✨✨
kなこ

kなこの感想・評価

3.6
2017.12.17
AKANE

AKANEの感想・評価

-
ケイト・ブランシェットが綺麗。謎多き大人の女性って感じ。ちょっと自分勝手な感じもした。
あと親権で絶対に争いたくないと思った。
kano

kanoの感想・評価

4.5
大人の映画。クリスマスシーズンに見たくなる 少し切なくてドキドキする。
ケイトブランシェット考察の為 。
主役二人の目が印象的な映画。
Christmasシーズンにはタイムリーで、どのシーンも美しい。

性的マイノリティに対する偏見にかなりビックリした。なんだかんだいって、現代はかなり進化?しているんだなって感じる。

ただ、どちらの女性にも、真剣にその人との人生を考えてくれている異性のパートナーがいるのになあ~という複雑な思いも感じる。

そういう意味では、最後にキャロルが不敵な笑みを浮かべているようにも解釈できる。
>|