キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

気になった気に入ったところの羅列

テレーズのベレー帽
最初のランチのドライ・マティーニ

予定表に次の日曜日の予定を書き込むところ

レコードを触る手の細い黒い革の腕時計
キャロルのくらい水色のワンピースと肩にかけた濃い緑のカーディガン

タバコを持つ手の色っぽさ

キャロルが縋るように持つ受話器

ソファに勢いよく腰を下ろすテレーズ

キャロルの背中
ろっ骨のとこのほくろ

赤みのある木のヘッドボードと緑がかった水色のシーツとはにかむテレーズ

車のフロントガラスの窓枠

ガラス越しのテレーズ

壁の色

テレーズのスーツ
tmhrsn

tmhrsnの感想・評価

3.5
映像や音楽が美しく、女性のファッションや髪型が綺麗で素敵な映画だった。

だが内容は理解が難しかった。
恋については、同性・異性かかわらず、思いやりって何、と思ってしまった。
焦らされた。でも少しずつ少しずつ二人が距離を縮めて行く感じが良かった。ドキドキした。お互いにタイプの違う美しい女性が惹かれ合うのは見てて気持ちいい。自分も美しくなった気になれる。時代感も季節感も良かったので見入った。

一目惚れ気質な私は、好きになった人がアクションを起こして来てくれて、しかもお互いに気持ちが一緒なんてミラクル映画でしか目の当たりに出来ないなぁ。なって思ったり。しかも同性で!異性で普通に恋愛に発展するのより、はるかに難しいんだろうなあって。

最後の終わり方もよかった。
キャロルの仕草とか、後髪のウェーブの左右の感じが美しくてとてもよかった。
憧れだけを映像にしたかんじ
何度見ても泣いてしまう、あんなに美しいラブシーン他に見た事ない
ルーニーマーラの可愛さがとにかく光る。
要するにレズをテーマとしているが、2人の旅の中での成長、家族との絆とかその辺がおもしろい。
50年代のアメリカ舞台っぽくて世界観がおしゃんやった。
kyon

kyonの感想・評価

3.0
ちょっと思ってた(期待)してた感じとはちがったかな〜
ryu

ryuの感想・評価

3.2
記録
みやも

みやもの感想・評価

4.2
一つ一つのシーンの画に、音に、どんどん惹き込まれていってちょっとずつ小休止しつつ観た。笑
>|