キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

何度観ても飽きない。
美しい
何を大切にして生きていくのか、大人の美しさを感じる映画でした
Satoho

Satohoの感想・評価

3.8
ルーニーが好きなので
honoka

honokaの感想・評価

3.8
二人の演技が素晴らしかった〜〜。
ストーリーとしては感情移入とかは全くできない。
大人な映画だな〜と思いました。映像は本当に美しかった。
キャロルは特別美しい!かわいい!とは思わなかったけど、気品のある素敵な女性。テレーズが気を惹かれるのがわかる気がする。
そしてルーニ・マーラーの体がめちゃくちゃ綺麗で同じ女だけど釘付けになってしまった笑
キャロルというタイトルらしく、冬の夜に家で一人で観たい映画かも。
藤

藤の感想・評価

4.0
映像美や女優の美しさ、演技などに惹かれたが、もう少し大人になったときに観るとまた違った感想を持てるかもしれない。
ルーニー・マーラめっちゃ可愛い‼️
けど、物語にはそこまで引き込まれなかった😅
『アデル、ブルーは熱い色』の方が同ジャンルとしては断然上!
喜びも痛みも中途半端
気付いたら泣いてた…
ケイトさまは魔法使いか何かですか?ボディの美しさがもはやCG。
ルーニーもめちゃめちゃかわいい…ファッションがいちいちタイプでした。
キャロルの立場が辛いんですが女性として憧れる。それにひきかえ男どもよ…
みえ

みえの感想・評価

3.8
当時の服装や建物がすごくすてきだった
女性2人も美しくて、最後も余韻に浸れるいい終わり方
koyo

koyoの感想・評価

-
下書きもいっぱいになってしまって、何を見たかも忘れそうなのでとりあえず、記録。後でレビュー書きます。
カレン

カレンの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の二人が綺麗。衣装も全部ステキ。あと、キャロルの娘がとてつもなく天使。可愛い。

女性同士の同性愛を描いた映画。同性愛が描かれている作品って必ずと言っていいほど、露骨に偏見の目を向けてくる人が登場するけど、この映画は割と周りの人が同性愛に対して寛容な気がした、日本の作品と比べたら。
周りからの偏見に打ち勝とう!セクシャルマイノリティーを受け入れてもらおう!っていうありきたりな映画じゃなくて、ただただ惹かれあった二人の女性の心情が描かれてた。
>|