キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

何度観ても飽きない。
KARIN

KARINの感想・評価

-
ファッション、街並み、インテリア、全てがマッチしていてどのシーンをキャプチャーしても絵になる、色彩に作り込んだこだわりが感じられる美的感覚が研ぎ澄まされた映画。レズビアンという差別の色を含んだ表現よりも、純粋に清くて清々しい恋愛という印象を受けた。なにもかも美しいからだろうか。
37

37の感想・評価

-
一目惚れは男も女も関係ないよねって教えてくれる作品。キュンとした。クリスマスにぴったり。逃避行中の彼女たちが素敵過ぎる。時々メイクばっちしして髪セットしてるルーニー・マーラーが凄くオードリーヘップバーン!!ってなった。気のせい?ラストシーンでほっとした自分がいた。
R

Rの感想・評価

3.7
多くを語らない
目と目で想いを通わせる
秘めた想いに耐え忍ぶ

とても綺麗でした。
そしてドラゴンタトューの時と全く違う魅力を観れたルーニーマーラ...とても素敵
ayako

ayakoの感想・評価

3.6
マドモアゼル 脈を打つ場所だけよ
すばらしい香り
嗅いで

からの、美しい2人の高尚な戯れ
wkm

wkmの感想・評価

3.0
大人の映画だった。
chankana

chankanaの感想・評価

3.9
2017/12/12
summer

summerの感想・評価

3.4
ルーニーマーラが好き
Yuka

Yukaの感想・評価

4.5
ルーニーマーラも
ケイトブランシェットも
本当に美しくて溜息がでた。

ケイトブランシェットの演技は
瞳や指先の動き1つからも表現できていて
キャロルの神経質さとか不安定さが
そこから伝わる。
本当に天才!

服装もよかったなぁ。
ミンクのコートに
毛糸のベレー帽。
2人の服装や髪型も
それぞれを象徴している。

ルーニーマーラ。
ドラゴンタトゥーの時から
個性的で可愛い女優さんだと思ってたけど
やっぱり可愛すぎる。

あの前髪とか
オードリーヘプバーンに
寄せてるようにしか見えなかったなー。

ラストにはシビれました。
おゆ

おゆの感想・評価

-
あの時代のファッションもインテリアも車も街並みも好き
ひたすら映像が素敵だった
>|