キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

何度観ても飽きない。
MIO

MIOの感想・評価

4.2
I release you

I miss you
対比しかなかった
まなみ

まなみの感想・評価

4.2
街並み、車、建物、家具、洋服、メイク、音楽すべてがおしゃれで上品。終始映像に見惚れた。同じくらい、美しい2人の恋愛の映画。同性だからこそ、本当に恋することが何かと考えさせられる。登場する男性陣の、彼女を手に入れたいが為の自己中心さというか傲慢さというかが、女性2人の美しい恋愛を引き立ててもいたけど、結局彼女たちも自分の気持ちのままに周りを振り回してるから どっちもどっち。

2人が旅先で、ホテルの部屋のお洒落な家具に囲まれて、お酒を飲みながらメイクしてじゃれ合うシーンがすき。

終始キャロルの色気がやばい。
ラストシーン、キャロルの魅力に取り憑かれてる感じが若干怖い、色気が怖い。

また改めてゆっくり休日に観たい映画。
hyu

hyuの感想・評価

3.4
過去記録
Guenky

Guenkyの感想・評価

4.1
もっと難解なものかと勘ぐりながら拝見。
わりと易しく分かりやすい映画でした。

人は変わるというテーマを
絶望や幸せの中で反芻しながらも
変わらないことへの苛立ちや希望に
心打たれる作品でした。

変わろうとも変わらなくとも
許し合うことこそ愛であると
諭された気がします。

なによりも
ケイト・ブランシェットの凄さ。
孤独や焦燥をかかえながらも、仮初めに楽しむことができる大人の姿。
複雑過ぎる心持ちの表出に脱帽しました。
今まで胸が高鳴るような恋をしたことがなかったテレーズがキャロルに恋をして変わって行くんだけど、彼氏が可哀想だよね…
彼氏に対する態度が今までのテレーズ、キャロルにあってからのテレーズ、って対比は分かりやすくてよかったけど。

親権を巡っての席のキャロルはかっこよかった!
s

sの感想・評価

4.0
180220
>|