キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

何度観ても飽きない。
ルーニーマーラが本当に美しい。ドラゴンタトゥーの女の時とまるで違う。
恋人に苛立つ姿も、キャロルをうっとり見つめる姿も、パーフェクト。
あと物騒なシーンが無いのも個人的に良かった。
kanikiya

kanikiyaの感想・評価

3.5
生まれ持った絶対に抗えないものってあるよなぁ…時代とか社会とかによってはそれが良くないとされてることで、妥協して生きていくしかない。なんとなくわかる。
せいら

せいらの感想・評価

4.2
ケイトブランシェットが美しすぎる…
もっとLGBTの偏見が世界になかったらこの映画は絶対アカデミー商品取ってた。
『キャロル』が僕に、ある卓抜な比喩を思い出させた。

-------------
わたしはなぜか何のためらいもなくルースたちに近づきました。(中略)その瞬間、わたしには、これから何が起こるかがわかりました。うっかり水溜りに足を踏み入れてしまう瞬間——足元に水溜りがあることがわかっていても、もう止められないというあの瞬間——のようなものです。

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』土屋政雄訳, ハヤカワepi文庫, 2008年, 86頁
-------------

この映画は、二人の女性が「うっかり水溜りに足を踏み入れてしまう瞬間」の物語。

テレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は写真家を夢見る若きデパート店員。お客のひとりキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)に一目惚れ、お互いに惹かれ合い、逢瀬を重ねるようになる。キャロルから、ある日、夫ハージ(カイル・チャンドラー)と娘の養育権を争っていると打ち明けられる——。

このまま進んだら厄介なことになると分かっていても立ち止まりたくない。理屈を飛び越えたそんな衝動がこの映画にはある。テレーズとキャロルがお互いに本能の赴くままに求め合う。そして、その足元には水溜りがある。それに気がついたとき、彼女らはこのあとに何が起こるかを瞬時に把握する。水溜りを避けたい。しかしそれは叶わない。

テレーズとキャロルが一緒に食事するシーンが三度ある。一度は、キャロルが手袋を届けてもらったお礼にとテレーズをご飯に誘ったとき、もう一度は二人で旅に出たときにレストランで。三度目は旅の途中、車の中で。

映画において食事が性欲を表象するとは、よく言われていることらしい(http://repository.tku.ac.jp/dspace/bitstream/11150/6514/1/komyu39-05.pdf, 60頁)。

二人が食事する三度目のシーンで、車に乗る前、テレーズがキャロルに「急にお腹がすいて」と唐突に言う。そのすぐあと、車の中でブレッドを持った彼女がキャロルに「あなたもどう?(Are you hungry?)」と言う。このとき、彼女は、キャロルにセクシュアルな意味での了解を求めているのかもしれない。そして、キャロルはブレッドを食べる。その翌々日、ついに二人は肌を重ね合わせる。その翌日にも。もちろん、セックス後に、二人で食事するシーンはもう出てこない。(いや、正確には、いろいろとあった後に、エンディングで二人が食事をともにすることを匂わす名シーンがある。)

だから、テレーズとキャロルがセックスする前に、執拗に挿入される二人だけの食事シーンは、セクシュアルな意味合いらしい。テレーズとキャロルの二人だけの食事は、どこまでも性的な意味を帯びている。

『キャロル』は1950年代のアメリカを舞台にしている。このあいだ読んだ森山至貴『LGBTを読みとく——クィア・スタディーズ入門』(ちくま新書, 2017年)には、「ホモファイル(homophile)運動とは、同性愛者への寛容を求めて一九五〇年代に西側諸国で起こった社会運動」(68頁)とあった。レズビアンであるテレーズとキャロルにとって、50年代は生きづらい時代だった。

オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」(1892年初演)を読んでいたら、「泣くのは不器量な女の避難所だけれど、美女にとっては身の破滅ですからね」(『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇』西村孝次訳, 新潮文庫, 1953年, 97頁)という台詞が出てきた。

若きテレーズは感情が溢れて電車や車の中で涙を流すけれど、キャロルは泣くことをどこまでも我慢する。泣けば身の破滅だと、キャロルはわかっている。危ういところは何度か訪れるけれど、心が折れかけても、彼女がテレーズのように泣くことは一度もない。

キャロルに「あなたは不思議な人、天から落ちたよう」と評されたテレーズには、時に諸刃の剣となる繊細な優しさ、温かみがある。そして、キャロルには、確固たる人間としての力強さがある。
殉

殉の感想・評価

1.0
2016春
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ共に美しい。その美しさをこれでもかというくらい美しく撮りあげてる。
ルーニー・マーラ演じる、テレーズの見つめる眼が何とも言えない程に愛を語っている。
一度見てからもう一度最初のシーンを観るとこの物語が重く彼女らにとってどれだけ濃密で解放的だったのかが分かる。

ルーニー・マーラは天使👼
みのり

みのりの感想・評価

3.5
いくつになっても、どんな相手でも、運命的ななにかを信じて行動する人を、反対する権利を他人は持っていない。
と思うと同時に、ああ、偶然なんてものは、なんと儚いものよ……と嘆きたくもなる。めちゃくちゃ切ない。

ルーニーマーラがとっても可愛かった。
キャロルがとにかく上品で美しくてミステリアスな女性

レズビアン映画とは知らずに観たけど、女性同士だったり親子だったり、いろんな愛のかたちが描かれた映画
>|