キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.5
なんて綺麗なラブストーリーなんだろう。1950年代のニューヨークのレトロな雰囲気もいい。
今、一番興味ある女優さんは誰ですか?と言われたら、間違いなくルーニー・マーラです。と答えるだろう。『ドランゴンタトゥーの女』の彼女も最高だが、この作品のような繊細な心の感情の機微を魅せる彼女も大好きだ。なんといってもかわいい。しかも静かな芯がある。
ケイト・ブランシェットの妖艶な大人な女性も魅力的だ。

将来は写真家になることを夢見ているテレーズ(ルーニー・マーラ) 。 デパートでアルバイトをする彼女は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

画像と雰囲気がとても美しい。エレガントな女性と素朴で純情な女性のラブストーリーを生きざまを表すようなそれぞれのファッションとともに美しく描き出している。

カラフルな毛玉の帽子をかぶっていたテレーズがたまらなくかわいい。
人を好きになることは、何故こんなにも切なく辛いものなのだろう。見事に表現している。

評価が分かれる作品だろうし、
どちらかというと女性向けの映画なのだろうが、至高のラブストーリーに心がふるえてしまった。

ラストの素晴らしさは心のままに生きることの大切さを学んだ。
どうしてしまったんだと思うくらい感動した。
はち

はちの感想・評価

3.9
同性愛って、どうして認められないんだろう。
そこの疑問がずっとあるのだけど、
女の子が女の子を好きになる気持ち全くわからないわけではない。
そこに触れたいってゆう感情があるかどうかは別として、

その【触れたい】っていう感情の波長の表れ方が秀逸な映画だった。

環境も違えば年齢も違う、
男と女なら普通に恋して普通に会話して、普通にセックスしてるのに、
なんだかとっても苦しくて切なかった。

私は身近な人で言えばもし、息子が男の子を好きになってしまってもきちんと認めてあげられる。

苦しい事はたくさんあるけど、キレイゴトぬきで一番苦しいのは自分の気持ちを隠し続ける事だから、
それでいて周りの大切な人がそれを認めてあげられないのは一番の辛さだと思う。


もっとこうゆうことが、
当たり前の恋愛映画として、苦しみなく世の中に出回る時がいつか来たら、いいな。
ケイトブランシェットとルーニーマーラに5だわ!!!!!!!

ケイトブランシェット演じるキャロル、めちゃ美人なのに顔も雰囲気も何故か男性的(危険は雰囲気と女の子から見て頼り甲斐がありそうな威厳)
若くて何となく人生に不安がある女の子だったら、そりゃ誰でも喜んで胸に飛び込みたくなる!と思った笑
この人の動いてるところを見るためだけにでもこの映画観る価値あった!

ルーニーマーラのいらっとするくらい若くて見境ない演技、表情も最高、、

キャスティング勝ちなのではと思った、、
りこ

りこの感想・評価

4.0
切なくて何もかもが美しい
ecoute

ecouteの感想・評価

4.1
流れる空気と音楽と、静かでゆったり沁みてきていい。
テレーズを見てるとアメリとかオードリーヘップバーンとか思い出して鼻筋と眉毛と短い髪の毛素敵だなあと思った。
らいた

らいたの感想・評価

4.0
きれいな部分しか映画にしてないと思うけど、それでもきらいだったなぁって浸れる映画
冒頭むっず
って思ってたけどそういうことか
トム

トムの感想・評価

3.6
ちょっと前に観た。
シネマQ

シネマQの感想・評価

5.0
視線、出会ってしまった2人の
>|