キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.5
なんて綺麗なラブストーリーなんだろう。1950年代のニューヨークのレトロな雰囲気もいい。
今、一番興味ある女優さんは誰ですか?と言われたら、間違いなくルーニー・マーラです。と答えるだろう。『ドランゴンタトゥーの女』の彼女も最高だが、この作品のような繊細な心の感情の機微を魅せる彼女も大好きだ。なんといってもかわいい。しかも静かな芯がある。
ケイト・ブランシェットの妖艶な大人な女性も魅力的だ。

将来は写真家になることを夢見ているテレーズ(ルーニー・マーラ) 。 デパートでアルバイトをする彼女は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

画像と雰囲気がとても美しい。エレガントな女性と素朴で純情な女性のラブストーリーを生きざまを表すようなそれぞれのファッションとともに美しく描き出している。

カラフルな毛玉の帽子をかぶっていたテレーズがたまらなくかわいい。
人を好きになることは、何故こんなにも切なく辛いものなのだろう。見事に表現している。

評価が分かれる作品だろうし、
どちらかというと女性向けの映画なのだろうが、至高のラブストーリーに心がふるえてしまった。

ラストの素晴らしさは心のままに生きることの大切さを学んだ。
どうしてしまったんだと思うくらい感動した。
ryoseisato

ryoseisatoの感想・評価

3.7
1952年には ブロンドに隠れても
クリスマスにキャロルは 傷を
本物を見ていた気がした!
水野

水野の感想・評価

5.0
同性愛ラブストーリー
キャロルの美しさにドキドキした
名前的にクリスマスに彼女と見て失敗した思い出が、、
girlh

girlhの感想・評価

3.3
テレーズのお洋服がいつもかわいい
Alicia

Aliciaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「あなたは若いから解決や説明を求める」テレーズからキャロルにわかるわかるが止まらなかった。大人と子供の恋、さまざまな形で身分など異なるが好きな気持ちは止められない。
Saya

Sayaの感想・評価

4.0
ケイト・ブランシェットがひたすら美しい。
視線、指先、揺れる髪、たばこを吸う横顔。
思わず見惚れてしまうような、なんともいえぬ色香。すべてが洗練された美しさって感じで、どこはかと無く漂う非日常感も、キャロルらしいなと思わせられる。

そもそも人を好きになるって、
好きになろうって思って努力するものでもなく、損得をこえたところにある、理屈ではどうしようもないもので。そんなこと分かっちゃいるけど、そうだよねぇ、と改めて感じるやら。
テレーズを旅に誘うときの、ためらうような、恥ずかしそうな、キャロルの表情…!ギャップ萌え!と、自分の語彙力の無さにもため息が出てしまったが。

恋愛映画はあまり好きではないのだが、
ここ数年で一番、息が詰まりそうなぐらい、ぐっときた。
前向きに、自分を受け止めて、生きていいんだ、って思える作品でした。
yuko

yukoの感想・評価

3.6
女性が女性を好きになる。なんらおかしく無いと思う。人を愛せるってことだけで幸せなこと。
だけど、この時代は認められなかったんだろうな。
斜線

斜線の感想・評価

3.5

虚像や偶像としての「大人」ではなく
意志を持ち、社会を生きて戦い抜く具体的な大人としてのケイト・ブランシェットの圧倒的佇まい、女性としてのその漢気に惚れてまうやろ!
全編に漂う押せ押せな時代のアメリカと裏腹な儚い空気感、窓越しの視線の羨望や切なさ具合ももちろん、やっぱりルーニー・マーラの無敵な素朴さも好きだわー


「あなたは若いから解決や説明を求めるでしょう、でもいつかわかる時が来る」
>|