キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.5
なんて綺麗なラブストーリーなんだろう。1950年代のニューヨークのレトロな雰囲気もいい。
今、一番興味ある女優さんは誰ですか?と言われたら、間違いなくルーニー・マーラです。と答えるだろう。『ドランゴンタトゥーの女』の彼女も最高だが、この作品のような繊細な心の感情の機微を魅せる彼女も大好きだ。なんといってもかわいい。しかも静かな芯がある。
ケイト・ブランシェットの妖艶な大人な女性も魅力的だ。

将来は写真家になることを夢見ているテレーズ(ルーニー・マーラ) 。 デパートでアルバイトをする彼女は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

画像と雰囲気がとても美しい。エレガントな女性と素朴で純情な女性のラブストーリーを生きざまを表すようなそれぞれのファッションとともに美しく描き出している。

カラフルな毛玉の帽子をかぶっていたテレーズがたまらなくかわいい。
人を好きになることは、何故こんなにも切なく辛いものなのだろう。見事に表現している。

評価が分かれる作品だろうし、
どちらかというと女性向けの映画なのだろうが、至高のラブストーリーに心がふるえてしまった。

ラストの素晴らしさは心のままに生きることの大切さを学んだ。
どうしてしまったんだと思うくらい感動した。
AoiYata

AoiYataの感想・評価

4.0
美しい

って危ない境界線をも越えてくる

そして、美しさを最後まで突き通そうとすると

越えてはいけない線の中に戻る

結局は辛いのがオチ

そんな心情だったかな
hal

halの感想・評価

3.4
プライムビデオにて。

尊い。

映像的に劇伴ととても合っていて良い。特にやはり脱がしたときの身体の白さ美しさにハッとなるところのBGM、このシーケンスはbeautifulだ

顔のアップが多く、どれもプロフィールがキュートで綺麗で尊い。野郎のアップが無いところがまた素晴らしく良い。カットにおいて明暗がキャラともども明白な色彩で目に楽しい。

主人公の2人の目線から完全に同じ目線で観れるので二回目は違った鑑賞法というか感情の移入先を意識的に変えてみるのもまた尊かろう

また、地味だが調度や小道具も気が利いてて可愛いし綺麗。舞台のスケールは変わらないが、そんな範囲でもとても美しく画が映える。とても尊い。最後目が合ったとき、互いの心中が急速に閉じられていくのを、互いに感知するかしないかの、この目線、この瞳である。いやぁまいったねこりゃ
yumy

yumyの感想・評価

-
美しさ

50年代の時代背景なので『アデル、ブルーは熱い色』とはまた違ったLGBTストーリー

50'sのふたりのファッションもとてもステキ。
2人の演技凄い!衣装が可愛い!
記録。
雰囲気が良き。
azumi

azumiの感想・評価

3.2
なんだろう、終始不安な気分にさせられた。二人とも美しかった。
Haru

Haruの感想・評価

3.9
静かに余韻に浸る。
ず

ずの感想・評価

2.6
なんかイライラしちゃった。。。短気
>|