キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.3
ケイトブランシェットの品よ、、、
品とはなんたるかって感じ、、、
n

nの感想・評価

3.9
恋愛は苦しいもので、人を愛するということは切ないものであるってことが言葉は少ないものの忠実に表現されてる。
ラストシーンからのエンドロールで鳥肌が立つ。ほぼ視線で会話が成り立ってる映画。
オーケストラのストリングスが効果的。寒い寒い冬にワインに蜂蜜溶かしてゆっくり見るような映画。恋愛は苦しくて切ないものだ…
しろこ

しろこの感想・評価

3.0
早くこういう映画の良さがわかるような大人になりたいなぁと思いました
miku

mikuの感想・評価

4.6
こういう美しい愛を人生で経験できるかなと思いながら観た
キャロルの服から姿勢から全てのスタイルが最高にツボ、赤いコート素敵
ゆづは

ゆづはの感想・評価

3.0
ストーリーよりも絵の綺麗さ重視なのかな…たぶん
ねむ

ねむの感想・評価

4.9
美しい愛のお話。ファッションもメイクも街並みもすごく素敵だった。

テレーズの瞳の先にいたのはキャロルだった。キャロルの印象的な赤のマニキュア。彼女がそれをつけなくなった時、本当に本当の自分を曝け出したような気がした。ラストはいままで何がしたいかわからず流されて生きてきたテレーズが、自ら動いた。そしてその時彼女の視線の先にいたのは、、。

会いたかったら会えばいいし、会いたくなければ会わなくていい、そうやってドライに生きてきたが、好きだし会いたいし現実的には会えるけど会っていいものなのか、という感情がどういうものか、痛いほど感じることができた。

クリスマス前後のキンっと冷えた曇りの日に家で1人でホットワインでも飲みながら観たい作品。
まお

まおの感想・評価

4.4
うっとりしすぎて泣いてしまった
moeko

moekoの感想・評価

3.5
記録✏️
冬にぴったりだなー👍
2人とも本当に綺麗で、幸せになってって応援したくなる(^^)
piii

piiiの感想・評価

4.0
内容は重苦しい。だけど50年代の情景とファッション、冒頭のクリスマスシーズンにキャロルと出会うシーンなど、美しいこと。ちょっと何回か見てキャロルの気持ちなど理解してきます。
何度観ても泣くしかない。セクシャリティを題材にした映画はこれまでたくさん観てきたつもりだけどそんな問題を突き抜けてここまで深く心に刺してくる作品、他にあっただろうか。恋心から次第に独占欲に変わっていき、それを相愛だと認めるまでのプロセスの丁寧な表現が素晴らしく、愛とは相手を慮ると共に自己(本能)を肯定することでもあるのだと。クリスマスが近づいてきた。
>|