キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「才能があるかどうかは他人が教えてくれる あなたは努力し続ければいい 正しいと思うことをやり 流れに任せて」
「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」

このキャロルの台詞で自分の根っこにあった苦しさが全部溶けた 説明できないけどエンドロールで涙が止まらなかった
いしお

いしおの感想・評価

4.5
各所で気付いたら涙を流していた
キャロルの表情が、最初は遠い世界にいる不思議なお姉さんだったのにだんだんテレーズと過ごす程にめちゃくちゃに可愛くなっていくのがいとおしくて堪らなかったな
最初は信仰に近い憧れがその人を知るほど肉感をもった激情に変わっていくの、一度死ぬほどの恋をしたことがある人なら解ると思う

二人の映る一瞬一瞬が
美しくて、繊細で、ひとつ間違えば壊れてしまいそうなのに芯にしなやかな強さを感じる
女の人の神秘的な魅力なのかな

自分の中で一つ特別な映画になった
あとルーニーマーラーの着ている服が全部可愛すぎて声出た 全部買いたい
ワイC

ワイCの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

綺麗〜〜な映画。特にベッドシーンが綺麗。やっぱりフィクションで「2人は恋愛関係にありますよ」って観客に説明するにはベッドシーンが必須なのかな〜と思った。勉強になる。

ハッピーエンドだったのでLGBTQムービーとしては珍しいなと思った。終盤まで見てこれビターエンドっぽいなと思ってた。

中盤まで見てるとこの映画に出てくる男キャラクタークズしかいねぇな...って思うけど終盤を見ると旦那さんもキャロルの思いを汲んでくれそうな感じで終わってるし、NYタイムズで出来たテリーズの同僚達も良い人そうなのでよかった。

日本ではどうなのか知らないけど海外だと「クラスにいる良い女は大体もう相手がいるかレズビアン」っていうのがあるあるらしいけど、本作でも魅力的なレズビアンのキャラクターが描かれていた。

ルーニマーラさんがオードリーヘプバーンに見えるときとナタリーポートマンに見えるときがあった。
みなみ

みなみの感想・評価

3.5
なんかたまにイライラしたけど美しかった
美しかった
希望を持てるラストだった
so

soの感想・評価

4.0
テレーズの顔まわりに柄が多いなと思った。チェック柄好きなんだな。どのケイト様も惚れるけどキャロルのケイト様は一段と素晴らしいと感じた。キャロルの横顔のお写真には鳥肌がたった。ドキドキして終わる。
わかる

わかるの感想・評価

3.0
映画館でじっくり集中して見るべき映画だった
ホチ

ホチの感想・評価

3.3
おれはこういう美しい映画がすきなんだ
恋してる人間の視線っていうのをすごく感じられた
テレーズがとにかくかわいらしい
お化粧しあいっこのシーンが可愛いすぎる...
後半の、テレーズが大人になってからキャロルと再開するシーンの二人の温度差というか、葛藤と喜びと、二人の複雑な感情が絡み合ってて見てるこちらとしてはどうしようもなくあばあばした
最初から最後までツボすぎて、ずっと身悶えしながら観ました。予備知識0で観たのですが、こんなに人物に感情移入して映画を観たのは初めてで、Bluetoothでルーニーマーラと同期したのかと思いました。完璧です。
>|