キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

dita

ditaの感想・評価

3.5
@塚口サンサン劇場   

二人の目線だけが誰にも何にも邪魔されることなく好きを伝え合っていた。あなたの幸せをいちばんに思うことを愛と呼ぶならば、思わず泣いてしまったり、突然会いたくなったり、思ってもいないことばを掛けてしまったり、そういうのが「好き」なんだよ、きっと。だから、性別も年齢も、身分も時代も、何物も「好き」を邪魔をしてはいけない。

たくさん書きたいことはあるけど、観終わってすぐ思ったことは、好きな人に会いたくなった。わたしの存在意義を確かめるために。
けんた

けんたの感想・評価

4.5
綺麗な映画。ケイト様の神々しさと、ルーニーマーラのレトロかわいさがすごくて、気絶。
ma

maの感想・評価

3.8
ファッションが素敵すぎて!
ボブに太いヘアバンドしたい
ただ、ただ、美しい。
じつは、こういう映画初めてだったけれど、あまりに自然だった
HIMEKO

HIMEKOの感想・評価

4.0
胸がきゅんきゅんしたぁ
2人の今後が気になる
最後の2人の微笑む感じが、良い
私も微笑んだ✨
我らがケイト・ブランシェット姉さんとルーニー・マーラの禁断の恋。

場面の一つ一つが美しくてどこか儚げ。車に乗ってるシーンが印象的でした。曇った窓越しの2人の表情。眠ってしまったルーニーに上着を掛けてあげる姉さん。会話はあまりないんだけど表情や視線、仕草なんかで触れ合う2人に何だか見惚れちゃいます。

何といっても姉さんがルーニーにカメラをプレゼントするシーンが好き。「メリークリスマス」と言いながらカメラの入ったトランクを足でスーって差し出すんです。
いや渡し方めっちゃカッコいいやん(笑)
自分が同じ事やったらぶん殴られますね。姉さんだから様になってて許される。

結末しては自分の娘との生活よりもルーニーを選んだ姉さんの決断には納得できなかった。しかしラストの2人が見つめ合う姿を見るとそんな事どうでもよくなった。何人たりとも口出し出来ない程の美しさでした。
3syaku

3syakuの感想・評価

3.4
アデル ブルーは熱い色、とは別の大人の女性の恋。
身のこなしや仕草が洗練されて、一目で惹かれ合う描写が丁寧。互いに汚れなき分、素直に美麗な雰囲気を感じ取れる作品。
でもなんでお互い惹かれるかの人間的な魅力はよくわかりませんが…まあそんなのもアリ?
yuri

yuriの感想・評価

4.8
多くの人々は同性愛への偏見以前に、自分も、身近な人々もそれとは無関係だと思っていると思う。

けれど、いくつもの映画や小説で男と女が突然恋に落ちるのと同じように、男と男、女と女だって(お互いが異性愛者だとしても。)突然恋に落ちるかもしれない。

そんな可能性を違和感なく描いていて、人が人に魅力を感じ、恋をする。そのときに性別など足枷にはならないのだと感じる。

私も女性に一目惚れしたことがあるから、1950年代、クリスマス、静かな音楽、画面の色も相まって、距離感に戸惑いふわふわと近づいていくような、同性への恋を思い出した。

割とプラトニックな感じで進むかと思っていたからびっくりしたけど、セクシャルなシーンで切なくなって涙が出そうになったのは初めて。それはきっと同性の愛する人とそういう行為ができることが本当に希少なことで、テレーズの幸せが伝わってきたからだと思う。ルーニーマーラとケイト・ブランシェット、すごい。

登場人物のヘアスタイルやファッションが可愛くて真似したくなる。とくにテレーズの前髪!キャロルが天から落ちたと形容するのも納得のかわいらしさ。
>|