キャロルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

Chirico

Chiricoの感想・評価

3.9
記録

お二方とも美しくて凄く良かったです

ケイト・ブランシェット
「ブルージャスミン」観た時も綺麗な人だなーって思っていたけど
この作品でこんなに綺麗な人だったっけと思うくらい更に素敵だった
しかも今回は役柄もあってか少し男前にも
見えて
すっかりファンになりました😊
さき

さきの感想・評価

4.2
2人が恋に落ちる瞬間が眩しくて、美しかった。テレーズがピアノで弾く「Easy living」がすごくいい。私のクリスマスに観たい映画。
かべ

かべの感想・評価

3.7
ルーニーマーラーの顔めちゃくちゃ好き、、
色々考えさせられる映画
“自分を偽る生き方では、私の存在意義がない”
劇中のキャロルの言葉が胸に突き刺さる。

自分らしく生きるという事はそういうことだと、あらためて思った。
いつの時代も“自分らしく生きる”ことは簡単ではないが…


キャロルを演じるケイト・ブランシェット
テレーズを演じるルーニー・マーラ

タイプは違うが凛として美しく目ヂカラのある二人。

キャロルは、はっきりとした自分の意思を持つ真の強い大人の魅力に溢れた女性。
テレーズは、ランチの注文すら自分では決められない、自分の気持ちや生き方を模索中な未だ何色にも染まらぬ初々しく透明感のある女性。

出逢ってしまった二人。
運命の糸は絡まり結ばれるのか…

目は口ほどに物を言う。
気持ちが溢れる二人の視線と表情。

映画が進むにつれての二人の心の成長と表情の変化も見所だ。

だがこの映画、薄っぺらな恋愛映画等ではない。

舞台は1950年代のアメリカ・ニューヨーク。
当時は同性同士の恋愛が法律で禁じられ、病気として認識されていたという。

原作者パトリシア・ハイスミス自身の体験を元にした本作。
偏見に満ちた時代背景にあって、それでもなお、自分を偽らず貫き通そうとしたキャロルやテレーズ達の生き様は、現実世界では困難であったパトリシア達マイノリティの切なる願望・叫びを代弁したものだったに違いない。

見事なまでに細部にわたってこだわり抜いた映像のリアルさや美しさに、原作者への敬意を感じた。


誰かを想う気持ち。
理屈ではない想いを押し込める事など誰にも出来る筈もない。
自分を偽る以外には…

冒頭のタイトルバックに映る地下鉄の通気口が意味すること…

時代や作者の背景を知ってこそ、この映画に込められた意味の深さが感じられ、観返す度に愛しさが増す。

”太陽がいっぱい“などパトリシア・ハイスミスの作品に込められた本当の想い。
自由に生きられなかった時代の魂の叫びが聞こえてくる、そんな気がした。


※雑踏に想い人の姿を探す二人の視線と表情、肩に触れる手に込められた想い、ガラス越しのカットの数々…
二人の素晴らしい演技、空気感、衣装や調度品、風景、色使い、そしてカメラアングル等、映像の圧倒的な美しさに酔いしれる。
そして流れる音楽の妙。時に重厚に、時に物悲しく、不安を煽り、控え目だが情熱的であったり…
音楽を担当するカーター・バーウェルの素晴らしさを感じる作品でもあった。

当事者ではない私が同性愛を完全に理解していると偉そうなことは言えないけれど、60年以上の時を越え、映画としての封印を解かれた本作、映画史に残る名作だと私は思う。
gaaaa

gaaaaの感想・評価

3.5
ルーニー・マーラの“個性”が溢れ出ていた。

「ドラゴンタトゥーの女」を見てからの今作だったので、本来の彼女のイメージはこちらが正しいのかも。

綺麗で繊細で、台詞なしの“顔で演技する”シーンが多かった印象。

子供や恋人を捨ててまで“自分らしく生きる”ことを選んだ2人。
惹かれ合ったのは偶然ではなかった。

1950年代のニューヨークのファッションが現代にも通じる部分があり、ファッションってやっぱり巡り巡ってるんだなぁと。
麻衣

麻衣の感想・評価

3.0

作品中に出てくる主人公は服がとても可愛くて、ベレー帽がとっても似合う
Rio

Rioの感想・評価

5.0
最高!ほんとに最高!
もう最初から最後まで引き込まれました!

まずこの映画の美しさ!ケイト・ブランシェットの服、顔、振る舞い、手の添え方、全てが高級でした、ため息でるぐらい美しい
してこちらはかわいいルーニーマーラー!なんて可愛いんでしょうか、、
そしてこの二人が惹かれあっていくところがまぁ良すぎてニヤついてましたね
それでやっと結ばれた二人!あのセックスシーンとかもうアートですよ美しすぎますって、私は女同士の方が興奮するみたいでおそらく顔がきもいぐらいニヤついてました😉

二人が別々になってしまった時とても悲しくなりましたけどテレーズは成長し、何でもYESと答えてたのにNOと答えられるようになってましたね~
キャロルは夫のお飾りとして妻であり続け、自分らしくなれないことに疲れてた時にテレーズとの出会い。そして自分らしくあろうと逃げずに決めた時それを声に出した時の震えながらのケイト・ブランシェットの演技見事でした!
精神病と認識されていた同性愛そんな中のキャロルの声はとても美しく強い女性だと感じました

再開してキャロルからのI LOVE YOU、なんて言うんですかもうこの二人が幸せになってくれることを願い続けてたのでとってももどかしかったです
最後、テレーズがキャロルの元へ戻り二人が交わす顔!テレーズが一旦断ってからのこのシーンですからあの顔に隠された愛は美しく深いものだと感じました

会話が少なめでお互いの表情、仕草で読み取るという感じでしたねー少しの沈黙ですら絵に描いたように美しく同性愛という題をここまで綺麗に描いていて圧巻でした!
なんせ主演のおふたりが綺麗。最近ルーニー・マーラにハマりつつある…。
佇まいとか、服装とか、お洒落で優雅。男だけど憧れるなぁ。
人は惹かれるか惹かれないか、どちらかしかない、か。色々考えさせられた。
よしむ

よしむの感想・評価

4.0
う!美しい!美!ルーニーマーラはドラゴンタトゥーてherでも魅力的な演技で本作も期待を裏切らない感じエクセレントっっ!!描写が哀しくもあり、美しい
息をのむ美しさと展開に終始ドキドキしてた。重みがある。お互いに恋し愛する気持ちはあまり理解できないが、この映画から得るのは、全く異なる二人の女性の、人生。生き方。