キャロルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

二人の主役が魅力的過ぎる。
どのシーンも、とても複雑で豊か。
演技の繊細さ、そして緻密さ。
ラストに近い、ケイトブランシェットの演技!
高ぶる感情をなんとか理性で押さえ込もうとして、それでも溢れてくる。
こういうとき、猛烈に感動する。
俳優が簡単に泣き持っていこうとすると強烈に冷めるんだけど、
ケイトブランシェットはさすがにすげーな。
ルーニーマーラーの突然の涙もすごい。

あといいセリフが多い。
ルーニーマラー可愛い。ドラゴンタトゥーとの違いよ笑

シーンの移行も凝っていてスムーズ。
shuntakato

shuntakatoの感想・評価

3.7
ケイトブランシェットの気品よ。
タバコ吸う姿が最高にクールだ。
最後の表情がたまらなく好き。
もう何に怒ればいいかわからないままただただやり場のない怒りに苦しみながら観終わった。キャロル、テレーズ、ハージ、監督、脚本家、パトリシア・ハイスミス、時代、社会、彼女らやそれらを美しく写そうとする撮り方、彼女らやそれらを取り巻いていた物事、そして彼女らの全ての選択に私は怒る。映画を観る時、時々こういう姿勢が本当にめちゃくちゃ大切なことを思い出した。
おしお

おしおの感想・評価

4.0

何度でも見ちゃう。ルーニーマーラの可愛さとケイトブランシェットの目力がいつまでたっても忘れられない。この映画に出てくる女性陣の煙草を吸う仕草がとても好き。
スマートな女性の口説き方に感心した作品
ルーニー・マーラの出演作は何作も観たけどこれが一番可愛いね
とても美しい。緑と赤が印象的。
どんでんも見事にどんでんされた。

#ルーニーマーラ
#ケイトブランシェット
どちらもタイプの異なる魅力的な女性。
美しすぎてその二人が観れるだけで満足。
演技も素晴らしい!

とにかく、ルーニーマーラの裸が綺麗!!
#美しいエロ
日本じゃ出来ない演出だわ、、、

映画全体の雰囲気がとてもお洒落。
1950年代のアメリカファッション。
インテリア。
冬っぽい色調。
流れる音楽。
ゆったりと流れる時間。

とてもアーティスティックで大好き。

レズのお話とは知らず
話題だから観てみた
おーーーなるほど!と、思った。
予備知識ないと映画は楽しめない所もあるけど
これはいい意味で裏切られた!

しかし、本当に#LGBT 流行ってますな!!
流行ってるというか、
#LGBT映画 の名作が多くなって来たのかな
LGBT映画がしっかり評価されるようになったのかな
少しづつ理解されてるんだね。
そういう時代なんだね。

観る人が観たら少し退屈な映画かも。
実際一緒に観た男性からは
#お前の選ぶ映画は本当にセンスない
言われたし。笑
それでも一緒に観てくれる優しい人だった、、、
は、置いといて、
女性と男性の感想はだいぶズレる映画だと思う。


あ、あとポスター全てが愛おしい!
綺麗!!!
センスを感じるよね!
ポスターが素敵な映画はそれだけで名作な気がしてしまう
fuwari

fuwariの感想・評価

4.1
テレーズもキャロルも美しすぎてストーリーが気になりつつも何回も巻き戻して見てしまうほど!
完璧だと思っていた人への憧れは恋で、それを受け入れようとして本心を見せてぶつかっていくのは愛だということを感じさせてくれた。
音楽も衣装もセンスが良くて好き。
si

siの感想・評価

3.6
テレーズかわいい!!
自分で決められない…という女があったばかりの人と食事に行くことを決めているのガンガン気持ちが傾いているのがわかっていいね。
キャロルが自分を偽ることができないのに、なぜハージと男を選んだのか謎。
初めと終わりに同じシーンが入っているがあまりにも気持ちの重さが違う。
キャロルと別れてからがだいぶ長くかんじてしまうし、苦し〜。
ルーニーマーラ出演作なので鑑賞。

あらゆる感情を台詞で説明しがちな、多くの日本の恋愛映画とは、異なる雰囲気を纏った、とても上品で大人な映画だった。(この映画で「I love you」「I miss you」をたしか一度しか言わないんだぜ。凄くね?)
説明的にならないことで、一つ一つの台詞が印象に残りやすく、映像にも集中しやすい。(字幕ほとんど見なくていいので良いね👍)

話自体は割と日本のドラマでもありそうな感じだが、女優それぞれの演技が良かったし、カーターバーウェルの音楽とかフィルム感、街並みやファッションに50年代っぽさを感じ取ることができる。

恋愛映画はあまり得意じゃないけどこれは良かった。CMBYN好きな人にオススメ