キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    ファッションや当時の雰囲気が素敵、赤が印象的な映画。
    「自分を偽るなら私の存在意義がない」が胸に響いた。
    その後大川端奇譚を読み返した
    ファッションやこの時代の雰囲気が好きだった
    やっと観れました、1人でこっそり何度も観たい…

    光や窓や音の使い方、クラシカルなファッションと小物たち、濃密な綺麗が詰まった映画。

    観入り過ぎてどっぷり疲れました。笑
    アカデミー賞では作品賞候補には入れなかったのが、信じられない程のクオリティの作品。

    うっとりするほどの魅力的な女性のケイト・ブランシェットは主演女優賞ノミネート

    不安定でおどおどした繊細な女性のルーニー・マーラは助演女優賞ノミネート

    は当然の演技。

    映画の視点はどちらかというとルーニーマーラ(テレーズ)のケイト・ブランシェット(キャロル)への思いで展開していく物語なのだが、

    「車の中からキャロルを追う視点」
    「人物の配置」
    「車の窓ガラス越しのカット」

    などが絶妙で、画面作りが美しい。ストーリーの展開も静かの中に品があってラストシーンも見事な、非常に高級な映画。
    最初から最後までとても美しい映画でした。
    好き
    『マリーアントワネットに別れを告げて』みたいな雰囲気で好き
    惹かれあっていくときの2人の目線がとても良かった
    2人に自由は存在しない、それを2人の立場から描いてました
    ほんとに美しい愛の物語です
    恋じゃないな、愛って感じ。
    同性愛に目覚めるきっかけってこういう感じなのか。

    俺の中のベストオブルーニーマーラは更新されず。「LION」が暫定チャンピオンです。
    ちょう気まずかった
    素敵な映画に出会えました。
    ケイトブランシェットが綺麗
    凜とした大人な女性を見事に演じています。
    自分に正直に生きていく
    正しいと思ったことをやり続ければいい、周りがみてくれるなど心に響くセリフがいっぱいありました。
    恋愛のことだけでなく、家庭を持つこと、夫婦、社会、働くこと、それぞれの立場での生き方など色々な要素が含まれているとおもいます。
    映像もとてもきれいで、車、ファッションもとてもおしゃれでした。