キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ドラマチックな恋愛ほど周りの人間が傷つくんだよな
ooyan

ooyanの感想・評価

3.4
ご飯にはじまりご飯におわります。
rsn

rsnの感想・評価

3.8
とてもよかった
penpen

penpenの感想・評価

3.0
「眼福」

主演女優2人の美貌はもちろん、1950年代の街並みや、車、ファッションの美しさも素晴らしい。
全然古臭くない。

ケイト·ブランシェットの古風な顔立ち、そして凛として気品ある雰囲気は、ドライマティーニもタバコも良く似合う。後半につれて情緒不安定になり、崩れていく様も美しい。

ルーニー·マーラーは『ドラゴンタトゥーの女』の時とは一変して、純粋無垢な印象。ケイトとは対照的に女性として成長し、自立していく。
オードリーヘップバーンのようだった。
ロミ

ロミの感想・評価

4.2
ケイト ブランシェットが気になり、内容をよく知らずレンタルしました。昨夜夫が寝てから1人で観ました。夫は同性愛への理解は無だと思うので、一緒に観なくて良かったです。オープニングから淡々と始まり、このままだと途中で眠くなってしまうかと思っていましたが、ケイトの終始美しく憂いに魅了され、気がつくとルーニー・マーラーの目線。キャロル(ケイト)にどんどん惹かれて映画の中に引き込まれました。
映像の美しさは絶品で、車を上手に使ったカメラワークには、胸が締め付けられる様な恋に自分ものめり込みそうになりました。
特に同性愛を描きたかったものでもなく、魅力的な人には誰もが目を奪われてしまうのでしょう。
以前、ナスターシャ・キンスキーを見て美しいと思ったのを思い出しました。
コトコ

コトコの感想・評価

4.0
ゆっくり、静かに、徐々に溺れていくような終始そんな感覚だった。

性的マイノリティのことが世界中で騒がれている今、この作品をそんな風に取り扱っていないことが、私にとって新境地で「あ、愛って分類するものじゃないんだ、そうだよな」と思わせた。

女なのに、女の人を好きになってしまった。男なのに、男の人を好きになってしまった。それを私たちが「同性愛」と呼び、そのように分類するべきなのか。異性愛とは皆呼ばない。同性に対する愛だけ特別に愛の前に「同性」をつけなきゃいけないなんて変だ。愛は愛なのだから。

冬が好きだ。雪が好きだ。冬は、他の季節では感じないセンチメンタルな風景が溢れている。寂しさや孤独といつも隣り合わせな気がする。この映画の季節が冬でよかった。
azusa

azusaの感想・評価

3.4
主演の二人が美しすぎる♡これといって盛り上がりはないけど、とにかく美しいので最後までサクッと観れる。
逆にこの人達じゃなかったらちょっと挫折しそう。