キャロルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.6
一見強そうだけど、本当は弱くて儚さのある女性をケイトブランシェットが見事に演じててまじですごい
テレーズが可愛すぎて泣けた
切れた電話にI miss youって言うところ胸が痛かった

曲がめちゃめちゃよい
ozako

ozakoの感想・評価

3.0
2018/04
ルーニー・マーラーさんが魅力的です。「ドラゴンタトゥーの女」と雰囲気が全然違う。ケイト・ブランシェットさんもめちゃめちゃきれい。切ない。
生きていく上で様々な事情を抱えていく。
隙が見えない完璧に見える人にこそ、1人では背負いきれないものがあるのかも、、
悩む女性は美しい、、
Lemon

Lemonの感想・評価

4.0
ケイト・ブランシェットが美しすぎてずっと見惚れながら観ていた。歳を重ねていくごとにどんどん魅力的になっていくお方。
シカ

シカの感想・評価

3.0
まとまった時間が取れずに観終わるまでに3日くらいかかってしまった。
ところどころ「こんなに寄るの?」っていうくらいカメラがドアップを捉えてたけど、その気持ちよーくわかる。美しいんだもん2人が。
特にルーニーはドラゴンタトゥーの女だったから、その対比でびっくりするくらい正統派美女だったんだと改めて気づいたわ〜
ベンジャミンバトンのケイト・ブランシェットがとても美しくて、こちらも鑑賞。
同性愛を描いた映画は初めて見たかもしれない。不思議な余韻…。最後のシーンが本当に印象的。
美しい…
ケイトブランシェットの色気よ。
最後のシーン、ドキドキしすぎてなぜか泣いた。良かった。

「自分を偽る生き方じゃ私の存在意義がない」
ざくろ

ざくろの感想・評価

3.6
美しくてせつなくて…昼前に観たのを後悔…!
眠れない夜にしっとりと楽しみたかったな。
ap

apの感想・評価

4.0
とにかく2人が美人すぎて画面的にもストーリー的にもどんどん引き込まれていく。それぞれが成長していくのも、お互い正直に生きるのもいい。ケイトブランジェットの演技がとても上手い。キャロルみたいな美人で自分をしっかり持ってる女性がいたら誰でも惹かれてしまうだろうという感じだった。
ひたすらに綺麗な映画だった。ケイトブランシェット美し過ぎるし何でそんな立ってるだけで色気醸し出せるのって感じだし、ルーニーマーラのオンザ眉前髪可愛すぎ!似合い過ぎ!

ザ・恋愛映画だった…50年代のファッションはほんっとうに個人的に大好きだ。可愛い。

相手が異性だろうと同性だろうと恋愛ってのは"その人"に惹かれるって事なんやな。理屈じゃない。

あー何か両思いとかじゃなくていいからただ好きな人がほしくなる。

原作も読みたくなった。