キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    3春
    3春の感想・レビュー
    2日
    -
    2017.02.21
    una
    unaの感想・レビュー
    2日
    5.0
    少女テレーズの恋心が疾走するハイスミスの原作の方が好みだが、映画版は抑えたトーンと同時にアトモスフィアを感じさせるのが素晴らしい。現代において雰囲気ある映画は稀少。後半ややブレが生じるも、欠点を補ってあまりあるムードに満点。良くも悪くも雰囲気映画だが、それがゆえに高く評価する。キャストも完璧。
    あ
    の感想・レビュー
    2日
    3.5
    ルーニーマーラってこんなに可愛かったっけ???
    って思うぐらいリスベットの印象が強くて、でもちゃんと儚い女の子演じててすごいなぁ
    ayako
    ayakoの感想・レビュー
    2日
    3.2
    ケイト・ブランシェットが、凄いよかった。そして見るたび美しくなっているね。
    yuki
    yukiの感想・レビュー
    2日
    -
    ケイト・ブランシェットの美しさたるや…私も例に漏れず恋に落ちました。。

    本当にキャロルが纏う赤が印象的で美しい。。
    ピアノが奏でる音楽にも心が揺れました。
    ピアノのメロディでそのシーンにどんどん引き込まれていく!
    natsuno
    natsunoの感想・レビュー
    2日
    4.4
    静かで美しい

    車やリップやコートの色がとっても素敵だった💄
    lgKaoring
    lgKaoringの感想・レビュー
    3日
    3.3
    どうしてテレーズがキャロルにそこまで惹かれたのか、いまいち理解できなかった。
    だけど、好きになるのって理由はないかも知れない。

    ルーニー・マーラ、「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットとは正反対。
    リスベット大好きだったけど、このルーニーも可憐で儚げでとにかく可愛い!
    好きだ!

    とにかく、お二人もストーリーも美しい映画。
    だいき
    だいきの感想・レビュー
    3日
    3.5
    大人な女性のケイトブランシェットとまだあどけなさが残るルーニーマーラの対比が印象的だった。
    でも後半の割と積極的なルーニーマーラもあり!