キャロルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

yuumi

yuumiの感想・評価

5.0
作品も役者も、本当に本当に全てが美しい映画でした
美しすぎて涙がでる

このレビューはネタバレを含みます

久々に主人公の顔が可愛すぎて内容に入り込めない事案が発生した。ルーニー・マーラ、お人形さんかよ...
二人の女性の恋と自立の物語。今でこそLGBTは理解されつつあるけれど、アイゼンハワー時代には傷ついた人も多かったのだろうなあ。
登場する男性キャラクターがことごとく酷く、偏った印象なのは残念。
まあしかし、全てはラストのケイト・ブランシェットの微笑みでかなり浄化された。
全体的にファッションが素敵な映画。もうモード系着るのやめようかな...
かえる

かえるの感想・評価

3.8
すごく綺麗な映画だった。言葉も描写も終わりかたも。
男性同士の恋愛を描写した映画はよく観たことあるけど女性同士は初めて鑑賞しました。
深みがある映画で良かったです。
hina

hinaの感想・評価

3.6
映像の撮り方がとてもクラシックで素敵でした。お互いに惹かれっていく様は観ていてドキドキしました。

ラストも希望が持てる終わり方でした。どうにか幸せになってほしいです。
m

mの感想・評価

4.5
最高に良い、、
本当に「天から落ちたよう」なルーニーマーラ。
アデル、ブルーは熱い色よりも好き。
希望の見えるラスト良き。。
苺

苺の感想・評価

3.9
ケイトもルーニーも美しくて、お似合いだった。
街並みやファッションとかオシャレで細かい面も素敵で良かった。
出会いのシーンも素敵で良い!
KaiHama

KaiHamaの感想・評価

3.5
画の綺麗さを極限まで追求して多くを語らない映画って印象
とにかく主演の二人が美しすぎでした

てか最後のってやっぱりそういうことでいいんだよね
正直ちょっと難しかった笑
ヤーーーット観れた!!! ずーーっと観たかった!!! やっぱり好きだったよ……。

フィルムのざらざらした質感と彩度の落とされたシックな色構成が優しくて美しい。ちょうどトイカメラみたいな色味と質感でテレーズの写真の趣味と安物のカメラというのも合っていてとても良い。

恋愛ものなのだけれど、はっきりと熱っぽくなく、淡く静かに暖かさの伝わる、そういう感覚。ゆっくりゆっくりとしっかり愛し合ってはいるのだけれど飽き飽きするような惚気がなく、クールなラブストーリー。同性愛を扱うとよく過激になりすぎてしまうものが多いような気がするのだけども、本作はまったくそんなことはなく、非常に品がある。とてもロマンチックだ。

現代でようやくLGBTという概念ができて、それでもなおまだまだ偏見の目は少なからずあるわけで、ストレートとして生きなければならなかった、同性を好きになることは精神病だとされなければならなかった中で自分を貫き通すことはいかに難しかったろう。
人が恋をするのに性別なんて関係ない。「私はあなたが好きだ」というその気持ちだけでじゅうぶん。それが誰であろうと、何であろうと、他者から糾弾される謂れはない。こういうものをみると、もっともっと広く理解する気持ちをいろんな人が持ってくれるといいなと思う。実際、境界なんて曖昧なんだ。

ところでキャロルはバイセクシャルなのだろうか。生粋のレズビアンだとしたら、男性と交わるのも苦痛だったのではないのだろうかとすこし考えてしまった。子どもを愛する気持ちはセクシャリティとは関係ないだろうし。そうだったとしたら、時代の中で男性と結婚することになってしまっていた、物語開始の時点のキャロルを思うとなんとも遣る瀬無い気持ちになる。

クリスマスの時期に見返したくなるだろうなあ。また観よう。
vermeer

vermeerの感想・評価

3.3
うーん…
薄いような濃いような
リリーのすべてと同じ内容
ただ、ルーニーマーラは美人1番全盛期
hosaeri

hosaeriの感想・評価

1.5
耽美な映画かと思ったら…という期待度高すぎた問題。
ケイトブランシェットの華麗さは他作品の方が際立ってる。