キャロルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

翔一

翔一の感想・評価

4.5
純朴なテレーズと気品溢れるキャロルどちらも美しかった。互いを求め合える素晴らしさに、性別は関係無いと教えてくれる作品。
同性愛を扱った作品はバットエンドになりがちだけど、この作品の愛は最後まで美しかった。

キャロルみたいなファッションの女の人、憧れるわ~色使いが、小物使いがツボ
私の天使、天からおちた人
とキャロルがテレーズのことを表すあのシーンの美しさ
いやらしさが全くなくて感動した
純愛すぎて儚くて切ない
hase3001

hase3001の感想・評価

1.5
とてもぼんやりとした
雰囲気が、二人を包んでいて
時間の流れが、ゆっくり進む。

同性愛と、親権問題。
ラストの彼女の笑みは
何を物語るのか?

二人にしか分からないことは
同性であれ、異性であれ、
ある様に思う。

素直に観れば美しい愛かも
知れないが、身勝手な愛の
様にも見える。

二人にしか分からんのでしょ。

恋愛映画を含め、
分かりやすい映画を
見過ぎたのかな?

作風に、少し戸惑ってしまった。
honaami

honaamiの感想・評価

3.9
大人の、女性の、美しい、恋愛でした。
どのシーンを見ても丁寧にきれいに作られていました。
2人とも役柄にマッチしていて、非の打ち所がない女性像でした。
みんな煙草吸ってるんだ ってゆう印象くらいです、引っかかったのが 笑
キャロルの芸術的な美しさ。
視線や口元の動き、タバコを吸う仕草、どこを切り取っても色気があり、かつ上品でミステリアス。
うっとりします。
リ

リの感想・評価

3.7
美しいのと切ないのと、両方が混ざってる映画だった。クラシックな世界観と主演の2人がひたすらに美しくて見惚れる。毎回流れるあの音楽が最高に好きだった。

この映画はとにかく、1945年デビットリーン監督の『逢びき』のオマージュが随所に感じられた。
冒頭列車の音から始まるところや、最初と最期のバーラウンジでの待ち合わせ、肩に手を置いて別れるあのシーンなどなど。。
逢びきがすごく好きだったから、随所に感じられる逢びき要素には心踊った。

過去が舞台なところや、ひと昔前風の音楽も余計にいい雰囲気になってて完全にひき込まれた。怒涛の展開があるわけでもなく、すごくスローなのにめちゃくちゃ引き込まれたから私的にハマってたんだろうな

キャロルとの出会いのシーンは、私もなんか惚れるの分かるわぁと思ってしまったし、圧倒的にセリフ数が少ない映画だと思うけどすごく伝わってくるものがあった。登場人物たちが感情を言葉で表現しないからこそ、音楽が余計に耳に入ってくるしセリフ以上の表現がある気がした。

同性愛という点もすんなり入ってきて、特別な印象というか異質なものだって感じることも一切なく普通に観れた。(でもキャロルの醸し出す雰囲気は魅力的だったけど、彼女の交際遍歴みたいなものは理解できない部分は多かった)

テレーズはもともと自分にも他人にも熱心じゃなかったけど、キャロルと別れたあとで人が変わったのも面白かった。自分が分からないテレーズだったからこそ、余裕のあるキャロルに惹かれたんだと思うけど最終的にはキャロルの方がテレーズに必死になってて面白い。別れるときにキャロルが送った手紙の回収はやかったな、、

異性だから同性だからどうこうではなく、単純にその人に惹かれるっていう美しさに浸れる映画だった

それにしてもケイトブランシェットの毛皮のコートに似合いっぷりが尋常ではない
yukiko

yukikoの感想・評価

2.5
惹かれあっているのは確かなのに言葉少ない感じ、目を見るだけでわかる感じが良い。ケイトブランシェットのファッションヘアメイク、佇まいが素敵過ぎ。
とっと

とっとの感想・評価

3.9
綺麗。画も衣装も個性も生きかたも。
1952年というLGBTが悪いこととされているような時代に、こんなに自分をさらけ出して同性を愛せるのは心からその人を愛しているということだと思うから、美しいなと思った。
2人が惹かれあっていく姿は見ていてドキドキしました。
見たあとの余韻に浸った状態で書いていますが、素敵すぎて凄いふわふわする。
白米

白米の感想・評価

4.1
ケイトブランシェットのスパダリ感が強い。抱いてくれ。ルーニーマーラ可愛すぎ。ずっと2人の幸せを願いながら見ました。
2人がたまに交わす、2人だけにしか分からない熱い視線がなんとも素敵。
ルーニーマーラきれいすぎる。
LGBTの、しかも時代背景として理解のされない時代で、それでも愛する人を選択するメニューも決められないテレーズが愛おしい映画。