キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

みりお

みりおの感想・評価

4.0
どうしようもなく惹かれるという気持ちが、静かに、丁寧に描かれていて、観ていて心が洗われた。

「見返りや地位やお金や、そんなもの一切求めずに誰かを欲することができたのは、いつまでだっただろう。」
ちょうど数日前に友人とした会話を思い出してしまった。
ましてやキャロルとテレーズはそれぞれパートナーもいて、性別も同じで、お互いが惹かれ合うことで生むものはないと言っても過言ではない。
安定や祝福、子ども。そんなものは得られず、歪みや破滅を生むほうがよっぽど可能性が高い。
しかし彼女たちは、ただ愛を求め、互いを必要としているという心の繋がりを求めた。
【この愛は、一体何を生むのか。】

テレーズのカメラは、キャロルに出逢うまで無機物しか捉えていなかった。
受動的で、意志のない少女のままで、ただなんとなく周りに流される日々を過ごし、あらゆることに"No"という勇気もなく、レンズを通してでも人に踏み込むことを恐れていたのだ。
だがテレーズはキャロルのおかげで人を撮る楽しさを知った。
キャロルと出逢ったことで、能動的に、自分で選びとって人の内面を知りたいと思えるようになり、仕事も変えた。
少女から、美しく強い女性になったのだ。

そんな彼女が、自らが撮影した写真を仕分ける際に、キャロルの写真だけを"無機物"のほうへまとめたシーンは印象的だった。
感情を表せなかった彼女が、キャロルへの愛だけは隠せず、しかもその痛みゆえに敢えて感情に蓋をするまでに「成長」したのである。

ラスト、テレーズは自ら決断をする。
自らの意志で選び取る。自らの幸せとはなんなのかを決断するのだ。
そのときの強い瞳が、この作品の真髄である。
【真の愛は、人を成長させ、強くするもの】なのだと、観ている人に感じさせる彼女たちの瞳で幕を閉じる良作。
nene

neneの感想・評価

3.8
綺麗で、二人があんまり笑ったりしなくて始終静かな感じがすごいよかった

ちょっとこわかった
とても美しい映画。
主演2人の演技も素敵。
ルーニー・マーラ可愛すぎる。
ayn

aynの感想・評価

3.2
惹かれ合う事の尊さだ
かなしいけど美しい映画
こういう主題の映画をみると、三十二歳の別れの歌詞が頭をよぎる

このレビューはネタバレを含みます

ケイト・ブランシェット様超絶美しい。カールのかかった髪を弄る仕草が超好き。

ルーニー・マーラも可愛さ極まってる…。ケイト様と同衾後に耳が真っ赤なのめちゃくちゃキュート。

物語自体はよくある王道ラブストーリー。

恋人に不満を抱える生活の中、強引かつスマートにナンパされる→逃避行→元恋人(夫)に邪魔されゴタゴタ→自分が近くにいない方が相手のためになる→出会う前の生活に戻る→街であなたの姿をつい探してしまう、あの人無しではやっぱり無理

何という使い古された手法か。
でも使い古された手法はみんなが求めてるから使い古されてんだよ〜〜。結局ベタなのが好きなんだよ〜〜。そしてそれを魅力的にみせる演出があってこそ輝く。

窓越しに人物を置くのが目立ってた。雨粒越し、曇りガラス越し、古いガラス越し、車窓越しetc。

ラストシーンの微笑みね、諸説あるらしいけど私は「君じゃなきゃダメみたい」説を支持してます。
まあそれはそれとして、推したいのは「貴女は結局私のもとに戻ってくる(ドヤ)」説。それぐらい強気で勝気なのが好き…。
りほこ

りほこの感想・評価

4.1
どの性別に分類するとか、同性婚が認められない制度の問題とか
全て一回忘れてしまいたくなる。

夫も子供もいて、さらに身近にいた親友や刺激的な人を"愛する"ことは当たり前のこと。でもその一線を越えると、非難されたり道徳的不適切と言われるのは
何故だろう。
テレーザのように、目を奪われることはたまにある。美しい人、物を見て。
またキャロルにも共感できる気がする。夫のお飾りでしかなくて頼れる人や、信頼できる人が女性であったらその人を愛してしまうと思うから。

同性愛はそんなに難しいことじゃなくて、
性別関係なく、惹かれた人間同士に起こる化学反応でしかない。って
"惹かれているという事実しかわからない"


考えるうえで、何に焦点を当てれば
"当たり前"の社会が生まれるのか。
多くの人が実現させたくてたまらないはずなのに、
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.4
2人の女優の演技力で魅せられる映画。
美しさ、可憐さ、妖しさ、細やかな心情の移り変わりを、台詞の言い回しや間、繊細な表情の変化などによって表現されているのが凄い。
文字以外で様々な情報を与え、いろいろなことを想像させるような、奥行きのある演技は、さすが超一流の女優だなと感じた。
yui

yuiの感想・評価

2.0
ふーん、て感じ。

とくに共感するところもなく。
可もなく不可もなく、、、

昔ほど同性愛ものに興味がなくなった
(見飽きた)し、子供産んでから映画の観方(考え方)が変わってしまって、なんて身勝手な母親だってのが印象に残ってしまう作品だったから残念。
たみ子

たみ子の感想・評価

3.9
主演の二人がずっと美しく、二人の間に生まれた愛おしさはもう誰も寄せ付けないものがあった。言葉にできないものを観る作品だった。ラストの見せ方もすてき。
mnt

mntの感想・評価

3.5
ケイト・ブランシェットに抱かれたい映画

素敵なブロンドに唇に笑顔
あんな人惚れないわけないわ

しかしながら内容にはあんまり共感できず…