キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

私は好きです。ケイトブランシェットは綺麗だな。
sae

saeの感想・評価

3.4
不思議な感じだった。記録
な

なの感想・評価

4.0
2人の間にずっと漂う空気…綺麗すぎる…
キャロルがテレーズに触れるとき、テレーズのドキドキした感じが物凄く伝わってくる。そのときのキャロルの顔はいつも映されないから尚更。

ラストは鳥肌立った。そしてルーニー・マーラの可愛さは異常。。
Ashley

Ashleyの感想・評価

3.4
服がおしゃん。
ケイトブランシェットの役のハマり具合nice!!🙆
mcruz

mcruzの感想・評価

3.6
Note

17/12/09

最後のキャロルの表情に全て持っていかれた。
劇場公開時に、見逃していたのをTVで視聴。 いやいや、これほどに凄い作品とは。 ベテラン大女優と新進気鋭の若手女優の激突とは些か古い言い回しか? ケイト姉御の視線にきょろきょろ、ルーニーの可愛さにうっとり。 ラストシーンの二人の間にはレーザービームがはっきりと見えました。
ルーニー・マーラとケイト・ブランシェットが必然かのように運命的に出会う二人の女性を演じる。それぞれ疎外感を抱く、全く異なるようで実は似ている二人の女性愛が描かれる。街並みもファッションも綺麗で、二人の女優のベテランさとフレッシュさを役でもそのまま活かされた作品となっている。