ドクター・ストレンジ:1回目バナー

キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    momo
    momoの感想・レビュー
    6日
    -
    記録
    カスミ
    カスミの感想・レビュー
    2017/05/22
    4.0
    Emi4
    Emi4の感想・レビュー
    2017/05/22
    -
    なんて美しい女性なんでしょう。
    Miko
    Mikoの感想・レビュー
    2017/05/22
    3.0
    心に従わなければ人生は無意味、劇中で出てきたセリフ。
    なら、私も心に従った感想を残そうと思う。

    今作はスコアが難しい。
    自分がLGBTとして今作は期待していた。
    『アデル、ブルーは熱い色』のようにただただ性別関係なく好きになった人を想いたいという作品だった。
    けど、『アデル…』のように胸をつくような感覚には落ちなかった。

    画の美しさは際立っている。
    美しいマダムキャロルを演じたケイト・ブランシェットさんの恋愛豊富の感じは堪らない。
    毛皮と赤い爪が似合う素晴らしい美貌。
    従いたくなるそんなキャロル。
    テレーズ役を演じたルーニー・マーラさんもウブな美しさがある。
    好きで好きで堪らないキャロルを追う姿は苦しさまでも感じた。
    2人とも美しく、また演技派。
    とくにケイト・ブランシェットさんの悲しみや怒り、微笑み、そういう表情がキャロルという人物が乗り移ったようにさえ感じてしまった。
    ケイト・ブランシェットさんの表情は格別。

    ただ、ストーリーは少し気になる。
    これレズビアンじゃなかったら不倫なんだよね。
    そこらへんどうなんだろう。
    レズビアンだから美しい、ならまた話は違ってくる。
    レズビアンなら不倫していいのか、ならそれも差別では無いのか。
    画は美しい、けれどレズビアンだから美しいのなら私は拒否したい。

    また、私の中でのキャロルの立ち位置はやっぱり【母親】なんだろうなって思う。
    テレーズよりも娘を想っている気がしてななかった。
    キャロルもテレーズの事は好きなんだろうけど、寂しさを埋めるためのものだったようにも見える。
    テレーズは身を捧げる覚悟で逃避行したのだけど、キャロルは縋りたいほど彼女に没頭している感じには見えなかった。
    私の中でやっぱりキャロルには【娘】が第1に見えてしょうがなかった。

    ラストはこれからどうなるのか妄想したくなるラストで素晴らしい。
    画は美しい綺麗見惚れる。
    ストーリーはモヤモヤが残った。

    最近、ケイト・ブランシェットさんの表情が堪らない。
    「私たちは醜くないはずよ」のキャロルの表情がゾクッとした。

    ストーリー : ★★☆☆☆
    映像 : ★★★★★
    設定 : ★★★★☆
    キャスト : ★★★★★
    メッセージ性 : ☆☆☆☆☆
    感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆
    演技 : ★★★★★

    cc/このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと。キャロル、あなたが私を変えた。
    Nana
    Nanaの感想・レビュー
    2017/05/22
    2.5
    1950年代の再現
    ワンシーンワンシーン、綺麗な雰囲気の映画
    ルーニーがオードリーヘップバーンにみえてきた

    キャロルは憧れの女性に映ったんだと思う
    誰かに押して欲しい背中、憧れの人にしか押してもらえない背中ってあるもんね。
    KobayashiMisaki
    KobayashiMisakiの感想・レビュー
    2017/05/22
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    キャロル美しくてかっこいいな…
    2人の衣装も素敵だった。
    終盤のパーティーのシーン、テレーズは正しい愛のある場所に気づいたからその場を去ったのだなと思って観ていた。
    解放されてまた引き寄せられて…振り回される自分に嫌気がさしてもそれでも好きと思う気持ちに勝てないのかな。
    普通のことなんて無いよ。輪になんて戻らなくていい。
    見つめあった2人が幸せであると良いな。
    Chiaki
    Chiakiの感想・レビュー
    2017/05/22
    3.0
    記録
    umi
    umiの感想・レビュー
    2017/05/21
    -
    記録
    MasatomNakamura
    MasatomNakamuraの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.5
    描かれかたや2人のセリフ、行動に2人の間にある愛は男女のそれと違いなくごく自然な愛だと感じさせられる。偏見はもともと持っていないけれど、それでもそう感じた
    かまらないかん
    かまらないかんの感想・レビュー
    2017/05/21
    -
    記録