キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

ア

アの感想・評価

-
なんて綺麗な色なのかしら
街中でもたまにこういう色の人いるよね
AkariEndo

AkariEndoの感想・評価

3.9
惹かれ合うのはどんなタイミングかどんな人か分からないなー、
女性がタバコを吸うシーンがきれい。
Ena

Enaの感想・評価

5.0
恋愛とか結婚とか同性愛とか、型にはまらない愛の形があった。厳しい現実がある中で、2人でいるときはいつも全く別世界にいるかの様な感覚。2人が同時に恋に落ちて惹かれ合い求め合う姿が、純粋で美しく少し切ない。
とも

ともの感想・評価

2.5
綺麗な映画だったけど既婚レズビアンに嫌な思い出しかないから複雑だった
natsuco

natsucoの感想・評価

2.1
好きになっちゃったらしょうがないと。お互い不倫へ突き進んでいく。ケイト・ブランシェットのリッチな奥様スタイルが素敵。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.2
気品あふれてた

ちょっとついてけんかった
まだ私には早かったみたい
m

mの感想・評価

2.0
ひと言で言うと確かに「美」かな、、

なんだろう、なんかちょっと居心地悪かった。
美し過ぎたのかなぁ、
そこまで尊い愛にあまり感じれなかった、、

比べるのも同じ分類で出すのも
違うのかもしれないけど
エレンペイジとジュリアンムーアの
ハンズオブラブの方が何倍も好き、、
4

4の感想・評価

-
美しく辛い愛に貫かれる。
同性愛が禁じられていた時代に純化した愛が美しく描かれる。魅力的な二人の女性が惹かれ合い、愛し合うが、その許されざる想いは二人の間に大きな障害を生み出してしまう。純粋な想いだけでは乗り越えられない壁は、辛い決断を下すことで一時的に取り除かれるが、禁じられた欲望はより膨らんでしまうもの。純化した想いをお互い抑え込もうとするが、思い通りにならない愛はラストシーンに向かって突き進む。
ラストの見つめ合う二人の表情には、感情が見えてくる感覚があった。他にも二人の表情や目線に表れる感情が、それぞれのシーンを意味付けるように配置されていた。
服装などに使われる色使いも、人のイメージを形成していくうえで上手く使われていたと思う。
本当に愛する人と出会うことができると、他の人と一緒にいては味わえないほどの幸せを感じられるが、その愛を妨げられると幸せの大きさと同等の辛さが待ち受けている。愛する人と純粋に愛し合うことができない辛さが、幸せな時よりも印象に残った。
spellmiss

spellmissの感想・評価

3.8
純文学のような、純映画。二人が引き合っていく様、葛藤、後悔、喜び、悲しみ......etc。ノスタルジックでセンチメンタル。いい映画とはこういうものをいうのだろう。
tossy

tossyの感想・評価

4.0
ケイトブランシェット×ルーニーマーラ

素敵なカットが多い。
序盤の車でトンネルを抜けるシーンと終盤の窓枠で登場人物が交差するシーンがお気に入り。