キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    aiimii
    3.9
    愛の形とかはもうどうでもいいくらい2人の美しさに息をのむ 音楽から衣装綺麗だったな〜
    RydiaRich
    3.5
    静かで美しい映画でした。

    ミステリアスな映画で不思議と惹き付けられました。

    ケイトの微笑が何とも言えず好きです。
    ルーニー・マーラがとにかく美しい。時代的に認めてもらえない関係でも2人の関係は引き離せないのが最後のシーンで伝わった。
    自分でも分からず泣いてしまった。
    クリスマスのアメリカの雰囲気、彼女たちの仕草、言葉、表情……なにもかもが美しい
    kaori
    4.0
    初めは2人の苦悩が分からない、なんて思っていたのはつかの間、どんどん胸が切なくなってきてラストには鳥肌がたちました。

    すごく静かな映画でしたが、圧倒されるくらいのなにかがありました。

    衣装も良い、静けさも良い、2人の孤独感良い。

    ケイトブランシェットって本当にすごい。
    本当にカッコ良い。美しい。
    女神のようでした。

    ケイトブランシェットとルーニーマーラ
    どれだけこの役に入り込んだんだろう。

    見終えた後にじわじわと胸に迫るものがあります。
    チノ
    4.3
    ソールライターの写真が動き出したかのような胸高鳴るOPから始まり、窓ガラス越しの映し方や反射光の取り入れ方、水滴や曇りガラスの効果的な使い方、全体的な色味などやはりライターみが強く、終始トキメキが止まらない状態
    常に画面が美しく、若干ノイズがかったフィルム調の映像も話と合っていてよい……
    ルーニーマーラのオードリーヘップバーンを思わせる華やかな顔立ち、つぶらな瞳に完全にやられてしまった
    Yoichiro
    3.7
    そういう映画やと知らなくて、まあまあ面食らった。ケイトブランシェットの妖しい魅力がよかった。
    ルン
    3.7
    美しい
    ずっと観たかった映画

    絶対に許されない同性愛
    すごいしがらみを抱えながら、
    切なかったり、力強さを感じたり、、、

    これももがきです
    私はもがきを感じました
    Maple
    4.1
    豪州人ケイト・ブランシェットはなぜかNYが似合う。
    1950年代のマンハッタンの風景・雰囲気が見所。