キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.3
ケイトブランシェットの品よ、、、
品とはなんたるかって感じ、、、
Syk

Sykの感想・評価

3.7
話はシンプルだが、美しいふたり。ケイト、ルーニーの熱演には脱帽。
愛とは何たるか…
yuma

yumaの感想・評価

4.4
まず50sのファッション、カルチャーが
映像としてなによりよかった。

個人的に美しい女性がタバコを
吸う姿は妖艶でさらに美しくさせると思う

2人の間にも互いに秘密はあって
すべてをさらけ出さないところが
女性として素敵だった
異性に依存し頼り切ってる女は
だらしないとさえ思う

たとえ音声なしだとしても
うっとり見てられる作品
niko

nikoの感想・評価

2.9
最後まで何考えてるかわからなかったし共感できなかった。。。
静謐で上品な、極上の恋。
好きだなあ。

まず冒頭の出会いのシーン。視線が交差するだけで、確実に二人が惹かれあっていると分かるんです。
これが雪のちらつくクリスマスの空気感と調和していて、本当に美しい。

テレーズのカメラで撮った写真は、彼女の視線の切り取りでもあって、その中に映るキャロルがまた…美しい。

特に、ランチも決められない優柔不断なテレーズが、キャロルとの出会いによって、一人の女性として成長していく様子は素晴らしかったです。

この映画が好きなのは、女性同士の恋愛を美しい夢物語で終わらせず、彼女たちを自分の意思で歩かせ、なおかつ最後のワンシーンで恋を愛に昇華させているからです。

「心に従って生きなければ人生は無意味よ」
M

Mの感想・評価

4.0
1950年代のNYを舞台に2人の女性が惹かれ合う
時代背景、ファッション、音楽、ストーリー、全て完璧で麗しかった
テレーズの一途さ、キャロルの上品なな美しさがゆっくりと溶け合う
2人のラブシーンは息を呑むほど美しい。心を奪われた
Eva

Evaの感想・評価

3.0
50年代のニューヨークという舞台、美しい女優さんたちの衣装、風景などなどがすごい素敵でした!
見かけによらず想像以上に深くて、切なくて、重ーい内容。
すごく複雑人間関係。
でもそれに負けず深い絆で結ばれてるキャロルとテレーズ。
ただ単に体の関係じゃなくてそれ以上に固く結ばれてる2人の関係が個人的に好きです!
いやあ、いいですね、最後。見つめあうシーンがすべてを物語ってるって感じで(笑)
Jack

Jackの感想・評価

-
レズ映画
女優は綺麗だが、話はおもしろくないので2回目はなし
obatasaki

obatasakiの感想・評価

4.0
はあああ、綺麗かった。
ブロンドにブルー、ブラウンのお色のお洋服にゴールドのアクセサリー、
革の手袋にタバコ、香水、男前マダムにうっとりであった。
テレーズが仕事を持って自信をつけて変わった様子を花が開いたようね。といっていたの、ほんとにそのままだった。女の人が自信を身に纏った姿ってほんと美しくて変わったねってわかる。
eri

eriの感想・評価

4.0
一個一個全てが繊細で
たった1つ間違えたら壊れて
しまいそうな映画。
セリフが無いシーンでもストーリーや
感情がものすごく伝わってきて
素晴らしいなと思った。

同性愛ものあまり観ないけど
ものすごく綺麗で美しかった。

時代背景もファッションも
オシャレで魅力的!!