キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ミホ1966

ミホ1966の感想・評価

3.8
古い写真集をめくるように、1シーンごとに映像に見惚れる。
ケイト・ブランシェットの赤い口紅、煙草を吸う仕草がみせる感情表現。
みーこ

みーこの感想・評価

3.5
好きになるのなんて、
ちょっとしたきっかけだけで大きな理由なんてない。
ラスト、見つめ合うふたりにドキドキした。
Masaki

Masakiの感想・評価

3.7

1950年代のニューヨークを舞台にした物語。
デパートのおもちゃ売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)の元に現れた気品溢れる女性キャロル(ケイト・ブランシェット)。
ひょんなことから仲良くなる2人は徐々に惹かれあっていく。

とにかくケイト・ブランシェットの気品が凄い。
立ち振る舞い、タバコの吸い方から気品が溢れている。

ルーニー・マーラとケイト・ブランシェット2人の瞳の演技が本当に凄い。
言葉ではなく瞳で何を訴えていて、何を考えているのか分かってしまう。

また映像もとても綺麗で絵画をみているように感じる。

これは同性愛について問いかけるとかそんな内容ではなくて、ただ2人の女性が恋に落ちるそういう内容。
2人は恋に落ちるんだけど、それは偶然ではなくてちゃんとしたバックグラウンドみたいなものがある。必然に惹かれあった2人の純粋な恋が描かれていてとても良い。

路上喫煙の多さに驚いた(笑
昔はどこでも吸えたんだなぁと、その自由さに羨ましいような羨ましくないような(笑
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.0
ゆったりとした映画。
現代ではなくて少し昔を背景にしたのは大正解だと思った。

しかし女性同士の恋愛は美人じゃないといけない風潮は如何なものかとも思う。
はね

はねの感想・評価

4.0
美しい!

レズとか同性愛がとか、そうゆう事じゃなく、根本から人を愛する時に何かが壁になり、支障をきたしたり、いろんな犠牲がある中で、、、、見つける一筋の本気の愛。
女優さんがとても美しい。
全体的に物悲しい感じが、きゅんっとなる!
mooog

mooogの感想・評価

3.6
終始うっとり。
映像美、本能のままに。
この時代の街の雰囲気、お洋服、行き交う男女の佇まいどれもが素敵すぎる
ルーニーマーラちゃんがオードリーヘップバーン再来的かわいさ…。それだけで観る価値isある。
Hiko

Hikoの感想・評価

3.5
美しい…声の低い女性ってなんだかエロティック〜〜!
始終ニヤニヤしながら見てしまった。口に出さない分、心で通じ合っている二人の愛がとても眩しく感じられる。

このレビューはネタバレを含みます

元夫に自分を偽りたくないと泣きながら伝え、私たちはそんなに醜くないはずよ。と言うところが良かったです。
恋を取るところが好きでした。
Minori

Minoriの感想・評価

3.5
「惹かれる」という感情を非常に美しく描いた作品だと感じた。
風景の色合いの変化はそんなにないのにすごく絵がきれいに感じた。
どちらかの性を脳内で逆転させて見ても、美しい恋愛に見えるあたりから、何にも捻じ曲げられない恋そのものがきちんと描かれているんだと思う。