キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

たく

たくの感想・評価

4.0
「自分を偽る生き方では、存在意義がない。」この言葉に尽きる。

最後のシーンの演出が完璧すぎて美しすぎました。なんで良い映画って音楽と映像がこんなにもマッチしているのだろうか。
り

りの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

捉えどころがなくて地味(でも魅力がある)な若い女の子と洗練された大人の女性っていう設定がよかった。
最後、パーティーで誰のことも眼中になしに真っ直ぐお互いを見つめていて、そこからのエンドロール(しかも同じ曲!)にわくわくした。そしてじわじわと心に残る感じ。
テレーズの芯の強そうなとこ惚れる。
予備知識なかったけど、目があった瞬間に二人の感情が分かりましたわ。ブロークバックマウンテンは急に寝たので同性愛ものとは知っていながら!!!???となりましたが、今回は、早く寝ないの?!まさか泊まる部屋別とは…となりました。どっちも演技うまい×浮世離れした美しさなんで、たとえストーリーがあんまりでもある程度いい映画になったはず。実際にはストーリーも良かったので言うこと無しやね。
おまつ

おまつの感想・評価

4.5
ブロークバックマウンテン、ブエノスアイレス、マイプライベートアイダホ

そしてこのキャロル

同性愛映画にまた名作が!
すっごい良い。オープニングから名作の雰囲気が漂う、そしてエンディングまで...
GLもの。でもすっごい情緒に溢れてて綺麗。しっとり物考えしたいときにオススメ。
主人公の垢抜け具合が半端ない。
ken

kenの感想・評価

3.9
美しさに惹かれる。
可愛らしさに惹かれる。
最後のキャロルの微笑み。
楓

楓の感想・評価

-
リッツで会った時のテレーズがほんとに綺麗。なんていうか素朴さが抜けて、垢抜けた。あのテレーズを観て、あ〜〜こんなふうに眉毛描きたい…!!って思った。(そこかい) なんていうかあの凛々しくて先までキリッとひかれたラインは、オードリーヘップバーンみたい。素敵。

キャロルもテレーズも全く違う、それぞれ光る個性の美しさで、どちらにも女性としての美を感じました🎄💫
aya

ayaの感想・評価

3.8
内容はさておき 、とにかく2人が美しくて可愛くてたまらなかった … ◎
まさに天使 (..◜ᴗ◝..) ◌.゚
新作・ワンダーストラックの監督作品と知り、ますます興味を持って鑑賞。
映像の美しさと作中音楽がマッチしていて完璧に近いものを感じた。特に、窓に映りこむ風景と人物が重なり合って多重露光のような効果を生み出している演出が幻想的で好きだった。主人公・テレーズが写真を撮ることを表現手段としている設定も、構図や演出への拘りを強固にしていたのかしら。

女性同士の惹かれ合いの過程やラブシーンなど苦手な方や偏見を持つ方もいると思う。しかし、人に惹かれることに理由を求めるのは難しいし、"わからないけど、そしてわからないからこそ惹かれる"という部分が恋愛の醍醐味でもあると思う。あとは女性同士となると特に、自分が持っていないような相手の美点・魅力への憧憬、いわゆる"ないものねだり"も根源としてあるんじゃないかなぁ。テレーズに然りキャロルに然り。

物語としては語られない部分も多く、事の全てを把握するのは難しい作品だった。その曖昧さ加減が飾られていないリアルの表れだとも感じた。
あとはファッション、車、ドライマティーニ、煙草、レコード。全てがシックで洗練されていた。憧れるわぁ。