キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

YUーCHI

YUーCHIの感想・評価

3.6
とにかく綺麗だった。
キャロルの眼力に惹かれてストーリーを忘れるくらいに。
きっとテレーズもそうだったのかなと。
時代の雰囲気も良かったし。
すべてが美しさを意識して作られたのかなと思った。
主の内容は好き嫌いがあると思うが綺麗なものを観ると思えば是非お勧めしたい作品
「君は夢を見てるのと同じだ」に対する「今ほど目覚めた時はないわ」に痺れた。

ケイト・ブランシェット、実際に出会って好きにならない人間なんていないんじゃないのかってくらいの尋常じゃない量の魅力と色気を放ってた。あんなお母さんヤバくない…?娘ちゃんそこ代わってくれと何回も思った。あとテレーズに香水嗅がせるシーンもお願いだから代わってくれと思った。そんでもって親友かつ元恋人役がサラ・ポールソンとかキャスティング100点満点でしかない。最高やんけ。その2人の掘り下げた話ももっと見たかったなあ。
fujiponsai

fujiponsaiの感想・評価

3.6
ケイトの凛としていながらも蠱惑的な美しさが全開でした。強さと脆さを視線や表情だけでも表現してしまうなんて本当にすごい。
ルーニも、はじめは「ドラゴン・タトゥ」のイメージを持ったままだったので可憐な彼女に驚かされました。

二人の距離が、徐々に、でも確実に近づいていくのを美しい映像が揺れ動く感情の動きとともに描ききっている。もう一度、何年か立った時にきっと見たくなる映画。
ジーナ

ジーナの感想・評価

5.0
いやぁ、コレは素晴らしい。
凄く余韻に浸れる映画です。
上手く表現するのが難しいのですが、イレギュラーだけど、”純粋な恋”が詰まったお話といいましょうか。
性別とか、年齢とか、身分とか、そんな隔たりをふっ飛ばして、
2人の女性が「好きになってしまったのだからしょうがない」の精神で、
互いに惹かれ合い、互いを求め合う、恋愛の象徴として描かれています。
好きになった相手がたまたま同性だったと、説得力十分なのだ。

誰にでも経験したことのある普遍的な恋愛や片思いをテーマにした映画としても観れるんだけど、
禁忌的といいますか、決して周囲が満場一致で認める恋愛ではないだけに、見てはいけないものを見てしまっている背徳感を味わえるんです。
例えば、子供の頃にお茶の間のテレビでHな映像が映った時に恥ずかしくなる感覚ですね。
大人になってこの感覚を味わえるとは・・・。
もちろん色んな苦労が待ち受けており、コメディ要素は皆無に等しく、
ただの恋愛映画ではないのもポイントだ。

この映画は街並や演出、音楽の美しさもさることながら、
なによりも主演2人の表情が素晴らしいんです!
あれこそ、人が恋をするときの表情といえます。
それに美人で、可愛くて、かなり体当たりな演技もするので、見惚れること間違いなし。
アカデミー賞をW受賞して欲しかったなぁ。

とにかく艶やかで、刺激的で、シビアで現実的な展開を楽しめます。
もっと2人の旅を楽しみたいという感情も芽生えました。
女性には特に楽しめるはずですので、オススメです。

既に5回以上観てますが、ラストシーンは泣いた!
もじゃ

もじゃの感想・評価

3.5
美しい女優2人の50年代が舞台の作品。許されない恋の話的なのは全部同性愛のものなっていくのかね。
それにしてもルーニー・マーラが演じるのは同性愛者か精神疾患かどちらかが殆どだな。
るべノ

るべノの感想・評価

3.8
キャロルがとにかく上品で、その中に色気があり、また、壊れてしまいそうな危うさがあった。
テレーズがキャロルと出会い、恋をして2人で逃避行に出る。いろんな感情に揺さぶられ成長していくところがよかった。
私も年上の女性とこんな恋愛がしたい。
たいし

たいしの感想・評価

3.8
ショーウィンドウに置き忘れた手袋。そこから始まる女性2人の逃避行。だが厳しい現実が彼女達につきつけられる。

母親のキャロルと写真家として働くベリベット。それぞれの生きかたは素晴らしいが、そこには本物の笑顔がない。
彼女達を輝かせるにはお互いの存在が必要であった。

この映画の魅力はやはりキャロルとベリベットの美しい演技力と50年代風の映像美だと思う。
会話の上品さの中にある深い哀しみ。
彼女達の瞳で感情を表す演技力は素晴らしい。
ルーニーマーラーは『ドラゴンタトゥーの女』の印象が強すぎるせいかこんな上品で繊細な演技もできるのかと驚いた。。

キャロルといえばクリスマスキャロル。
2人が出会ったクリスマスシーズンのデパート。。出会いも美しかった。。

自分らしく生きることを忘れてはいけない。妥協も許さない。強さと美しさと哀しみ溢れる映画でした。
Miyu

Miyuの感想・評価

-
キャロルはなんて聡明で魅力的で気品に溢れる女性なの、、、、赤をまとったキャロル、最高でした。
壊れそうな心を必死にその気品で保っている
その脆さにとても惹かれました。
テレーズの幼さとの対照もまた良かったですね。
JT

JTの感想・評価

4.2
"自分を偽る生き方では存在意義がない"

私が初めて観たLGBT映画
寒くなってきてふとこの映画を思い出しました

1952年のクリスマスシーズンのニューヨーク
ルーニー・マーラとケイト・ブランシェットが出会い惹かれ合って恋に落ちる
話はそれだけでむしろそれ以上なにも足す必要ない
2人の求め合う演技に目を奪われてしまう
変ないやらしさや生々しさはない
"落ちる"って言葉でしか表せなくて
まるで冬の白い吐息のように儚い恋
完璧なエンディングと音楽
ただひたすらに美しかった

魔法のような色気を放つケイト・ブランシェット
無垢な天使のようなルーニー・マーラ
映画にこれほどまでの演技と感情を注ぎ切った2人は間違いなく大好きな女優です

今の季節だからこそ観たい作品
8

8の感想・評価

-
ケイトブランシェットが綺麗すぎる!!
色々な愛の形があると思うけどまだ浸透していない世の中だとおもってしまう。
ジェンダーは自由なのにね。