キャロルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

レズの話。盛り上がりがそこまでなくてあんま好みではなかった。
rururu

rururuの感想・評価

3.1
とても美しい、品のある映画だった
最初のシーンが最後にもう一度出てきて、2人の表情から話をまた違った良さが感じられた
ストーリー自体は良かったが、全体がゆっくりで少し退屈な部分もあった
ふく

ふくの感想・評価

4.0
取り敢えず2人が美しい

最初のシーンそこに繋がるんや!!
そして結局2人はくっつかないのね...

色々考えさせられる

字幕で鑑賞
友だちと映画館で見て
とても気まずかった笑
だけど、面白かった。
gigiro

gigiroの感想・評価

3.7
美しかったです。とくにケイトブランシェットが魅力的で圧倒されました。
「心に従って生きなければ人生は無意味よ」
これをキャロルが言うの、重みがある

目と目で想いを交わしてる感じいいよねえ

テレーズの髪型とか服装が可愛くてすごく好み
はち

はちの感想・評価

3.8
幻想的な恋愛映画。

男が醜い。愛してるっていえば何もかも許されると思ってる感じ、すごい嫌だった。
強い女性は美しいし、とてもきれい。

「愛してる」の重さにはいろいろある

あと、人物の名前がすごくいい
RISAKO

RISAKOの感想・評価

3.9
冬の画が綺麗。周りに「不道徳」と言われても自分の好きなものを否定しないで言葉にしていくのがキャロルはカッコよかった。始まりと終盤に同じシーン出てくるけど、1回目の男目線の方が自分の一般的なアイデア。なんでも見返りを求めすぎる愛情って安っぽい
もなみ

もなみの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ケイト・ブランシェットが美しく上品に恋の切なさを演じていた。
少しずつ距離を縮めていくところ、恋の始まりの高揚感、繊細な表現力はさすが。

女性同士の関係は禁断の恋だと思われていた時代なので、子供の親権を盾に取られて、一旦は引き下がったのは無理のないことだと思う。
それでも自分らしさを曲げられず、面会権まで大幅に譲歩したのも辛い決断だっただろう。
最後は控えめながら、これから静かに愛を育んでいく予感がした。
キャロルが身にまとってるものがステキでウットリする。赤の口紅が印象的。テレーズは対照的にキュートでマネしたくなるファッション。世界観がいいね。
50年代はこういう世界があってもタブーだった時代。監督がトッドヘインズ、原作パトリシアハイスミスで、なるほどなぁ、、と。。