キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価


ドラゴンタトゥーのリズベッド役の子のバンダナ可愛いベレー帽可愛い外国人の金髪まじ綺麗すぎる金髪に黒ベレー帽とか大学生のときのわたしかよ以外の感情湧き上がらなかった。
ところで2人の感情が最後まで全く読めなくて…なんのためにこの映画を作ったのでしょう…。
IM

IMの感想・評価

3.0
ルーニー・マーラが綺麗すぎる。可愛すぎる。
ルーニー・マーラ と1950年代のファッションが好みすぎた

ただ心情描写が少なくてテレーズがキャロルのどこに惹かれてどの時点で好きという感情が芽生えたのか、キャロルにとってテレーザはどういう存在なのかがいまいち最後まで分からず、感情移入できずただ話の展開を ほう、、と見ているだけになってしまった
Shiro

Shiroの感想・評価

3.9
映像、音楽が綺麗

勿論主役も

今更ながらケイト・ブランシェットの映画観るの2本目なのですが、役が乗り移って見えます

一つ一つの仕草が妖艶で、かつ上品

与えられた役を見事にこなすとはこういう事なのかなと思いました

内容は意外にも同性愛に対する偏見が少なめな気がしました(多少はありますが)

「ボーイズドントクライ」や「ブロークバックマウンテン」などは、知られる事自体が許されない設定だったので、それらと比べると割とどうにかなりそうな感じには見えました

人間、いざという時に頼りにする人はやっぱり深く長い関係を持った人

若輩者には何もさせられない

ただただ好きなだけに見えるけど、電話のシーン見たらそうじゃないのかな

すみません。ちょっと理解不足です

いろんな想像が出来るラストの終わり方は良かったです
xiao

xiaoの感想・評価

2.6
"you don't know why you are attracted to some people and not others. The only thing you really know is - you either are attracted or you're not."
単なる人の恋愛話で特に泣けるところもなく、フーンという感じで終わった。
ケイトブランシェットがめちゃくちゃ男前。
ルーニーマーラはドラゴンタトゥーが最高やったけど、彼女のリスベット役が何故あんなにもよかったかというとあの主張しすぎない顔と地味っぽさ、弱々しさがリスベットのゴリゴリ感をうまく中和していたからなのだよなあと改めて思った。
おやま

おやまの感想・評価

3.7

テレーズもキャロルもあまりに魅力的。時間をかけて恋に落ちていく過程が良かったです。

LGBTに焦点を当てているのかと思って観ましたが、割と普遍的な映画でした。

20世紀ってLGBTについて初めて物議を醸していて、非犯罪化したりその一方でデモや殺人などが時代だと思うんですけれど、そんな中ごくごく普通な恋愛を育もうとしていた2人の強さが美しかったです。
何だろう……。
全てが美しい映画でした。
私は女性に憧れることはあっても、女性と恋に落ちたことがないのでわからないけど、恋に落ちるのは自分に偽ることなく生きていくためなのかな……

ラスト、ケイト・ブランシェットの美しい微笑み……圧巻。
おもち

おもちの感想・評価

4.0
自分の思いを尊重し、生きていくことに決めたキャロルがかっこよかった。
ドライブシーンのハラハラとワクワクのはんぶんこみたいな気持ちが印象的だった。
画面は少し暗いんだけど(内容も暗いからそう感じるのかも)、どこかにキラリと光る希望が見えてよかった。
今さら鑑賞キャロル

テレーズの表情や視線
キャロルの妖しい雰囲気、、

どの場面をとっても写真のような美しさで、とってもドキドキしちゃった
最後のキャロルの表情にこっちがニヤニヤしてしまった(笑)

何がいいとか悪いとかわかんないけど、2人が幸せになれることを祈る
め

めの感想・評価

3.8
ケイトブランシェット色気すごいし、ルーニーマーラークソかわいいな?!
他人に委ねる人生から、自分で決めてそして選ばれるんじゃなくて選ぶ人生。すてきだな〜。ファッションもすてきだし