キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    Esther16
    Esther16の感想・レビュー
    2017/03/19
    4.2
    記録
    mana
    manaの感想・レビュー
    2017/03/19
    -
    人の気持ちは変わる、誰のせいでもない。
    ファッションとか雰囲気好きだけどなんかなあ。。
    諒
    の感想・レビュー
    2017/03/19
    2.5
    クリスマス間近におもちゃ店に訪れた美しいキャロル。
    売り場で働くテレーズは目を奪われる。
    キャロルに娘の欲しがっている人形がないか尋ねられるものの売り切れていた。
    そこでプレゼントを一緒に選ぶ。
    キャロルが帰った後に手袋を忘れている事に気付くテレーズ。
    それをきっかけにキャロルと交流を持つようになる。
    キャロルから夫とは打算的な関係でしかなく、離婚をする事になっていると打ち明けられる。
    しかし、二人の間には愛する一人娘がいた。
    キャロルと週末一緒に過ごしていると別居をしている夫がやってきて諍いが起きる。
    愛が無いのを知っても尚夫はキャロルと離婚をしたくないのであった。
    夫は離婚をしたくがない為に、娘の親権を自分だけの単独親権を申し立てる。

    いまいち伝わってくるものがなく期待していただけに残念だった。
    しかしながらラストシーンは印象に残る。
    たわし
    たわしの感想・レビュー
    2017/03/18
    -
    記録
    まさ
    まさの感想・レビュー
    2017/03/18
    4.0
    いつの時代もその時の今があった、その空気を感じた。
    こし
    こしの感想・レビュー
    2017/03/18
    -
    記録
    hirotau
    hirotauの感想・レビュー
    2017/03/18
    3.0
    終わり方がある意味怖く感じたw
    ANJU
    ANJUの感想・レビュー
    2017/03/18
    3.7
    泣いたかもしれない(覚えてない…
    みんなのあの大絶賛はどこから来ているのだろうか
    服を脱いだら神秘性が消えた気がするってわたしも思う。捕まえたら目標がなくなってしまって虚無感に包まれるかんじだった…
    それはそうと、とにかくわたしに原作を読ませてくださいっ
    れいちゃんです
    れいちゃんですの感想・レビュー
    2017/03/18
    4.0
    とにかく美しいの一言でした、ベッドシーン綺麗すぎて涙出た
    mipocof
    mipocofの感想・レビュー
    2017/03/18
    -
    ルーニーマーラもケイトブランジェットも、小物も、服も、車も、煙草も、全てが美しかった。
    カメラの視点も好きだった。
    どうしようもなく惹かれる恋と愛を知ることができる作品。

    ケイトブランジェットの背中が頭から離れない。