キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ひさら

ひさらの感想・評価

3.2
テレーズが男前すぎる。
テレーズが女らしすぎる。
こんな人がいたら、憧れてしまうのも分かるし、一緒にいたいとも思うのかもしれない。
強いと思っていた人が、弱いと感じた時、人は相手に何かを思うんだな。
始終美しくて切ない映画だった。
おむ

おむの感想・評価

4.9
大好きな映画のうちの一つ

衣装が何もよりもオシャレで可愛くてついつい目が行ってしまう

冬に見たい映画
ガラスのような感じ
触れたら割れてしまいそうな、
そんな女性達

映像と音楽のセンスが芸術的でした
そして2人の女性が美しすぎました
寄せ鍋

寄せ鍋の感想・評価

5.0
大好きな作品。
愛とは何か、
自分らしく生きるとは何かを
考えさせられる。
作り込まれていて何度でも観てしまう。
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.0
うーん、これといった見せ場とかは無かったのでちょっと退屈でした。ケイトブランシェットのクールな綺麗さがカッコよかった!
星火

星火の感想・評価

4.6
チェコ名のテレーズというと、存在の耐えられない軽さを思い浮かべる。雰囲気も似ている。愛を知ろうとする写真を撮る少女。

ただ描かれるのは女の世界。レズビアンかどうかが問題になるのは女の世界と男の世界が交わるところにおいてだけだ。女の世界の中では、ただ二人の人間が愛し合うだけのお話。

男がみんな敵みたいに見える。夫も恋人も弁護士も、誰もわかってくれないような気がする。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
この映画のルーニーマーラが大好きすぎるからやっぱりロリコンなのかもしれない
MizukiMori

MizukiMoriの感想・評価

3.3
美して繊細。カッコいい
昔は同性愛でもすごい理不尽だったんだなあ。
時代によって色んなことがフラットになっていく。今は偏見に満ちてる何かがあっても数十年後にフラットになってるんかな。
とめ

とめの感想・評価

3.5
ただひたすらに美しかった。

一線置いてるカメラワークがね、キューブリックもそうなんだけど好き。

LGBTって単語がなくなるくらいLGBTが当たり前になればいい。ほんとうはお前らみんな他人のことなんて興味ないくせに
とても美しくて強い女性のお話。
LGBTの映画って初めて見たけど、強い抵抗はなかった!
とても美しい映画だと思った。世界がすごく素敵だし!何回も見たい。