キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

刹那っていうんですかね、、

「季節を使い捨てて生きていこう」と歌ったのは椎名林檎だけど、
そういう、女にとって当たり前の、
全てが移り変わっていく必然
みたいなものを、一般に男は絶対に理解しない。
世間や肩書きみたいな「揺るがない外側」に押しつぶされるような感覚は、すごく女性的なものだと思う。

というか、この作品はそんなこと言ってないかもしれない。

なにも説明的でない、余白だらけの作品で、
あの時のテレーズの行動の意味は…
あの時のキャロルの言葉は…
とか、能動的に想像させてくれるとこが好き
ひたすら心の安定を求めて引かれ会う女と女、キャロル(ケイト・ブランシェット)とテレーズ(ルーニー・マーラ)。
二人が互いを求めて行く様子が非常に優しく描かれています。
水が上から下に流れるように私達にとっては至極当然なのよという描き方。
でも何故か悲しめな音楽が付いて来てしまうんですね。
この恋愛は悲しいのか?

元々印象的な目を持つ二人の女優。
二人の眼の演技にとても色香があり引き込まれます。
2018.7.5


惹かれるってこういうことだよね

1950年代が舞台だからかなぁ
近年の映画の恋愛感より、もっと繊細で上品で、でも内側は熱くて。

今の時代なら、同性愛者も身近な1人であるけど、この時代で、まして子供もいて...認めてもらえないってのは辛いなぁ


ルーニーマーラすごく好きだなぁ
Minato

Minatoの感想・評価

2.8
ケイト ブランシェット観たさに鑑賞。
美しかったー!
テレーズ役のルーニー マーラもめっっちゃくちゃかわいかった!!
現代版のマリリンモンローとオードリーヘップバーンみたいな2人!

セクシーなキャロルは毛皮のコートがよく似合ってて、テレーズは可愛いワンピースとベレー帽がよく似合ってた。

舞台のニューヨークとか服装はすごくオシャレで見てて楽しかったけど、ストーリーはぜんぜん面白くなくてひたすら退屈だった!

離婚間近の旦那さんと親権を取り合ってるキャロルと、婚約者との結婚になかなか踏み出せないテレーズのラブストーリー。

今までたまたま出会ってないだけで、本当はバイセクシャルになる可能性って誰しもあるんだろうなって思った。
ayaka

ayakaの感想・評価

-
女性同士が愛し合う映画は初めてで自分の中で理解し難いような気持ち、だけどこうゆう形の愛もあるんだよなって知った
街並みとか人々とか洋服とか美しくてNYいいな
テレーズがキャロルをデパートで初めて見た場面で
魅力的な人ってなんだろう、好きってなんだろう
こんなことを考えてました。

同性の友達に憧れを感じた経験ある人って多いよね
魅力ある人と会ったら仲良くなりたいじゃん?
もしやこれと恋愛感情は実は紙一重なんじゃないかな
なんて思いました。
い

いの感想・評価

3.5
すき、、、
美しい、、切ない。雰囲気といい曲といい儚げなかんじといいスッゴい胸締め付けられた。。
キャロルが色っぽすぎて、綺麗すぎて見惚れてた。
oka

okaの感想・評価

4.0
「でも自分を偽る生き方では、私の存在意義がない」人間が白黒二色で塗り分けられれば、生きるのが楽になる。でも実際は、人間も物事も、もっと複雑であり多様なもの。まず我々はその事を理解する必要がある。それが、当たり前の事を当たり前に享受できる世の中への第一歩となるから。原作者の決意表明とも思える力強い作品。
marina

marinaの感想・評価

3.3
2人の女性の現実逃避行。
恋の話ではあるけれど、そんな印象を受けた。映画を観て、ここまで男女の考えの差を突きつけられたのは初めてかも。

明るい話ではないのに、一瞬一瞬が静かに、美しかった。
ルーニー・マーラのファッションがとても可愛くて、タイプ。
性別や年齢、職業、バックグラウンドに関係なく、どうしてもその人と話がしたくなって心が惹かれることってある!