キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

umd

umdの感想・評価

4.0
映画全体が高品質に感じて、渋いストーリーにも関わらず退屈しなかった
美輪明宏のようなキャロルの顔面力がすごい
ゆい

ゆいの感想・評価

3.0
ファッションが素敵〜
ちょっと二人とも病んでる?
K

Kの感想・評価

3.7
レンタル
mis

misの感想・評価

4.8

50sのNY、装い ヘアスタイル 冬 (クリスマス•新年!)

ひさしぶりにこんなにも美しいものを観たなというかんじ
なによりふたりの関係性がすき
たえこ

たえこの感想・評価

3.5
年の差恋愛とか同性愛をテーマに描かれてる作品が好き。
この物語も女性同士なんだけど年の差があっての複雑だけど素敵でした。
WORLD

WORLDの感想・評価

3.4
美しい映画でした。
愛することに性別は関係ないと思います。キャロルとテレーズの惹かれ合う描写にドキドキしました。衣装やカメラワークも素晴らしかったです。

ただ「リリーのすべて」もそうだったのですが、まっすぐな純愛ではない(お互い旦那、恋人がいる)状態が個人的に共感度を大幅に下げます。もう彼らへの気持ちがないとはいえ、キッパリ別れてからにしようよと思うのは自分だけなのでしょうか、、、
kota

kotaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映像、色合い、音、ロケーション、小道具…隙なく美しい。
テレーズの感情の描き方が秀逸。
電車のシーンとか、電話のシーンとか。

そしてなによりケイト・ブランシェット。
この人こそ髪の毛一筋から指先まで、隙なく美しい。
凛と筋が通りながらも弱さもあり、人としてきっちり描かれているのも素敵。
同じシーンが序盤と終盤であれだけ違って見えるのも、しっかり描いてくれたからだと思う。

勢いで何度も観るのではなく、折に触れて観直したくなる映画かも。
アキ

アキの感想・評価

3.6
女が女に惹かれる理由を髪の色や着衣に香水、艶やかな紅などと挙げつらい説明をいちいち付そうとするのは男の悪い癖で、作中の誰かが言ってたのだけど、惹かれる理由はまさに惹かれたからであって、そこに詳細な分析を差し挟む余地はなく、ただその惹かれた事実こそが女と女を引き寄せる強力な磁力を生むのだ。

もっとも男が女に愛を告げるさい「惚れた理由は惚れたからだ」と述べても一笑に付されるだけなので、そこは男らしく歴史に従い弁を費やすべきであるのかどうなのか。