キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

常葉

常葉の感想・評価

3.2
惹かれあうことって、本当に天から落ちてくるようなきらめきですね。

キャロルの抱える問題を心配しながら、無力感に陥るテレーズ、
テレーズを悲しませてしまったときのキャロルの表情、
どちらもお互いを思い合っているのがピュアだと思いました。

キャロル役のケイト・ブランシェット、美しさと人間味…さすがです。
akane

akaneの感想・評価

3.5
優柔不断というか、なんでも「はい」と言えるのはテレーズと私の共通点だと感じた。だからなのかキャロルに憧憬を抱くのも共感できた。テレーズは将来、どんな女性になるのだろうか。
みい

みいの感想・評価

3.6
ファッションと2人の可愛さ、美しさが全て
ケイトブランシェット好きだなぁ
ar

arの感想・評価

4.4
もう、質感がホント大変よろしいので..💼
ずっとお覗きになれる感じ👲

え,ルーニーマーラメッチャ良きですね..🍷
もう..しっとりしっとり.おしっとりです。
スミカ

スミカの感想・評価

3.0
原作は1952年刊行だけど、今のケイト・ブランシェットとルーニー・マーラにぴったり。
n_kurita

n_kuritaの感想・評価

4.0
こんなにも隅から隅まで、徹頭徹尾美しい映画が存在するとは驚愕せざるを得ない。
原作のイメージを崩さず、けれど映像向きにマイナーチェンジした部分が上手くストーリーに絡んでおりバランス感覚も優れている。
それにも関わらず普遍的なラブストーリーで同性愛をナチュラルに捉えて見せてくれる、素晴らしい作品。
まる

まるの感想・評価

4.5
終始美しい映画。
女性同士の恋愛、深い愛を感じました。
gyawa

gyawaの感想・評価

2.8
ルーニー・マーラってかわいい!という発見をした作品でした…
niro

niroの感想・評価

3.8
理由なく惹かれることの尊さ、儚さ。
目と目が合った瞬間に時が止まるような、その刹那に2人の中の永遠を感じた。
キャロルとテレーザ2人の目線や指先、肢体の撮り方が美しい。
内面を瞳で訴えてくるような表情も素敵。
最初と最後の見つめ合うシーンが印象的で好き。
テレーズの服装が可愛かった。レトロな服装で、古きアメリカって感じの街だった。
湿った11月の雨のあがった寒い朝みたいな映画だった。主演2人とも笑顔が少なく、美しかった。