キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ayako

ayakoの感想・評価

3.6
マドモアゼル 脈を打つ場所だけよ
すばらしい香り
嗅いで

からの、美しい2人の高尚な戯れ
Yuka

Yukaの感想・評価

4.5
ルーニーマーラも
ケイトブランシェットも
本当に美しくて溜息がでた。

ケイトブランシェットの演技は
瞳や指先の動き1つからも表現できていて
キャロルの神経質さとか不安定さが
そこから伝わる。
本当に天才!

服装もよかったなぁ。
ミンクのコートに
毛糸のベレー帽。
2人の服装や髪型も
それぞれを象徴している。

ルーニーマーラ。
ドラゴンタトゥーの時から
個性的で可愛い女優さんだと思ってたけど
やっぱり可愛すぎる。

あの前髪とか
オードリーヘプバーンに
寄せてるようにしか見えなかったなー。

ラストにはシビれました。
おゆ

おゆの感想・評価

-
あの時代のファッションもインテリアも車も街並みも好き
ひたすら映像が素敵だった
RikaA

RikaAの感想・評価

-
今の季節にぴったり。
もどかしさと切なさと美しさ。冬。
キャロルと対比するように、
描かれてる男性陣が
あまりにも自分勝手且つ不器用。
テレーズの肩に置かれる手も、そう。
口角や目の動きだけで喜びや悲しみが伝わる。
手の仕草だけで想いが伝わる。
繊細。綺麗に綺麗に編んだような映画。
ファッションもすごく素敵でした。
fig

figの感想・評価

4.8
美しすぎた所作。
テレーズは何も言わず、心情描写もなし、だけどその表情から目線の先にキャロルがいるのがわかる。
AYN

AYNの感想・評価

3.5
人を好きになるのに性別は関係ない。
ただただ綺麗で美しかった。
二人の関係がこれからどうなるのかワクワクする。
言葉よりも動作と表情での表現が多いから直接的な感情を求める人には物足りないのかもしれない。
もうすぐクリスマスだから見れてよかった!
ジョー・スタッフォードの名曲『No Other Love』が流れただけで、"名作認定"したくなります。


野菜は天ぷらにすれば、大体美味しくなるのと似ているかもしれません。【そこら辺の雑草でも】


それはさておき、本作に登場する男性はみな、『自分の価値観を一方的に押し付けてくる無理解な人物』として描かれており、男目線だと『やりきれない気持ち』です。


とは言え、男が仮にナイスガイ(矢沢永吉とか)だとしても、惚れた女の恋愛対象が同性ならば、好きになった時点で『男はもう詰んでいる』訳です。


愛がこんなに苦しいのなら、『愛なんていらない』かもしれません。【引用元の知識皆無】
キャロルとテレーズが食事している所にジャックが現れる。フィルのパーティへテレーズは誘われ行く事となりキャロルとは別々に…。車に乗りながらテレーズはキャロルとの出会いの時を思い返していた。


キャロルエアード(ケイトブランシェット)夫と子供がいるが離婚協議中。美しい大人の女性。

テレーズベリベット(ルーニーマーラ)写真家になるのが夢。可愛らしい女性。クリスマス時期、おもちゃ売り場で働く。

アビーゲルハルト(サラポールソン)キャロルの昔からの親友。

ハージエアード(カイルチャンドラー)キャロルの夫。

リチャード(ジェイクレイシー)クリスマス時期にデパートで一緒に働くテレーズの彼氏。

ダニー(ジョンマガロ)ニューヨークタイムズで働く記者。


予備知識は、ほぼなしでクリスマス映画を見ていこう!と思って見つけた一本だったけど、こういう感じの映画とは…。

タバコを吸うシーンが多いので禁煙してる人は吸いたくなっちゃうかもしれません。

香水、手袋、手紙、クリスマスプレゼント、旅行、拳銃、心理療法、弁護士、探偵なども印象に残る。

私は一目惚れとか時間かけずに引き込まれる感じの経験なく生きてきたから、どうしてもこう言うロマンチックと言うか展開の早いタイプの想いってのがなかなか理解出来ない。理屈じゃないと言うが最初って見た目とか雰囲気とかだと思っちゃうんですよね。

好きになるのに男とか女とか、どっちもありとか、その時々で変わるってのは人だからね、性別とかじゃないんだろうな、何となく理解できちゃうかもしれない。

キャロルの金持ち感と何してる人?ただの主婦?奥様?ってのが疑問ではあった。

ケイトブランシェットは、こないだ見たインディジョーンズ の時とはまた雰囲気がガラリと違う品の良さを感じた。でも私はテレーズ演じるルーニーマーラがとにかく可愛いなぁと思いました。サンタ帽、ボブカットにヘアバンド、短くした髪も全て可愛らしい。そしてPG12は、このシーンか?と思った美しいお胸。

もう一回最初のシーンを見たくなるような作り方と、音楽も好き。

でも内容が内容なだけに好き嫌いは分かれそうな映画だし、少し退屈に感じたりもした。私は嫌いじゃないし、あそこで終わらせたのがいい映画っぽいけど続きがあるなら見てみたいと思った。
Kei

Keiの感想・評価

4.0
お互い特別で、支え合える2人が本当に素敵。そして美しい。

強く美しく、自分らしく生きたいな…と思いました。
内容知らずに見たからちょっとびっくりしちゃった。
雰囲気とか撮り方、衣装がすごくオシャレだった☺︎この季節にみてよかった🎄