キャロルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

さち

さちの感想・評価

3.5
ケイト・ブランシェットのセクシーな美しさと、ルーニー・マーラーの純真な美しさが映画に溶け込んでいた。
時代の雰囲気もファッションも、車も全部素敵だった。
たく

たくの感想・評価

4.0
LGBT特集。

冒頭と終盤でデヴィッド・リーン「逢いびき」そっくりのシーンがあってゾクゾクした。「サンセット大通り」も出てきて監督の映画愛を感じた。
「太陽がいっぱい」と同じくパトリシア・ハイスミス原作。
honoka

honokaの感想・評価

-
美しい作品、
キャロルもテレーズも美しい。
テレーズの髪型、洋服めっちゃすき!
サンタ帽かわいすぎた🤶🏻
michiru

michiruの感想・評価

3.5
1950年代のニューヨーク
美しくてエレガント

優雅かつ悩ましく、美しすぎる男前なキャロル(ケイト・ブランシェット)と
可愛らしいのに実は真の強いテレーズ(ルーニー・マーラー)
LGBT作品であるけれど、最後までとても美しい作品でした。


*余談
テレーズとリスベットが同一人物とは思えない
これは野郎の出る幕はないですね。ただただ完璧に美しい。それ以上の言葉はない。
本で読んだ時の、なんとも言えない静かで熱い感情と美しさが、そのまま思い出されてまた同じ気持ちになってしまう。とても良い意味で。
ストーリーの流れは淡々としていて、1つの絵画に段々と引き込まれて行く感覚。
Q

Qの感想・評価

3.8
手紙とか電話ボックスとか今と違う人間のつながり味わってみたかったなあ
YUMI

YUMIの感想・評価

-

1950年代第二次世界大戦後の
アメリカニューヨークが舞台。
主演二人の計り知れない美しさときたら。
*
女性同士の恋愛をテーマに描かれているこの作品。
全てにおいて美しくて儚さを感じた。
当時のファッションはすごく華やかで可愛らしい。
親権問題で元旦那と揉めているキャロルは大人の女性でいて
どこかはかなげで。
ランチのメニューさえ自分で決められなかった
テレーズが最後は自分で自分の道を選択するラストが感慨深かった。
現代よりも「こうであるべき」の風潮が強い世界で、
なおかつ同性愛が犯罪扱いをされていた時代。
女として、人として堂々と生きている二人がとても美しくて、力づよくて、儚かった。
*
今回観ていて、音楽が本当に心地よかった。
特にDrive Into Night。
なんかどこか聞いたことあるなーって
思ってて、調べてみたら
carter burwellさんが音楽を担当していて、
トワイライトシリーズも手掛けているとのことで
耳に残るのも納得した。
ピアノの旋律がすごく心地よい。
そしてルーニーマーラーがドラゴンタトゥーの
リスベットだという事を知り、驚愕。
雰囲気全然違う。
役者さんて、本当にすごいと思う。
ankoroll

ankorollの感想・評価

4.5
非常に丁寧に作られた映画だった。特に俳優の演技が秀逸で、表情には本物を感じた。愛には様々な形があるけれど、本質はやはり同じで、そして美しいということを再認識させられた。
もりた

もりたの感想・評価

4.0
全体的に落ち着いていて、映像が美しい。
最初は控えめで個を出せなかったテレーズが成長して自分の意見をキッパリ言えるようになったのに対し、最初は強気だったキャロルが控えめになった。そういう登場人物の心の変化の描き方が魅力的。