キャロルの作品情報・感想・評価 - 521ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

試写会にて。
同性愛を題材にしている映画としては、非常に綺麗な表現がなされていると思う。
そして何より俺のルーニーマーラ。
無印良品の洋服を全て着こなしてしまいそうな透明感はたまらない。
この人がドラゴンタトゥーの女でリスベット役を演じたのは未だに信じられない。
ただ、内容の濃さと上映時間が比例しなかったのが残念。
ぱみ

ぱみの感想・評価

3.0
ルーニーマーラの体と幼女で0.2加点。
窓越しの映像が多く、おぼろげな雰囲気を醸し出していたのが印象的だった。
アサダ

アサダの感想・評価

4.2
小津安二郎の東京物語のような縦を意識した構図、ヴィスコンティの山猫のように緻密に計算された色彩配置…といえば大袈裟かな?

映像はとてもとても美しいし、話自体がベタな恋愛でも主演2人の演技に引き込まれるのでそれだけで充分。

ケイト・ブランシェットのハンドバッグは小さいけどなかなか物が見つからない。
ま

まの感想・評価

3.6
試写会にて。
丁寧で美しい。2人の演技が無ければ成り立ってないかな。
はな

はなの感想・評価

2.9
試写
舞台は1950年代のNY、女性同士の同性愛の話。ケイト・ブランシェットは相変わらず信じられないほど美しいのだけど、話の内容はなんだかよくわからない。ひたすら睡魔との戦いだった。こういう淡々と話が進んでいく映画ってやっぱりわたし苦手だわ。
バティ

バティの感想・評価

3.4
自分はこの作品はセクシュアリティをテーマにしたものではないように見えた。疑いを持ちながらも何かに従い、拒まれることを恐れて服従のように他者/恋人にミラーリングするテレーズはあの1950年代の女たちの象徴であるように見える。

自分を信じることが出来ず好きな写真を趣味のまま留めているテレーズがキャロルという中年女性に出会い、認証されていくことで、少しずつ、他者や社会に従うだけであった自分から抜け出していく物語と思えた。

「ブロークバックマウンテン」や「ベルベットゴールドマイン」のような同性愛者の純愛を意識せずに想像、期待していたが半分は色んな意味で裏切られた。

キャロルは奔放というよりは主婦として夫/家に従事することに限界のきていた精神疾患を患った女であり、どこかしら関係なく喫煙を嗜み、決めるや否や他者の同意を確かめることなく突き進む中々に勝手な女性である。

このキャロルにハマれるかどうかが、観客にとってこの作品が特別なものとなるかの分かれ目だ。私にはいくらか支配的な人物に見えた。自分に魅力があることを知っているような老獪ささえ感じた。

「バードピープル」でも現実世界に窒息しそうな人々が喫煙するシーンが印象的だったが、本作での喫煙もそうだ。あの50年代の男は男でなければ、女は妻でなければならない時代ならばより閉塞的に見える。

展開が平坦だったり、冒頭の時間軸が交差する演出がそれほど効いていないところなどはあるが、テレーズが象徴する自分を少しずつ獲得してラストにキャロルと対峙するシーンというのは涙は誘わないものの、まるで我々がキャロルの目線でテレーズを眺めるような感覚に陥り静かな感慨に耽っていた。

衣装もとても可愛い。
あき

あきの感想・評価

3.6
試写会にて。クラシカルでアンティークでレトロで。家具、小物、服、車、全てがこの時代ならではで可愛い。終始魅入ってしまう。

そんな時代だからこそ、尚更周囲の理解の得られない出会いをした2人は美しくて、ケイト演じるキャロルのように、2人の出会いや関係が洗練されて見えた。 わざわざ対比されるように描かれた、男性の登場人物達が余計に俗っぽく思えるほど。

ただ、展開が遅すぎて、ゆったり。その中で機微な感情の流れを理解したり、推測するのが良いのだと思うけど、私にはイマイチ入り込めず。
Rika

Rikaの感想・評価

3.8
試写会にて。
ケイトとルーニーの演技力のすばらしさと、女性同士の美しき愛に虜になる。クラシカルな車や音楽もまた観るもの全てが美しかった。
ただ、話の展開が遅すぎて、、、んん?っとなる場面もあり、後味が残る。なるほどやはり作品賞ではないんだな、と。
kirito

kiritoの感想・評価

3.2
【究極の愛はどこへ向かうのか】

最初の20分。

眠い(( _ _ ))..zzzZZ
睡魔との戦い。
全体的に暗いよ!
話が見えないよ!


あるシーン以降。

おろろ。←kirito覚醒。
お、お、お、おう。そうくる?そうきちゃう?
この先予測不能すぎるw
え、マジか。
なるほど、そのための冒頭のあの図ね。
いや〜いい終わり方!


こんな感じでした!

評論家のものといっても過言ではないレビューが既にあがっていて、レビュー終わり*\(^o^)/*と非常にしたい笑!



ところですが、備忘録も兼ねて私なりに一応…


おしくもアカデミー賞作品賞のノミネートを逃しましたが、確かに選ばれそうな作品でした。


テーマは女性同士の恋愛。いや、最愛ですね。

全ては【1952年】という時代が生んだ一種の悲劇とも言えるのではなかろうか。
これを悲劇と捉えるかは別として!
やはりこの時代ではこういう関係は御法度だったんでしょうね。


えーと
とっても評価が分かれそうな作品です。
一緒にみた3人でもわかれたので…
特に男女では大きく異なるかも?


まず、今作は女性が【強く逞しく綺麗】に描かれる一方で登場する男性は【弱く卑怯で醜く】描かれている気がしました!
何人か男性が登場しますが、なんか下心が丸見えで自分勝手なんですよね(´・_・`)



とにかくキャロルとの出会いで人生の全て変わってしまうテレーズ。
愛には理由なんていらないんでしょうね。
出会う前と出会った後、ある事件の後のテレーズの性格や行動に注目してみてください。
本当に色んな変化があって、とっても細かく計算された心理描写が彼女の行動に反映されてると思います。


そして、今作ってすごく真面目な作品で、こう紹介するのは本当にどうかと思うんです。

でも、悲しいかな男性陣が絶対に喜ぶであろうのは2人のベッドシーンでしょう。
結構ガッツリ!
特にルーニーマーラーの裸体には目を奪われるはず。
ガッツリ乳もでます。

このシーンのケイト・ブランシェットの
『(あなたは)とても美しい』
という一言に
思わず
『それな』って素で言ってしまいそうになるくらいには綺麗でした_| ̄|○


何度もいいますが、決して変な意味で観るシーンではないです!
極めて真面目なシーンです!


そして、冒頭のあるシーンが、後半にもう一度使われるんですが、その間の話を観たか否かでこんなにもその同じ構図から感じる印象が変わるのかという驚きを味わいました。
そう、これはあのゴーンガールの時と同じですね!


最後の余韻の残し方は絶対に好きな人が多い。
女性を中心にオススメです☆
裸を観たいという不純な動機で見ると多分しっぺ返しを食らうほど重い作品で、そしてとても綺麗な作品だとここに記しておきます。

試写会にて
@ふぁるる、Yuki君。

2016.1.15
(グレンミラー物語→パディントン→本作)
KINO

KINOの感想・評価

4.0
特にケイト・ブランシェットの優雅なものごしやファッションに目がくぎ付け。