キャロルの作品情報・感想・評価 - 545ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

risa

risaの感想・評価

3.8
途中まではストーリーの軸が見えず、淡々と話が進んでいく。冒頭のシーンが最後にもう一度繰り返されるが、2人の関係性を理解したあとにみると、はじめ見たときとはまったく違う角度から観れておもしろい。
ucoucoucoi

ucoucoucoiの感想・評価

3.5
個人的に苦手なテーマではあるけれど、人に惹かれるというのはどんな関係性であっても共通していて、憧れや安らぎがそこにはある。彼女たちのヘアスタイルやファッションはもちろん切り取られる映像の構図が素敵だった。
task

taskの感想・評価

3.0

これと言って、特に良いでもなく悪いでもなく。
velvet goldmine、im not thereとかの監督の好きな音楽路線突っ走っていいんのではないかと。そっちの方が好み
Ellie

Ellieの感想・評価

3.0
ルーニー・マーラとケイト・ブランシェットがとにかく美しい!!


…ですが、ストーリーや雰囲気は共感できずそしてついウトウトしてしまう映画でした…。
妖艶さと可愛さの対比、そして混じり合いが素晴らしい。
主演2人の演技が光る。
ケイトブランシェットの声が良いのとピアノの旋律が絶妙。
アカデミー賞作品賞にノミネートされても良かったと思う。

途中のキャロルの手紙の一文が全てを語ってる気がする。
エンディングのカットが最高。

#キャロル #キャロル試写会
まし

ましの感想・評価

4.3
とにかく2人が美しくて素敵すぎる。
ケイトブランシェットの優雅さと弱いところももつ儚さと、ルーニーマーラの可憐さと優柔不断さ。
予想以上に入り込んでしまった。

テレーズがキャロルに、きゅん、とする瞬間瞬間がちゃんと自然に入ってて、いい。いいわぁー。と1人で胸キュンしてた。

キャロルが自分の道を自分のために選び取る瞬間にグッときて泣いた。
映像も洋服も小道具もオシャレで品があっていちいち絵になる。
キャロルが美しくてセクシーで母性にあふれていて強いけど儚くて見惚れる。
キャロルが丁寧に人を愛してるのがよく分かってこんな恋愛は素敵だなと思った。
目や仕草や言葉が本当に綺麗だった。
ToriTamaki

ToriTamakiの感想・評価

3.5
Filmarks主催、本年度アカデミー賞最有力候補の「キャロル」の試写会に行ってきました。
1950年代のNYを舞台に、望んでいない結婚生活や大切な娘を夫に奪われようとしている不幸な女性、キャロル(ケイト・ブランシェット)と高級デパートで働いていて、写真家を夢見るテレーズ( ルーニー・マーラ)の二人が恋に落ちるストーリーです。
当時は、同性愛が病気だと思われていたために周りの言う通りにするしかなかったキャロル。
きっと今の時代だったら彼女はもっと主張できたんではないかなと感じ、言いたいことが言えず段々とふさぎこんでいく彼女を見ていてとても切なくなりました。
とてもミステリアスで魅力的なキャロルに、その色っぽい声を聞いただけで、どんな人(女性でさえ)でもドキッとしてしまうと思います。
テレーズがもしキャロルに出会わなければ、本当の恋に落ちるということには気づかなかったでしょう。
テレーズがとった最後の決断というのは決して正しいとは言い切れないかもしれませんが、自分の選んだ道に、私は共感できました。
ゆっくりな映画かなー、と感じたのですががあっという間に2時間が経ち、50年代のNYを見事に再現してるとても美しい映画でした。
サリー

サリーの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

Filmarks試写会にて

キャロルに惹かれるわけ。優美な色気だけではなく、揺るぎなく自分の生き方を通す強さだと思います。そして、強い女性は愛に溢れ優しい。娘の面会権について震えながらも、主張したシーンは泣けました。

テレーズがどんどん美しくなっていく!本当に天使のようでした。

ファッションから音楽、車まで。世界観に浸れ良かったです。
さっき

さっきの感想・評価

3.3
1月19日 映画.comさん主催の渋谷 ユーロスペースにて試写会で観させてもらいました
オスカーダブルノミニーおめでとうございます 当日も期待してます
が僕は男性なので少し恋愛物は苦手で同性愛は理解できないので本作がとても素晴らしいとは思えなかったです 正直に
すいません
ですがルーラー マーニとケイト ブランシェットの美しさは素晴らしいものでした 当時は同性愛は受け入れられないものだと思いますので
そこを貫いて愛し合う2人には気品すら感じました
後、50年代の衣装等はとても素晴らしく綺麗でした
試写会で見せてもらったので是非オスカーでは頑張ってもらいたいです
でもケイト ブランシェットの顔はいつ見てもデカすぎたな〜と
寝顔の写真は素敵でしたが^_^