キャロルの作品情報・感想・評価 - 545ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

booh

boohの感想・評価

3.5
かよわくて可愛い女の子が急に大人っぽくなってこっちが追いつかなくなるあの感じ ついてけない
Nana

Nanaの感想・評価

3.5
ゆったりと流れる描写に、凛としたケイト・ブランシェットの美しさが際立つかんじに魅力されました。劇中の「私はこれ以上自分を偽らない。これがわたしだから」というようなニュアンスのセリフがなんか印象的だったな。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.5
これはケイトブランシェットが綺麗それだけかなぁ……
うーん美しいレズプレイ
キャロルみたいな歳上の女性に迫られてたら……
あーなるのかなぁーって。。。
あの年代の服装から音楽から二人のベットシーンの美しさはたまらんです。
しかし、前半だらだらでしたー

後半に気持ちはいりこんだかなぁー
全部綺麗だった
間を持って発せられる言葉は重みが違うんだなと改めて思いました

このレビューはネタバレを含みます

ジャーナリストを目指してニューヨークへやってきたテレーズ。
ある日おもちゃ屋で臨時バイトをしていると、自分よりはるかに年上のエレガントな女性、キャロルと出会う。
二人は徐々に、距離を縮めていく。

ルーニー・マーラとケイト・ブランシェットの禁断恋愛もの。

まず主人公のテレーズが終始、なにを考えてるのかわからない感じ。
状況に流されるまま、

「私、ランチも決められないの」

と、彼女自身も何もわからない状況。
しかし何か説明できないが、
すごく魅力的なテレーズ。
キャロルと出会ってからの彼女は徐々に男への愛を拒絶していく。

一方、キャロルはすごくはっきりしている。
「少し旅行に行こうと思ってるの、行かない?」

キャロルとテレーズは徐々に心の距離を縮めていく。

しかし自分の娘のためならば、現実を受け止めなければならないと、テレーズに手紙を残して去ってしまう。

長い月日が経ち、
テレーズは夢のジャーナリストになることもできた。

キャロルの方は前夫との娘の親権をめぐって争っているところで、

「私の存在意義はなくなってしまうの」

キャロルはテレーズのことを諦めきれなかった。
本音を告げる良いシーン。

その後、リッツでキャロルとテレーズは再会する。

キャロルはもう一度やり直したいと、
しかしテレーズは断ってしまう。
キャロルは彼女の肩を優しく撫でて、去ってしまう。
無表情のテレーズ。何を考えているかわからない。

しかし、テレーズはキャロルを追う。
自分の気持ちに素直になったのだ。
会食をするキャロルを見つけ、ゆっくりと近寄っていく。
キャロルはテレーズに気づかない。

ゆっくりと、ゆっくりと、近寄る。
何か不穏な空気が映像に漂っている

テレーズに気付いたキャロルの表情は?

この不穏な感じはなぜ?
それはテレーズがファムファタールだから。
キャロルの美しさにドキドキしちゃった。テレーズの気持ちがすごくよくわかる。しっとりしてて濃厚な映画でした、満腹です。
TOWI

TOWIの感想・評価

4.3
女性の同性愛モノという事で、男性の自分はシャットアウトな感じかな?と思いつつ観ましたが、全然そんな事なかったです。
同性愛モノではあるものの、性別の事で抗うようなイメージはあまり前面的に押し出さず、あくまで人間対人間の恋愛物語として見せていたように思います。それが新鮮で素晴らしかった。
そして更に言うと、私は本作を恋愛映画というより青春映画だなと思って観ていました。

いつまでたっても輝いていたい。自分自身が輝けるものを自分に正直に追い求め続ける。その過程には色々な葛藤や障害がある。しかし、自分自身の素直な心から目を背けることなく、障害を乗り越え成長していく。そんな2人の大人の青春物語であるように自分は思いました。

どんな障害があったとしても過剰なヒステリック状態にはならず、最後まで気品を保ちつつ、ちゃんと答えを見出していく登場人物達。その様子は、物語だけでなく作品の撮り方にも見受けられて、更に素晴らしかったです。上質な大人の映画でした。

何より主演の2人が素晴らしかった。
ケイト・ブランシェットの美しく気品と色気に満ち溢れているのだけど、どこか儚げな雰囲気や、
ルーニー・マーラの文字通り天使のような可愛いさ美しさは、最高でした。

良かったです!!
なんというか、全体的にずっと良い匂いしてそう感がすごかった。映像もとても綺麗。
「同性愛」という大枠のテーマに目がいきがちな気がするけれど、むしろ普遍的な恋愛映画だった。男でも全然観れます。というか主演二人が自然すぎるあまり、もはや「男って…なんなんだ……?」みたいな気分にすら少しなる。
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

3.0
これエアード夫妻の性別が逆だったら支持されるんでしょうか。そういう仮定が無意味だと感じる人にはおすすめです。
tomoka

tomokaの感想・評価

4.5
何もかもすべてが美しく夢のよう。この手の作品、大好物です。

ケイト・ブランシェット演じるキャロルの立ち振る舞いや仕草、煙草の吸う姿から溢れ出る上品さと色気。そしていちいち素敵なヘッドドレスとお洋服。あんな人がいたら私もノックアウトだわ。

キャロルとテレーズの愛はどこまでも美しく描かれていて芸術のようだった。

予告でも使われていたけど、終盤にショパンの別れの曲が流れるのが印象的。