キャロルの作品情報・感想・評価 - 545ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

1番感情として強く湧いたのは"寂しさ"でした。お互い決して幸せではない状況に出会って惹かれ合いお互いにようやく本当の心の居場所が出来たと思いきや2人の表情にはどこか寂しさが宿っている。とても難しい作品だった。
異性間であれ同性同士であれ愛は普遍的であるというテーマなのかと思って観ていたのに、男性の描き方に偏りがあり過ぎたような印象を受けた。
またこの作品のことをほとんど理解出来ていない気もする。

映画的な作り込み方はすごく上手く、仕草や色、化粧の違いで変化が感じられたし、感情が揺れ動く様を表すかのような音楽と映像の気持ち良さもあった。
冒頭がクライマックスに繋がるシーン、ラストの表情が映し出されるまでの芸術性の高さは一見の価値あり。
MinKFJ

MinKFJの感想・評価

4.1
フォックスファー?ヘッドドレスに手袋、ハイヒール。クラシカルで高品質そうでフェティシズムすら感じるキャロルの衣装には私の中のお洒落番長が大変刺激を受けました。

テレーズは『パリの恋人』でオードリー・ヘプバーンが書店員しているシーンみたいな衣装。
トッドヘインズ監督は、ダグラス・サーク的なメロドラマで最高傑作の映画を作り上げた。
そこに対するリスペクトがある監督と理解しなければ、この手の王道の話はやや退屈かもしれないです…
さちこ

さちこの感想・評価

4.0
とにかく美しい映画だった。2人の表情も音楽も映像も。もう一回観に行こうかな。
MikaImai

MikaImaiの感想・評価

4.1
「魅力」と「愛」についてすごく表現されていて胸がグッとくる。最後のシーンが好きだなあ。
ASA

ASAの感想・評価

5.0
2016.2.27 :20:15鑑賞@劇場

やっとやっとやっと観れた今作品。ずっと楽しみにしてました。最後にとっといた。久しぶりに歴代ランキングに食い込む。星50個くらいつけたい。はじめのタイトルから常にあの世界に惹き込まれて、目は離せんくて夢中に。全てが美しかった…


青いタイトル、ソール・ライターを思わせる写真や映し方、テリーズの小ぶりな四角いバッグや水玉の部屋着、とそれと普段のギャップ、テリーズの目線、キャロルという美しさと格好よさのある女性、大人の女性の動作や発言、ふたりのメイク、旅行カバン、車、街並み、おもちゃ、たばこ、レコード、ソファなどの家具、後ろ姿、動作音…どこを撮っても綺麗で1秒1秒経つのが惜しいくらい。あっ あと字幕のクラシカルさもフォロワーさんが言っていた通り!
映画館で、映画を観る、という行為をこんなに愛おしかった事はない。劇場で観れて心底満足した。目の前にある四角い画面の中のあの世界に入りたかった。でも四角の中でしか繰り広げられない映画という世界がまた良かった。
やっと見れた、こんなに美しいのかという感動と興奮と切なさと美しさで心臓はドキドキして、泣きそうになったりにやっとしたり本当にしあわな時間を過ごせた。スクリーンとの距離もバッチリで周囲のお客さんも静かで本当にいつまでもあの時間が続いて欲しいとすら思った。

キャロルという人物が本当に、宝塚のように女性もドキドキするような格好よさと、女性らしい美しさも兼ね備えてて、本当に本当に素晴らしかった、完成されとった。
みんなとのランチ中のキャロルの輝きのなさ。人の上に立つべき人はああいう人なんやろうなと思った。人にひれ伏してたら枯れてしまいそうやった。
あんな人になりたいとは思うけど、所詮わたしは大人な綺麗なおねいさんとは懸け離れている。テリーズの髪型にしたい!! オードリー・ヘップバーンを思い起こさせるような顔の整い方、体ももちろんのこと綺麗で、あんな眉上のボブ最高でしかない、かわいい、本当に本当にかわいい。でもきちんと女性らしさもあってずるかった。。卒業式終わったら切りたいなぁ、、かわいいな。
今思えば主人公ふたりにばっかり気を取られて、ほぼ周りの人物像は見てなかった。ハージが身近な人に似ててすごく嫌悪感があっただけ。

とにかく美しくて、内容も面白かったけど、でもそれは映像が美しかったからかもしれやん気がしてきた。。でもどうなるの!ってどんどん続きが気になる感じはあった。飽きやん。
いわゆる女性同士の同性愛についてではあるけど、それ以外にもたくさんのテーマがあったような気がした。

ふとした出来事で人間は恋に落ちるし、過ちも犯すし、考えて時間が経てば立ち直る。
あなたにもいつかわかるよ、とか、まだ早いかな、っていう台詞を年上の人に言われたりするけど、それはあながち間違いじゃないんやと分かるような歳になってきた。

また映画館で観たいな〜:'(

<42>

-私事-
鑑賞する前にバイト先のおっちゃんふたり?と立ち飲み屋さんに連れてってもらって(飲む前にはちゃんとおいしい牛乳を飲みました。)、もうバイトは卒業するから送別会やなっておじちゃんが言うたからもう本当に寂しくて、私だけ映画観るために離れ難くなってると「観てきなさい」と喝を入れてれたから見に行けた、ありがとうございました。ごちそうさまでした。あまり人とふたりっきりでごはんなんて行かんのに、短期間の内に色んなお酒の場に連れ出して下さってどれも楽しかった…また行きたい。。(゚´ω`゚)あぁ〜
牛乳のお陰か、キャロル観てる間にお酒は抜けたし、立ち飲みやったけど全然酔いませんでした、牛乳万歳。
眼福としか言いようがない。車窓に映るテレーズの表情やキャロルの微笑に引き込まれるばかり。ベッドシーンも官能的でため息が出る。互いが互いを美しいと思い、守ってあげたいと思えるような関係は素敵だ…。
ngi

ngiの感想・評価

3.8
女性同士の恋愛を描いているものの、それを異端として取り上げていないため心地よい。

とにかくキャロルとテレーズの目の動き、目線に心が揺さぶられる。テレーズが初めてキャロルを見た瞬間の憧れともとれる「一目惚れ」がビシビシ伝わってきた。
目も最高だがキャロルの手も最高だった。キャロルの手がテレーズの肩を触った、ただそれだけのはずなのに重い。

洋服、持ち物、車も可愛いかった。
Hitu

Hituの感想・評価

3.7
2016.02.27 TOHOシネマズ日本橋

男が総じてクズだったのは残念だったけど面白かった〜。キャロルの生き方が少しずつ今の時代で受け入れられてると良いなぁなんて思ったり。

この映画のスタイリングの素晴らしさよ。ファッションも良いけど、特に良いなぁと思ったのが化粧。キャロルの姑の濃すぎる化粧が、あ、こいつやなヤツだな〜と思わせるそれだったのが凄い。加えて、成長を表すファクターにもなってる。

ざらついた画面も◎。

あと、ブランシェット兄貴の背中が逞しすぎてちょっとびっくりしたw