キャロルの作品情報・感想・評価 - 545ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

丁寧なメロドラマ。
まずトッド・ヘインズ監督、腕がある。カメラをどこに置くか、役者の動線を把握した上で、1番映画として効果的なところが分かっている印象。車のガラスを使った、ロマンティックな見せ方も見てて楽しい。こういうのを見ると、この監督の他の作品も観たいなと感じる。
他にも、衣装や小道具、色の配置は言うまでもないし、ここ最近で1番良いと思ったのは、役者の演技が物語を引っ張っていること。ラストシーンに顕著なように、役者の微妙な表情や態度で登場人物の感情を伝えている。これは、主人公2人の演技が素晴らしいというのもそうだし、細部にこだわる監督が最終的には役者を信頼している故のことでもある。メロドラマということで、一つ一つの丁寧な見せ方、登場人物の恋心をちょっとした行動などで見せていき、距離が縮まっていくのを見るのも楽しい。
同性愛が注目されるが、確かに例えば精神病とみなされていた時代を告発するようなシーンもあるが、単にメロドラマの描く恋愛の障壁の一つとして捉えることも十分可能な作り。私はそう捉えた。同性愛を美化していて、異性愛を逆差別しているという意見を読んだが的外れだ。というか、恋愛を美化して描くことがどうして差別につながるのか理解できない。2016年、同性愛か異性愛かという枠にとらわれすぎた見方はもうやめよう。
charo

charoの感想・評価

4.0


この作品、私にとっては映画館に観に行くかすごく悩みました。
理由は同性愛がテーマの作品

女同士綺麗かもしれないけれど
それはスクリーンでみるほどの価値があるのか?
でも、なんでカンヌで賞はとれなかったとしても高い評価を得たんだろう?
それが疑問に思いました。
私にとっては1人でこの作品をみることは自分の中にある低いハードルをまた一歩登るそんな挑戦でした。

東京国際映画祭に行って、映画のみかたが変わりました。
ただ自分の好きなジャンルの作品をみるだけではなく沢山の作品にであうこと、出逢えることへの意味を考えられたからです。
少し話はそれましたが、
自分の人生で出逢える人、出逢えた人との縁は偶然ではなく必然だと思うんです。
この作品も最初の出逢いはごく普通の日常での出会いです。
そこに愛が生まれる過程が凄く綺麗で切ない。
鏡やガラスを使ったカメラワークは
素晴らしく、モヤモヤした気持ちと同じように窓ガラスも曇り気味
前が見えにくい

そして、誰かの身体に触るという行為も大切に大切に描かれています。

肩をポンとたたく
その同じ動作を好きな人と愛している人にされた時の絶妙な表情や受け答えの違いが最初とラストに同じシーンを入れることで表現されているんです。

冒頭で見た時とラストで見た時に同じシーンのはずなのに
考えることや受け止め方がガラリと変わっている自分がいました。

この映画を映画館でみて
真剣に一本と向き合える場所
それが映画館だなとしみじみ感じました。

それにしてもあの前髪の長さは
美人にしか出来んな!
あー本当に美しく切ない映画でした。
おか

おかの感想・評価

4.0
スクリーンに映し出される画も2人も最高に綺麗!綺麗すぎて声が漏れそうに…
手の仕草や香水をつけた後の匂いの確かめさせ方とか本当艶やか。セクシーってこういうことだなと思ってしまった。勉強になる。
2人の心情が丁寧に描かれてるし、あるシーン以降2人のメイクやネイル変わってるのも細かくて凄く好き!
観て良かったー!っていうスッキリ感がある映画ではなく、凄かった…という感想を抱いちゃった映画!
ブルージャスミンの主人公とは思えないケイトブランシェットのたたずまいと、
ドラゴンタトゥーの女とは思えないルーニーマーラーの凜とした表情。

そして、50年代の映像表現を突きつめたその先に、今の映画だからこそ撮れるこの作品の“美しさ”。
心情の揺れ動きが細かくて、わかりやすく表現されてるわけではないから難しく感じた。
同性愛の映画ってだけじゃなくて、それ以上のものが詰まった作品。
Tomtom

Tomtomの感想・評価

3.7
2人の揺れ動く感情にこちらまで影響されて、見終わった後気分がふわふわして定まらなくなった
yh

yhの感想・評価

4.5
洗練された奥ゆかしさ、これぞ映画という感じ。。美しく見えて今にも崩れそうなバランスの2人の心情が、彼女らの所作を通して、上品にスクリーンに滲み出ていました。

ケイト・ブランシェットの演技と映し方がとても魅力的で、恋愛感情に説得力があります。後を引くラストも絶妙で、放心しました。
M

Mの感想・評価

3.6

素敵でした。詠嘆というか…
どちらも魅力的なキャラクターで、ルーニー・マーラはキュートだし、ケイト・ブランシェットは大人の女性で素敵でクールで…。特にタバコ吸ってる場面が絵になるというか、セクシーというか…好きな場面でした。
最後一応ハッピーエンドなのかな?バッドエンドになるかと思ったから良かった\(^o^)/
saaayaka

saaayakaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと期待し過ぎたけど、
お二人共大変美しくて、服も髪型も部屋も音楽もすきだった。

惹かれあって現実逃避の旅行に2人で出掛けて、証拠を取られてしまい、娘の為に別れ、また連絡がきてと、テレーズが振り回されてるように見えた。テレーズは元々流されるままの女の子って感じだったけど、キャロルと出会って、写真家の夢も付き合う相手も、自分の欲しいものが分かって決められて良かったなと思う。今ほど目が覚めた事はないわって台詞好きだった。

テレーズと別れた後、キャロルがアビーと2人で話してる時に、アビーがテレーズの名前を口にして、顔を上げたケイトブランシェットの顔が良かった。ドキっとした、こわくて

親権を夫にして面会だけを求めたキャロルは本当に娘の事を考えた答えを出したなと思った。

良い香りと言ってた香水気になる
ああ、面白かった…。
場面が美しくて、惚れ惚れした。綺麗に彩られたシーンに隠れた人物の抱える背景が常に場面に影を与えていて、それを演技や演出で表現してるわけなんだけど…最高だった。

キャロルの自尊心の高さとゴージャスな美しさに見え隠れする弱さみたいなウェットな部分と、テレーゼの真の強さと健気さというか、無垢から自我のような気持ちの目覚めの変化みたいなところがすごい良かった。

ああ〜もう一度見たい。