キャロルの作品情報・感想・評価 - 555ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

daiki

daikiの感想・評価

2.8
うーん、完全に話題先行型だった感が。。ルーニーマーラーもケイトブランシェットも綺麗なんだけど、話に乗り込めなかった。同じ同性愛系だったら『アデルブルーは〜』『クロエ』の方が好きです。
Kaori

Kaoriの感想・評価

4.5
女性は男性を好かなければならない。
男性は女性を好かなければならない。

そうやって…
それが普通なんだ…

でもそれは普通のことで普通でした。

彼女たちも同じで、狂いがない2人でした。

普通ってなんですか?

確かに男女の関係がないと子供を作り続けることは不可能。

でも恋愛には関係ないって思いました。

"恋愛"下心と真心から結びつく2人の終わりは始まりでした。

また見たいです^ ^
まゆこ

まゆこの感想・評価

3.5
Filmarksでの評価が高いから、ちょっと期待したかも

ルーニーマーラ可愛すぎる・・・ハイネックにワンピース着てカチューシャしてるのが可愛い
私もこんなファッションが似合う雰囲気の女の子になりたい
で、程よい歳になってきたらケイトブランシェットみたいな雰囲気になりたい

↑ていう感じの映画でした
Nagomi

Nagomiの感想・評価

4.0
主人公二人とも最高に美しかった。 テレーズのニット帽が超絶キュート。
はじめは好奇心だったのにどんどん本気になる様がキレイでした。
途中いろいろと苦しくなります。
あとタバコ吸いたくなります。
みら

みらの感想・評価

2.3
ケイトとルーニーの2人を演出する方法(主に視線)としては悪くないと思うんだけど、肝心のドラマが全体的にテキパキ進みすぎて段取りにしか感じなかった。旦那とか探偵とか蚊帳の外でただ2人を見つめている脇役に徹しすぎ。障害が上手く機能していない、もっと執着心,固執,ノイズがドラマには必要。
kochab

kochabの感想・評価

4.0
男から見ると、女性は守るらなきゃいけない、というものではないのかな。男は弱みは見せないもの。女性は弱みを見せることができるけど、それを聞く、支えるのは男でなくても良くて、より分かるのが女性、なのかな。
男が本作見てると「痛っえな〜」と思うのはなぜ⁇( ̄▽ ̄)
Hayama

Hayamaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ルーニーマーラ×帽子 が
最強であることを
確認できる映画。
特にクリスマス帽子。笑

不穏な空気が終始張り詰める中
二人の距離感はゆっくりと、
しかし確実に縮んで行き
関係をもつ。

それが引き金で
娘の親権は父親へ、
面会権を要求するが果たして、、

最後会いに行ったことで
二人の互いへの依存が
抜け切れてないことを
暗示させるような幕の引き方。
続き見たいけど
見たくないようなで
終わり方が秀逸。

本作また見る機会あれば
みんなで何本タバコ吸ったか
数えてみたい。笑
038

038の感想・評価

3.5
公開日当日に鑑賞してきました。

家庭をもち裕福な生活をおくるキャロルとまだ若くて好奇心のあるテレーズ。

それぞれの境遇に共感できる部分がいくつか見てとれた。

そして二人の共通する部分。
そんな二人が自然と惹かれあう。

ベットシーンでのルーニー・マーラの初々しさを出した迫真の演技はとっても魅了されました。
主演の二人が美しいのもあって映像がとても綺麗でした。
FK

FKの感想・評価

4.0
心のままに身を委ね、加速していく愛。そのすべてが包まれ花開く時の美しさ。はにかんだ笑顔に赤らめた頬など、ルーニー・マーラが魅せる繊細な表情のひとつひとつが心を掴んで離さない、テレーズの気持ちを伝えるには十分すぎた。なんかもう余りにも美しすぎるものを見ると、人は泣いてしまうんだな。

以上、ベッドシーンでわけもわからず号泣マンからの投稿でした。
odbo

odboの感想・評価

4.0
たまらない。耽美な映像。美しいレズ漫画が、そのまま飛び出してきたかのよう。表情や細かな仕草にうっとり。