キャロルの作品情報・感想・評価 - 555ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

yukie

yukieの感想・評価

3.3
“自分を偽って生きたくない”

恋に落ちる瞬間を観た。
あ、一目惚れか。

何にしても、自分のアンテナが働き、理由なんか言葉に出来ないけど、立場も考えず引き寄せられてしまう。

性別のことは置いといて、そんな相手に巡り会いたいなと思いました。笑
spacegomi

spacegomiの感想・評価

4.5
曇ったガラス越しの視線、都市の喧騒の中で交じり合う視線、丹念に積み重ねられる切り返し。とても21世紀の映画とは思えないクラシカルな佇まい。
50年代NYへの愛に溢れた恐ろしく端正な美術や色彩は、折り合いのつけられないあらゆる関係性を浮き彫りにするが、だからこそ、2人の絡み合う視線、触れ合う指先、その一瞬一瞬が絵画のような美しさを秘めている。これほど時間よ止まっておくれと叫びたくなったのも久しぶりだが、人と人との関係性は絶えず変化し続けるし、「私たちは醜くないはず」という信念をもって前に進み続けるしかない。
上品で艶やかなメロドラマでありながら、表情の変化や視線の交錯は非常にスリリングである。探偵のダーティぶりも素晴らしい。ルーニーかわいすぎんよ。テン年代ベスト。
Ayako

Ayakoの感想・評価

3.0
公開初日に見てしまった!
ストーリーはともかく、主役の2人がとにかく美しくて、細かい目線や手の動きで絶妙なニュアンスを表現してるとおもう。ルーニーマーラの髪型がかわいすぎる。
kei188

kei188の感想・評価

4.1
綺麗。
切なさを表情、指先、視線と声のトーンで演じきるなんてすごい。セリフなんていらないくらい。
お二方とも美しいし、かわいさと弱さを絶妙に表現している。
女優魂炸裂。
冒頭からケイト・ブランシェットの貴賓さに胸打たれる。そして、脱いだケイトの背中の美しさに更に胸打たれる。実に美しい女優だ。
そしてそれに負けないルーニーの美しさと可愛さ。もう何から何まで可愛い。
作品自体はもちろん良かったですが、それ以上に女優二人の魅力に酔いしれる2時間でした。
レコードをプレゼントするシーンと、ラストシーンの二人の微細な表情の変化がとても好き。
kさん

kさんの感想・評価

4.0
とても美しくて重厚感がある。
主演2人の所作1つ1つ・セリフ・映像を、香水にして素敵な瓶に詰めたい感じ!笑

鑑賞後もたびたび思い出しては、その余韻に浸ってる。
けど、その余韻は美しさだけでなくて、この作品の不思議さでもある…。

不思議さ というか、矛盾 とも言えるかも?

この作品では、2人の恋愛を、昨今のLGBT運動的目線(つまり人権喚起的)では捉えてなくて、あくまでロマンスたっぷりに描いてる。
当時の時代背景や「道徳条項」という障害も登場するので「LGBT映画感」は確かにあるんだけど…
でも、やっぱり登場人物らの関心はそこにはないように見えた。同性愛について激しく差別される場面無かったし。
だからこそ、私も彼女らの恋愛の美しさを堪能できたんだよね笑

でもでも、フツーの倫理観でいくと、キャロルとテレーズの選択は美しくないよね?存在理由についてのキャロルの演説はかなり感動したし、感涙一歩手前だったけど、でも彼女の感情的行動は様々な人を一瞬でも不幸にするよね?テレーズだって、さすがに彼氏に対して無礼すぎじゃない?

そこを「美し〜い‼︎」とか「存在理由〜‼︎」とかって感動できてしまうのは、やっぱり同性愛が前提の恋愛だからなんじゃないでしょうか…

男女の不倫をこんなふうに描かれたところで、美しいとは思えたとしても、こんなに清々しい気分にはなれないんじゃないかな。


……ていうわけで、こんな矛盾さえも美しいと感じられる素晴らしい映画だと思いました!
俺的には女性の同性愛で若い方が赤髪で年取ってる方が金髪というのは無茶苦茶ポイント高い
ぺしん

ぺしんの感想・評価

2.0
不純百合映画

表面的には綺麗な映画ではあったと思う
でも俺は専門家じゃないから、
そんなことは割とどうでもいいのだ

この内容はどうなのか
ゲスの極みな人達と変わらん

「同性愛はタブーとされてた時代の〜」とかどうでもいい
いつの時代も浮気はよくない
Soichiro

Soichiroの感想・評価

3.6
当たり前だけれどブロークバック・マウンテンとは全く違うな笑
映像が綺麗で写真や絵画のよう、それに溶け込む主演2人は凄いな。ルーニー・マーラなんかお人形さんみたいだった笑
2人の〝惹き合い〟がとても美しい。
ラストシーンの余韻にうっとりした。
r

rの感想・評価

3.8
旦那・ボーイフレンドと上手くいかない。そんな毎日にうんざりしていっそのこと現実から逃げ出してしまいたい。そんな2人の恋物語。

今の時代なら同性愛は認められ、という言い方は嫌だけど昔に比べると断然認知度が上がってるし個性だと理解する人々がおおい。でもこの1950年代、同性愛は精神的な病気だと判断されてしまい、周りは精神医療を受けてさせて更生しようとする。その時代背景が悲しすぎた。ただ愛したいだけなのに。あたしもこんな運命を狂わせられるような恋をしてみたい。