キャロルの作品情報・感想・評価 - 571ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

舞台は1950年代のニューヨーク。
この時代の働く女性の憧れの職業といえば、有名デパートの売り子だったと聞く。なぜならそこにはお金持ちの紳士な男性がたくさん訪れるから。主人公テレーズも、優雅な奥さん候補になりたいのかな?と一瞬思ったが、そんなことはない。彼女には職業として写真を撮るという筋の通った目標があり、一応彼氏もいる。そんな彼女のもとへ、まさに優雅な奥さん街道まっしぐら風の女性こと、キャロルがやってくる。

ぱっと見で、テレーズとキャロルは正反対の暮らしをしていると察することができる。洋服も違えば、お互いの家のエリアも遠いし、年齢も離れている。なにせキャロルは子持ちだ。普通、生活環境が違いすぎると仲睦まじくなるのは難しい。(特に女性は人生に選択肢が多い分、多々うわべだけの会話で済ませざるを得ないことがあるのだ。)それを「手袋」をきっかけにして、赤の他人の女二人が、音楽や旅で交流を深めていけるというのはなんとも素敵なことである。

みんなが幸せになって欲しい、そして好きな人が一番幸せでいられる道を自ら望めることが、どんなに幸せに満ちあふれていることかと熱弁したキャロルに痺れた。(まずキャロルの人間性がとてつもなく素晴らしいのです!)人を好きになることは、性別を超えて人間と人間の間の出来事であるということになんだか自覚しづらいこの時代にメスを入れ、上品に優雅に、愛することにはまず、前のめりの愛する気持ちがあることを証明したとてもあたたかい作品であった。
トッド・ヘインズ監督の『キャロル』、ルーニー・マーラが去年カンヌの女優賞を獲ったときから楽しみにしていたけど、期待以上のすばらしさ。
50年代の女性同士の恋愛ドラマを「レズビアン」などとカッコにはくくったり過剰に煽らず、ふたりの女それぞれが情を行き交わせる糸口がひたすら淡々と綴られており、その文法がとにかく誠実で胸を打たれた。
序盤に「登場人物のセリフと本音の違いを分析している」と言う人物がいて、その示唆するとおり、裏腹ということを言外のあらゆるで表現しようとし、企みは美しく成功していた。
まずキャロル(ケイト・ブランシェット)が纏う赤がテレーズ(ルーニー・マーラ)に沁みて彼女は垢抜けていく。
逆に彼女に感化されてキャロルは、高慢と虚飾が漂う金持ちの夫人という「顔」から、欲望を受け入れ全うする個人の柔らかさに変わっていく。
劇伴も美しいのだけど、劇中の「音楽」もひとつの鍵で、奏でられる音楽のたゆたう時間は自由と生そのもので、だから、視線を交わし合うふたりが互いに共感し、心奪われていることがはっきりと沈黙から伝わってくる。
明確な理由や意味に囚われてなどいない。
背景に赤狩りの様子がさりげなく置かれていて、しかしこの采配もふたりのドラマの邪魔になっておらず、にも関わらず、女性への抑圧と見事にダブらせてふたり(と、キャロルの親友であるアビーと)の共闘関係をほのめかして見せている。
タイトルロールはブランシェットでアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされてるのも彼女で、もちろんすばらしいのだけど、本作ではやはりルーニー・マーラ演じるテレーズこそ主演の冠にふさわしい。
きっと受賞確率が高いだろうからマーラは助演女優賞候補にあがっていると推測するけれど、こうなったら何が何でも彼女に栄誉を与えてほしい。
己のイエス・ノーも言えなかったチェコ移民系アメリカン人の若い娘が、産毛の生えたような無垢さから脱皮し(1時間20分でやっと脱ぐあのシーンの美しさに泣いた)、己の生の喜びを獲得する、あの毅然。
マーラにとって、『ドラゴン・タトゥーの女』に続く代表作になるでしょう。
(彼女が意識して選んでるのか、否か、ふたつの役は共にマイノリティである点はとても興味深い)
女性同士の恋愛ものというより女性の自立のお話だなと思いました。
より自分らしくいられる相手がたまたま女性で互いを求めるなかで人間として成長する二人の物語でした。
ケイト・ブランシェットの衣装がとにかく素敵。1950年代ファッションを堪能しました。やっぱりエレガントな格好するためにはスタイルを維持してないとダメですね。
タイトスカートにファーのコート、ハイヒール。そんな服装着る機会もありませんが、タイトスカートくらいはちゃんと着続けられるようにありたいものです。
正直肩透かしをくらった…。

テレーズもキャロルも何というか、すごくキャラが薄っぺらく感じた…。確かに画は凄く美しいし二人の演技は圧巻だけど、なんかそれだけって感じ…。全く二人共バックボーンが見えず、テレーズに関してはキャロルを語る為だけにあつらえられたキャラクターとしか思えなかった。まぁ、”イエスもノーもわからない、本当の恋も知らない少女”が何故かキャロルに惹かれていく…って筋書きだからそう見えがちなのかもしれないけど。にしてももう少し肉付けがほしいな…。。主人公像としてはアデルと近いのに、何でか全然、恋しくて堪らない…みたいな気持ちに見ててならなかった。

しかもキャロルなんであのおっさんと結婚したんだろ、謎。

劇伴が過剰なのもあまり好きではない。二人の楽しい時間は音楽にのせてふわふわふわ〜っと撮って終わり…。楽しかった思い出に関するエピソードで最後まで引っ張るようなもの、1つもない気がした。「口紅」とか何かそれらしい小物使いだったり、キャロルの娘との交流だったりのドラマみせてくれるかと思いきや、しれっとおわる。はっきり描かれてる二人のエピソードってテレーズが修羅場に巻き込まれてとばっちりくらうのばっかり…って気が。。そんなんじゃテレーズみたいなあまり世間を知らない小娘はキャロルに惹かれないと思うなぁ。

私の頭の中は二時間ずっと…香水…靴、鞄…セーター、レコード…と物欲に支配されるだけだった。

期待値が異様に高すぎたのかも。かなり残念
Rimako

Rimakoの感想・評価

3.5
お二人とも美しかったし可愛らしかったし、品もあって素敵なシーンもありました。映像も温かみがあって美しかったです。たとえ、自覚が無くても、妖艶なモノに惹かれ積極性に引かれして、芽生えてしまう恋心なのかな。無垢だからこそ受け入れてしまい情熱的になってしまった・・ような。恋心は別にしても気になるよね、あんなマダムいたら、お近づきになったら更に気になるよね。でも世間では精神病扱いだし不倫には変わりないわけで、その辺含め、昨今の国内内情からして、寛容な視点があるかなしか、この映画のウケも違ってくるだろうなぁ。
Ri

Riの感想・評価

3.7
視覚的な意味で好き。
街並みとかファッションとか。
女性のためのもの感。
切ないね。
SP

SPの感想・評価

4.1
美しくて哀しくて涙がでた。
なんにも前情報なしで見てよかった。
ゆっくりと、しっとりと
憂いを湛えた大人の映画だった。
SHM

SHMの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ケイトブランシェットとルーニーマーラの美しいセックスの後に「あなたが幸せになるためなら何だってやるわ」なんて言わせたら胸が痛すぎる

冒頭、キャロルと男がテレーズの肩に触れて席を立つシーンの手の動き指遣いで愛の存在が明確になっていてぐっときた
キャロルの成熟した環境とかやりきれないところや、テレーズのなにもわからない純粋な少女らしさのギャップがすごいし、人物設定と女優の見た目振る舞いからなにから全てマッチしてた
テレーズのフワッとしたりカラフルな服もかわいいけど、キャロルの頭から爪先まで全身計算しつくされた完璧なコーディネートが美しすぎるし毛皮のコートを羽織っているときの強さが半端ない
あんまり強そうだから、運転中にコートを脱がしてもらって「楽になった」って言うところは暗にほのめかしがあるのかと勘繰ってしまった

ラストがなにも答えを出してくれてない
考察すればわかるのかもしれないけど、そこまでの頭はないからこの後2人がどうなるのか周りもどうなるのかすごく考えてしまうから記憶に残る映画だと思う
hf

hfの感想・評価

4.3
二人を見ているだけで満足。
美しかった。
特にケイトブランシェット。
ケイト史上最高のケイト。
綺麗で儚げで不安定で気品があってかっこよくて、
見ていて涙がでてきた。
素晴らしい演技だった。
豊

豊の感想・評価

3.8
とても素敵だった!!!ケイトのしぐさがどれも美しくてカッコ良かった……