キャロルの作品情報・感想・評価 - 588ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

おん

おんの感想・評価

4.2
なんだろうこれ…
ラストの時に、いろんな想いが出たのがとても不思議。

終わった後に泣きたくなった。
ケイト・ブランシェット美し過ぎる
おち

おちの感想・評価

3.7
ただただルーニーマーラが可愛い。2時間ずっと魅入ってた。
ストーリー展開は山場も少なく退屈だと感じるかもしれない。でも長さはそこまで感じなくて、気づいたらラストシーンだった。
観れてよかった。
821

821の感想・評価

4.5
女優さん、街並み、音楽、衣装、ほんとこの映画に出てくる全てのものがただただ美しかった。
キャロルはほんとランチで心奪われたし、物想いに耽ってる様子のテレーズにキュンキュンする。

"And then it changed. It changes. Nobody’s fault."
Abby
つもと

つもとの感想・評価

3.9
とてもとても真っ直ぐな純愛映画だった。ラストのキレの良さがとてもいい。
Sayumin

Sayuminの感想・評価

3.6
終わりが中途半端な映画は嫌い。
だけど、内容はよかった。
正直に生きることが難しいのはつらい。
自分が受け入れられても、他人は受け入れてくれない。
小物、色彩、構図、そして、二人。
映画が好きとか、詳しいとかどうとか関係無く、美しく、素敵だという事は誰もが感じるんじゃないかな。

そして、恋心というのも、男とか女とか国とか時代とか関係ない。

本当に一流だなぁ。
えむA

えむAの感想・評価

3.0
この上なくゴージャスなケイト・ブランシェットのキャロル。
彼女曰く、「天から降りてきた」ルーニー・マーラのテレーズは最初はすごーく地味で冴えない感じだったんだけど、二人が出逢い、物語が進行していくにつれ、自らの求めるものを見出していき、成長していく過程でどんどん輝いていく。
バリバリ恋愛映画だし、1950年代の雰囲気もたっぷりで、スタイリッシュで綺麗に仕上がってた。
JGBTは“治療”の対象だった時代。喫煙シーンも満載。
よ

よの感想・評価

5.0
恋だね(恋だよ)

美しく・正しい

テニスみたいだった。球と面が正しい角度と意志 勢いをもって当たる なおかつタイミングが良いと勝つ、みたいな、、、訳わからんね、、

とにかく「あとぐされなくしかも正しく美しく恋」
あ〜クリスマスにみたかった。でも多分何回も観たくなる そして観るたび美しく正しい強さ嚙みしめるのでは 恋

よい!ありがとうございました
myu

myuの感想・評価

3.4
ケイト・ブランシェットの強烈な成熟美と、ルーニー・マーラーの地味目な妖艶美が、1950年代の衣装や時代背景に映えてて見ごたえある。ふたりの世界観は一見の価値あり。なんだけどどうしても受け入れられない感情ゆえ苦手でした。。
yui

yuiの感想・評価

3.7
同性愛にスポットを当てた作品を観ると毎回、愛とは、、と考えてしまう。

キャロルはテレーズを愛していたけど、娘という守るべき存在もいたから旅の間もどこか2人の温度差というか違和感を感じたし、テレーズは女性を愛したのは初めてだからこの恋は本物、と信じきっている感じがした。
主演2人の演技がその絶妙な空気感を表現できていたのが良かった…。2人とも本当に美しい。
旅が終わると2人はそれぞれの居場所に戻るけれど、自分を愛してくれる人と一緒にいることで自分が幸せになれるわけではないのだなと痛感した。
男性の、愛してるという割には自分勝手な行動が多く少しうんざり…。女性目線が強いため、そういった行動が強調されて見えている気がした。

好みの分かれそうな作品ですが、見て良かったなと思います。
女性におすすめです。