キャロルの作品情報・感想・評価 - 604ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

あきほ

あきほの感想・評価

2.8
二人ともが綺麗。街並みとか曲とかも綺麗しオシャレ。
でもそれだけな感じ!単調やった
kiri

kiriの感想・評価

4.6

2016.2.14 TOHOシネマズ甲府

美しさの極みの煙草促進映画。

淡い光を強調する撮り方(技法の名前忘れた)からネーミング、音楽まで全てがパーフェクト。

ただ、その撮り方に後半少し飽きてしまったのも否めない。

ただ、終始それを補うのがルーニーマーラの美しさ。
勿論ケイトブランシェットも良いんだけど、個人的に可愛いルーニーマーラが美しくなる過程が最高。ハリウッド版宝塚。
めっちゃサブカル女子ウケしそう。
ルーニーマーラが後半、煙草吸うようになるのとか、彼氏に教えてもらって吸う彼女みたいで可愛かった。そのせいで鑑賞中ずっと吸いたかった。

本作、細かいディテールまでの工夫が素晴らしいらしく、未来にこの作品を初見で観ると50'sの作品かと思うほど撮り方や設定までがそれっぽいらしい。

町山さんのたまむすび聴いてから、あるいは鑑賞後に聴くとより面白いと思う。

2016年36本目
劇場7本目
toggano

togganoの感想・評価

4.2
絵が最高!て瞬間が連続する。
プロット自体はシンプルだがそれぞれのシーンで主演2人の演じるキャラクターが今この瞬間に何を考えているのだろうかってとこで奥行きが生まれているように感じた。
最後はゾクッとくるけど、過剰すぎない、趣味の良いバランス。
女性に対して、
「キャロルめっちゃよかったよ!」
とか
「キャロル一緒に観にいこうよ!」
とは、言いにくい作品でした(笑)

好きになる気持ち、愛する気持ちは素晴らしいんだけど、なんだこの気持ちは…!!

美しいし、映像の時代感とか、仕草にしても、なんかずーっと「なにかあるんじゃ?」ってドキドキしちゃって、いざあったらあったで、どう画面を見たらいいのかわからなくてドギマギしちゃう自分の未熟さ(笑)

映画の後に女子トイレに行った時、もしかしてあの人も…とか女性を見る目が変わってしまったわ…。

点数も付けにくいし、難しい!
ストーリーがとかじゃなく、なんだかモヤモヤ?ヒヤヒヤ?ドギマギ?気持ちの表現方法が見つからない!!

私も目覚めてしまったのかしら。。。(笑)
美しい映像、抑揚の効いた演出、洗練された脚本、完璧な演技。どれを取っても隙がない。
隙がないんだけど、全く面白くない。
トランスジェンダーや性的なマイノリティに対するオープンで現代的な仕掛けが施されていて、時代性にもマッチしているのだが、そういう計算の見え隠れする感があまり好きじゃない。というか、これを批判すると逆に痛い目見る感じの何ともお粗末な風情が好きじゃ無い。
加えて既視感、中途半端さ、納得感のなさが凄まじい。
前評判の高さも相まってがっかり。今年最大のがっかり映画筆頭候補ナンバーワン。
breit

breitの感想・評価

4.3
期待を超えてくる圧倒的美しさ。久々の映画館で久々に当たりの映画に出会えた感じ。『アデル、ブルーは熱い色』を彷彿とさせるものはあるが、ルーニーマーラの表情で魅せる演技とても良い。 50年代の街並み、ファッション、音楽全てがフィルム撮影の画と抜群にマッチしていて、特に音楽のセンスはピカイチ。
ミニ

ミニの感想・評価

4.0
人を好きになるのに理由はない
お互いがただただ惹かれあった二人の恋愛映画

一番好きなのはキャロルがテレーズに「My Angel」ってキスするシーン
ルーニーマーラは本当に空から落ちてきた天使みたい
キャロルの服の配色の組み合わせが最高に素敵
あの雰囲気はケイトブランシェットにしか出せない

良い映画には良い音楽が必須だから、もっと主張して欲しいと思いつつ、最後のシーンを見て控えめな音楽だからこそ二人の視線が引き立つのだと思った
高評価ということに驚き。
作品の評価は別として全く面白くない

演技力は素晴らし過ぎるほどであったが、内容が全く自分には合わなかった。あくまでも私的意見だが映像や音楽を評価する声はあるとはおもうが、ストーリーには一片の面白みも感じなかった。原作の方が詳しいというお話を伺ったのだが、映画としての面白さは全くなかった。演技力の素晴らしさで評価は2.5
as

asの感想・評価

4.1
美しい

同性愛と言うには畏れ多いほど美しい女性同士の愛

色づかい、ファッション、家具、全てがキャロルを引き立たせている

with ヒナコ
wkn

wknの感想・評価

4.4
視点の変化がおもしろかった。キャロルというタイトルに違和感を感じてたけど、原作がテレーズ→キャロルの視点でしか書かれてないからなのね。なるほど。

泣いてしまったけども、終始穏やかに飽きることなく観られた映画でした。よかった◎