キャロルの作品情報・感想・評価 - 604ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

kanoko

kanokoの感想・評価

5.0
久しぶりに初日に観たい作品だと思い、一人で劇場へ。二人の美しい女性の内面が丁寧に描かれていて、泣いてしまった。ルーニー・マーラ演じるテレーズの視点で展開されるストーリー、フィルムの粒子感が生む光や色、絶妙に表現された50年代当時の雰囲気、自分もそこにいるような気持ちになった。ケイト・ブランシェット演じるキャロルの最後の視線は忘れられない。余韻に残る作品。
tk33220

tk33220の感想・評価

4.0
視線劇がサスペンスフル。丁寧に撮られているし真面目な監督なんだろうなとは思うけれど、急に雰囲気の違う音楽をかけて男が女を殴るとかいうぶっ飛んだシークエンスがあっても良い。
完璧な映画が常に心を震わせるわけではないのだけれども、あまりの隙のなさに、画面の隅々から音楽、色彩、キャストの一挙手一投足にいたるまでの隙のなさに、『エデンより彼方に』でも同様の体験をしたことを思い出し、トッド・ヘインズ末恐ろしいなとはらはらと涙を流し、放心状態で作品を反芻しながら思うのでした。
sasa

sasaの感想・評価

3.9
息を呑むほど美しかった。
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの表情ひとつひとつが繊細すぎた。
衣装、映像も綺麗やった。
小一郎

小一郎の感想・評価

3.9
良かった。演技についてよくわかないのだけれど、二人の女優さんが素晴らしいと感じた。自分的には特にキャロル役のケイト・ブランシェットさんがとても良かった。雰囲気ありすぎでしょ。ちょっと、ゾクッとした。

「目は口ほどに物を言う」なんていうけど、テレーズへの眼差なんかは、言葉はいらないって感じ。演技じゃなくて、マジなんじゃないの? と思っちゃうよ。

ストーリーはテレーズがキャロルに惹かれ、やがて禁断の関係に。キャロルは離婚調停中なのだけど、目に入れても痛くないほど可愛い幼い一人娘がいる。この娘の親権を巡る争いで、二人の関係が問題になり…。

1952年に発表されたベストセラーが原作。著者パトリシア・ハイスミスの自伝的小説だけど、筆者が本名を明かしたのは1990年になってからという。当時の時代背景からすれば、衝撃の書だったに違いない。

そんな同性愛に厳しい時代であっても、自分に嘘をつかないという強い決意が素敵。

「愛は死よりも強く、死の恐怖よりも強い。愛、ただこれによってのみ人生は与えられ、進歩を続けるのだ」という言葉があるようだけど、愛があればどんな障害も乗り越えて、生きていけるのかもしれない。
mai

maiの感想・評価

3.8
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの瞳の演技。
服も景色も色も音楽もぜんぶ綺麗すぎてため息。
俳優陣、衣装、映像、総て「美しい」の一言に限る。
愛する人のことを想うと、どうしてこんなに胸が苦しいのか?
触れたら壊れてしまいそうな、とても繊細で危うい美しさに終始圧倒されっぱなしだった。
お見事!
愛しさ、切なさ、もどかしさ、、、
恋をしたことがあれば誰もが必ず体験したことのある気持ちや想い。
久しぶりに心揺さぶられたラブストーリー

ケイトブランシェットとルーニーマーラ
この美し過ぎる2人を観るだけでも価値のある素晴らしい作品でした!

しばらく この余韻に浸っていたい…♡
tomonorien

tomonorienの感想・評価

5.0
映画館で見ていることを忘れるくらい。

夢中になることのできる雰囲気だった。顔も、色も、目に入ってくるものすべてが美しく見えた。
写真集を見ているような、どの場面を切り取っても俺にとって素敵に絵になる状況に感動した。

ウディアレンの「ブルージャスミン」のときのケイトブランシェットが印象的で好きで引きずりながら鑑賞をした。彼女の目つき。

役に入り込んでしまう感じのことは俺にはならなかったけれど、とてもよくわかるような感情の動き方にそわそわとした。ため息もついた。

そして、受賞とゆうのは効果がものすごくあるとゆうことにも改めて気付かされた。内容的に、品のある単館系のシアターで上映なのかと思いきや、シネコンでガッツリと一日中の上映で、ちょうど遠出をしたくないときだったので、近場でサクッと午前中に見てこられた。堪能できた。
封切りすぐの日に映画を見ることは今までにあったかな??? 朝の早い時間で祝日だったけれど、まあまあに劇場は人がいた。
あき

あきの感想・評価

3.7
ルーニー・マーラ大好きなので、朝一で見てきました。
べらぼうに美しい女性二人が恋する姿は芸術品そのものでした。そりゃもうスクリーンがまんべんなく美しい。額に入れて飾りたいレベル。ええもん見た…

強い意志はあるのに自由を持てないキャロルと、意志が弱く自由な生活なのにそれを持て余すテレーズ。お互いに無いものを持ってるからこそ、惹かれ合ったんでしょうね。そしてそんなテレーズが、最後に自分の意志で選ぶ結末。素敵でした。