キャロルの作品情報・感想・評価 - 605ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

音楽が心地良すぎて中盤寝そうになった危なかった。

恋愛は、例え他人から何を言われようが気持ちは変えられないもの。
Mipoo

Mipooの感想・評価

4.0
溜息が出るくらいオシャレで繊細な映画。後半で反復される冒頭の場面が最初に観た時とはまるで違って見えるという決して物珍しくはない演出にこれ程胸を締め付けられたことがあっただろうか。自分らしくある為に生きる人の姿はただそれだけで何よりも美しい。
Milly

Millyの感想・評価

3.8
キャロルのどこか寂しげな気品溢れる妖艶さ、テレーズのあどけない天使のような可愛らしさ。
ケイトとルーニーの演技に終始圧巻でした。音楽、カメラワークetc...
全てにおいて美しい。
偽りの自分ではなく、
ありのままの自分を愛をもって生きる素晴らしい映画でした。
音楽がとても素敵。
どの場面でも音楽が寄り添うよう。

あとは視線の演技、
横顔、
ズームなど。

観てよかった。
ゴールデングローブ賞の授賞式のレッドカーペットに現れたケイト・ブランシェットが美しい事!!
薄いピンクのジバンシィのドレスに薄いピンクの口紅を引き、鮮やかなレッドカーペットと対照に可憐に見えました。
そして暫く再生を一時停止。

テレーズがキャロルと遭遇した時を疑似体験したかのようでした。


1950年代のアメリカを舞台に
裕福な人妻のキャロルと若いデパート店員テレーズの恋の物語。
作者のパトリシア・ハイスミスの体験を元に書かれてようです。


絡み合う視線、相手を追う視線。
自らの意思をつたえる手。
目は口ほどにものをいうのは確かだけれども本作は“手”でもものを言ってました。

50年代のファッションも魅力的でした。
キャロルのかぶっている帽子が素敵でした。
毛皮のロングコートに皮の手袋。
一方テレーズはガジュアル感で若さを引き立て対照的。

キャロルの控えめでありながら半ば強引の誘い方もにくかったです。

そして後半、今まではテレーズがキャロルを目で追ってましたが今度はキャロルがテレーズを目で追う心情。



ケイト・ブランシェットは相変わらずの女王さまキャラですが、
私的には『ブルー・ジャスミン』には叶わなかったかな。
あと、2人に立ちはだかる壁が少し物足りずの印象。


でも映像や美しさを堪能できる作品です。
soy

soyの感想・評価

-
初めてキャロルの車に乗るシーンが印象的、キャロルの香水と、テレーズの彼女に対する強い憧れすらも匂いとなって、漂うような映像。
サントラ売ってたけどね、良い子守唄だった スヤ… あれれ。。

ルーニー・マーラが後輩に似てて可愛らしかったな。ケイト・ブランシェットは完成されてたけど あのシャワーの一瞬の スッピンがわたしは好き
映画冒頭、テレーズの恋人リチャードの映画オタクの弟が「登場人物のセリフと本音の違いを分析している」という場面が出てくる。『キャロル』はまさに、そんな映画だった。というか、リチャードの弟は完全に、監督からのこの映画の見方についての指南書みたいなものだったのだろう。

そんな登場人物たちの感情の機微を汲み取るのに暇がない作品だった。物凄く上品に整頓された画面から、登場人物たちの家庭や恋人、そして自らの職に対してのかさつきが物凄く感じられた。
言葉の節々から強がりやたて前など、このときこの人物たちはなにを考えているのだろうという思いが止まらない。セリフに限らず、ルーニー・マーラ、ケイト・ブランシェットはじめ俳優陣の何気ない所作が素晴らしかった。

あと監督の映像での語り口が非常に良かった。手紙を書く→ポストに入れる→郵便が届く…というなんでもない一連の流れがとても自然で、言葉なしでの状況説明が、観てて堪らなかった。
ガラスの曇りや水滴が、登場人物たちの心情を移す鏡となっていたのも良かった。

ただ、これだけ映像で語るのが上手い監督なのに、それセリフで言っちゃうんだ…みたいなのも多かった。先にも挙げた、リチャードの弟のセリフだったり、タイムズのオフィスでテレーズが口説かれるところだったりが、キャラクターの先にある監督や脚本家など物語の裏の人物たちが見えてしまったのが残念。

それでも、俳優陣はじめ細部まで凝りに凝られた画面が堪能できる作品でした。
ひでお

ひでおの感想・評価

4.0
香水とシガーの香り。ケイトブランシェットの佇まいが、仕草のひとつひとつが妖艶で美しい。ルーニーマーラちゃんもとてもキュート。キャロルと出会ったことで変わっていくテレーズ。訳もわからずイエスしか言えず流されて生きてきたテレーズが初めて選択した最後。生き方や価値観が変わるような出会いは素晴らしいものです。絡み合う視線、微かな表情の変化で描かれる物語は繊細で美しかった。
g8

g8の感想・評価

4.2
映像、音楽共に上質な映画。
ゆったりと流れる、濃厚で匂い立つような美しい映画でした。
こんなに横顔の美しい映画はないのではないでしょうか。
世界の彼氏ことケイト・ブランシェットは脱いでも彼氏でした。
キャロルとテレーズの交わる視線、交わらない視線の描き方がすごい。これは映像じゃないと出来ない表現、彼女たちはお互いを見て、見なくて、恋をしてた、これはあとからジワジワきて泣くやつです。