キャロルの作品情報・感想・評価 - 617ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

『キャロル』を「LGBTのL」や「百合」とカテゴライズして蓋をするのはとても簡単そうに見える
パトリシア・ハイスミスがこの作品に込めたという渾身のメッセージから鑑みますれば、それは極めて表層的な見方に過ぎませぬけれど

主演2人
ケイト・ブランシェットが何時如何なるときも最高なのは、10人中12人が知ってる常識だが、それに応えるルーニー・マーラが今回もう すんげえ名演であった
憧れの女性に合わせて慣れない手つきで煙草を吹かしたり、手をビッショビショに濡らして号泣したりしながら、どんどん逞しい女性へと変貌していく姿がもう、見事
アカデミーダブルノミネート、当然

そしてマンハッタンの街並みも、2人が身にまとう衣装も、レコードから流れる音楽も、テレーズの撮った写真も、テレーズの乳房すらも、すべてをリアリズムとともに「芸術」に昇華させたトッド・ヘインズ監督は流石
アカデミー監督賞漏れ?へーんなの

さあ果たして今年これを超えるほどの美しい映画に自分が出会えるかどうかはちょっとわからんがとりあえず今は一言

眼福。
近年稀に見るほどのとてつもなく美しい映画。
美術が凄すぎて、もはや映画の中が50年代にしか見えなかった。
小道具の1つ1つから、大がかりなセット、そして街中のシーンに至るまで、全てが完璧だった。

そしてケイト・ブランシェットは本当に偉大な女優なんだと再確認。
確かにあれは、本物のキャロルだった。

非の打ち所のない、完璧な映画だと思った。
KtkT

KtkTの感想・評価

4.1
淡々としているように見えるのに、きちんとその内側で渦巻く感情も感じ取れる。テレーズがキャロルに出会うことで人として変化していく様子が丁寧に描かれていて、人間としては良い方向に成長してるのに人生は崩壊へと向かうそのギャップに何とも言えない切なさがある。また、ストーリーには映画じみた極端な展開もなく、淡々と物事が進んで行くが、その中で登場人物の感情が高ぶる瞬間、そのギャップに鳥肌がたった。特にラストはもう最高で、台詞は一切ない中、2人の視線があった一瞬が何秒にも引き伸ばされていて、次に何が起こるのかとワクワクしたところで終わるのが何とももどかしいが、またそれが格好いい。唯一気になったのが画面のノイズ。古い世界観をだすためかとも思ったがそれを考慮しても綺麗な映像で魅せて欲しい作品だった。あと劇中多く見られる車窓の演出は好き。結構オシャレに使われてた。
akikooo

akikoooの感想・評価

3.7
艶美。人が人に惹かれた時。
LGBT。
いい時代になると良い。
クラリネットの音が印象的。
大絶賛。ため息が出るほど切なくて美しい。「さあ泣け」的演出など一切なく、静かに切々と綴られるラブ・ストーリー。ラスト・カットを見終わって、ふと気が付いたら涙が流れてた。ケイト・ブランシェットもルーニー・マーラも最高の演技。これ以上ありえないくらい絶妙の組合せ。何故か溝口の「祇園囃子」を思い出した。
AKI

AKIの感想・評価

4.2
女性同士の恋のお話。

通じてしまう人に出会ってしまったら
きっと抗えないんでしょうね。。

50年代のアメリカが舞台。
当時、同性愛は犯罪行為に近く、
禁じられた愛ゆえの、耽美な世界がめくるめくってます。

そして脇役達が揃いも揃って50年代に馴染むお顔立ちのなか、
二人のビジュアルがいい意味で浮いている。
まるで二人だけが美しく切り取られているよう。

ケイト・ブランシェットの大人のいい女ぷりが素敵で
女が惚れる女として全く苦しくない。
そしてルーニー・マーラ演技がとてもイイ。
頭ではなく脊髄で演技してる感じ。心の反射が見事に体現されています。

美しい映画を見たあとは、現実の見る景色が変わってくるようで
映画からの帰り道、信号の赤と緑がクリスマスのように美しかった、そんな深夜午前2時でした。
YoArai

YoAraiの感想・評価

3.8
正直、気持ちの部分とか理解できないけど、2人の演技というか表現がもうエゲツない。
ケイトブランシェットのダンディズムとルーニーマーラーの表情筋‼︎
これみどころ。
Thug life だね。
細かな仕草や目線など心情を物語る映像なので片時も目が離せなくなる巧みさは間違いない。とはいえ、抑制が効いたというか効きすぎているくらいで、ダイレクトにピンとくるかと言うと難しい所はある。それを慎ましいと解釈する事も出来るし、物足りないともとる事も出来る。困難しか無いような設定なだけに、激情的で分かりやすかったらとも。悩ましい。
面白い!とはいかないが観ていて落ち着く。人、音楽、景色が美しい。
shima

shimaの感想・評価

2.5
設定が唐突すぎる気が…。。。ケイトブランシェットの妖艶さがお腹一杯になってきちゃった…汗