キャロルの作品情報・感想・評価 - 630ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ゆきの

ゆきのの感想・評価

3.8
『太陽がいっぱい』の原作者パトリシア・ハイスミスの作品。今回は女同士の恋愛を描いております。
そして男女で捉え方が違うんじゃないかなって思う作品でした。

1950年代のアメリカは同性愛はご法度であり、病気だと捉えられてたみたいですね。人を好きになる事に理由は無いし、言葉を綺麗に並べた所で良し悪しの判断を第三者がする必要もない。今はそんな自由な時代になったからこそ、この作品が世に出ることが出来たのだとも思うと、まだまだ科学では解明できない不思議な力を持つ「愛」というものは時代の波をゆらりゆらりと形を変えて流れてゆくのだなあ、、と不思議な気持ちになる。

そんな彼女たちの心を映し出すかのように、終始柔らかくくすんだ色味の映像が心地よかった。
たぶん心地よすぎてつまらなく感じる人もいるだろうけれど。
家庭に居場所を見つけられず、退屈な社交界に辟易するキャロル(ケイト・ブランシェット)と、内向的で表情をあまり見せないテレーズ(ルーニー・マーラ)。
お互いの優しさ、魅力、芳しい香水に惹かれ、夜のちょっとした開放感に逆らう事はできない。たぶん私もできない!!
そっと肩に手を置き、見つめ合うだけでも十分すぎるほどの愛情表現だったが、ルーニーの白い肌はすごく綺麗でした。
(ちょ、うぉ、脱ぐね、、がっつくね、、って一人でわわっ汗ってなったから友達同士でもカップルで観るのも嫌かもしれない…)

時代の流れが彼女たちの関係を遠ざけるものの、キャロルが「自分自身を偽ってまで生きる事は自分の存在意義が無いのと同じ」と感情を爆発させるシーンではグッときた。本当にその通りだと思う。

そこから冒頭のシーンへと辿り着くのだが、回収の仕方といい、そこから続くラストがまた良い。
ストーリーも良かったけれど、彼女たちのトランクの中がとても気になった。
ケイトの綺麗なブロンドが映える赤や水色、ルーニーの澄んだオリーブ色の目に映える黒の使い方が素敵。二人のワードローブも是非拝見してみたい。

試写会@ユーロライブ
MiwaKoka

MiwaKokaの感想・評価

3.5
自分が何をしたいのかがわからないまま流されている、キャロルと出会う前のテレーズのような女性は、多いと思います。
テレーズが憧れたお金持ちの美しい年上のキャロルもまた、悩みを抱えていた。
キャロルとの出会いでテレーズも変わったが、キャロルもテレーズなよって、自分らしさを貫く決断を下した。愛の根本を見た思いです。
ルーニー・マーラの可愛らしさとケイト・ブランシェットの美しさが、各場面の音楽と溶け合い、全てが美しかった。
えり子

えり子の感想・評価

3.8
まず、音楽がわたしの好みすぎて。あれを思い返しただけでも泣けてしまう

細かい描写がすごくよかった。
わたしは同性愛のはなしとしてというよりはひとりの女性の生き方と、人を愛することみたいな大きなテーマとして観てる感覚があったかな。

最後に思ったことは、「愛する人を手放してはいけない」。こうやって言葉にするとなんか陳腐なかんじがするけど、映画を観たあとは本当に素直にこの言葉がでてきた。

大事だと思う気持ちとかこの人が必要なだとか思う気持ちは、やっぱり大事なことなんだ。これは恋愛に限らずに。その点キャロルは強い。きちんと自分と思いを、伝えたから。愛するということは、その人に対して責任をもつこと。それを怖がっていては相手も自分も幸せにはなれない

とまあ、わたしも愛とかそんな大きすぎることについては、まだぜんぜんわからないしこれからも答えが出るとも思えない。でも、今日はとりあえずこんなことを思った。し、ちょっと大事なことに気付けた気分。
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.0
2016/01/18 Filmarksの試写会
渋谷 ユーロライブで

最初のシーンでルーニー・マーラが可憐すぎて惚れた。
ヘプバーンの再来かっ!くらいの衝撃だった。

ケイト・ブランシェットの妖艶さとの対比が凄くて一歩間違えればコメディーになりそうなくらい。

前半は心情の動きが分かりづらかったけど、後半で回収してくれた感じですんなりと観れた。

無駄な台詞が無く行間で魅せる。こういうのが映画だと思い出させてくれた感じ。

迷いを素直に受け止めて観る映画
elisa

elisaの感想・評価

5.0
自分の直感に素直になるって大切だなと改めて思いました。
ルーニー・マーラーがかわいくて綺麗で…とても魅力的だけどまだ成長しきっていない少女の部分を残していて、素敵でした
とてもうつくしい女の物語です

映像がとても美しくて、またファッションやヘアスタイルがレトロでかわいかったです
圭

圭の感想・評価

3.6
「人は人に魅かれるか、魅かれないか」
という言葉が心にしみました。だってその通りなんですもん。。

テレーズがキュートすぎます。仕草、視線、服や持ち物、カメラまでもが驚くほど可愛く見えました笑
キャロルの放つオーラはすごい、外見の美しさと、内面の強さが彼女をさらに美しく凛とみせていました。

キャロルとテレーズ、2人の世界を自分は画面越しからなのに、2人に混ざって物語に入り込んでいる感覚におちいりました。
とくに、最初に会ったランチでの会話がセリフひとつひとつ、2人のの声や口の動き表情などとにかく何もかもに魅了され、まるで自分もそこにいるかのように錯覚しました。
2人の話す会話をいつまででも見ていたかった…


物語はとても切ないです。愛にはいろいろな形があることを実感しました。
最後のエンドロールになった瞬間は圧巻の一言に尽きました。

自分の中ではこの作品は新鮮で新たな出会いとなりました、素晴らしい118分をありがとうございましたm(._.)m
ユーロライブ試写会にて
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの美しい愛の物語を堪能した。
男女間であろうが女性同士であろうが人に惹かれるのは理屈ではない。どんな状況でも止めることは出来ないと改めて感じた。
『アデル、ブルーは熱い色』以来の心にしみる美しい愛の作品でした。
もう一度、映画館へ足を運びます。
marina

marinaの感想・評価

4.1
プレミア試写会より一足お先に試写会にて鑑賞。Jo Staffordの”No Other Love”は、個人的に非常に思い出深い曲で、本作の予告編でも使われており、すっかり心を奪われてしまった。絶対観ると決めていただけあって、一足先に鑑賞できたのは非常に嬉しかった。特に知識を入れないで何にも知らないまま鑑賞。

始まって3分。最初から映像、音楽に魅了されっぱなし!わざと古い雰囲気の映像になっているのか映像自体に暖かさがあった。それにしてもファッションが素晴らしい!60年代や70年代も好きだけれど、品があって優雅なこの時代の服、髪型、化粧、車…そうそう、歌だって!そしてキャロル。眩しいくらいのブロンドに、少しミステリアスな雰囲気の笑顔。美しいのは見た目ではなく、大人の女性の仕草に色気が他の人とは違う。いろいろと問題を抱えながらも自由に生きている女性。そんなキャロルに惹かれるテレーズ。キャロルとは対照的で少し内気な感じの子供っぽさも残る。キャロルの娘にも似ているかも。どちらも観ていて女性として惹かれたし、男女のラブストーリーを観ているかのような気持ちで嬉しかったり悲しかったり。キャロルやテレーズに感情移入するようなカメラワークで、最後のカットが本当に印象的。この作品、女性はみんな素敵なんだけれど男性が…。それは脚本がそうさせているのかな。でも、本当に女性は女性を理解できると思うし、誰よりも信頼できる。だからストレートである私にもこういう関係も分かるしむしろ羨ましいくらい。ストーリーは全体的に安定していた感じで、大きく感情を揺さぶられることはなかった。ただ終始美しさに陶酔していた感じ。

アカデミー賞作品賞にノミネートがないのは残念だけど、鳥肌が立つくらい美しい映画だった。しばらく余韻に静かに浸りたい。ぜひぜひ劇場で!
眉毛

眉毛の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会行ってきました。
天使のように綺麗で、2人がうっとり見とれるほど美しかった。当てはまる言葉が見つからない。
羨ましい。車もファッションもメイクも含めて、完璧な世界でした。
けど、テレーズとキャロルがいて、他に何もいらないくらい2人の世界は…
やっぱり誰にでも起こりうることだよね。全て忘れて儚く甘美な世界に浸りました。気持ちいい。
Mitan

Mitanの感想・評価

3.2
試写会にて。
最近、女性同士の恋愛をテーマにした「アデル、ブルーは熱い色」を観ていたので、それと何となく比較しながら観てました。
写真家を夢見るデパート店員のテレーズ(ルーニー・マーラ)はある日娘にプレゼントを買うためにやってきた婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)に強く惹かれる。その想いはキャロルも同様で、2人の距離は急速に縮まっていく……。

「アデル〜」と比べると、ケイト・ブランシェットがとても大人なので、大人の恋愛のように感じました。
ですが、「アデル〜」と違うのは、2人の恋は状況としてみれば「不倫」としか言いようがないものです。
でもそれが、何故だか観ているこちらにも「美しい」と思わせるのは、2人の主人公の美しさと、その関係を一種のファンタジーのように感じてしまう自分の価値観によるものなのだな、と思いました。
キャロルがもし男性だったら、もっと違う感情を抱いていたことでしょう。

また、印象的だったのは、テレーズの心の揺らぎ。はじめはランチのメニューも自分ではまともに決められず、彼であるリチャードからの熱烈なプロポーズにも「どうすればいいかわからない」と戸惑い気味。写真家になりたいという夢はありながら、具体的なアクションは起こしていない。
彼女の人生はいつだって迷い、戸惑うことの連続でした。

でも、キャロルが現れてから、彼女は変わりました。キャロルの誘いにはいつだってすぐに「いいわ」と返事をし、全てを受け入れるように。
最後には、きっと自分で決めた「何か」を選び取ったのでしょう。

わりと淡々と進んでいきますが、余韻がじんわり残る映画だと思います。