キャロルの作品情報・感想・評価 - 630ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

3.2
ケイト・ブランシェットってほんと芯から“女優”ってかんじ。美しすぎた。
るーにーまーらは30に見えない!10代でもぜんぜんあり!!
onezu

onezuの感想・評価

4.3

構成からすべてうつくしい。
始まり方もすき。
恋の始まる瞬間を目撃した感じ。
男性女性関係なく魅力的な人っているよな〜。同性愛者じゃないけどすごく共感できてしまったし誰もがそうなり得るなと。
最後のシーン素敵だったなぁ。
ケイトブランシェットに完全にノックアウトでした。
Hario

Harioの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【2016年劇場鑑賞作品12作目】
序盤から一つ一つのカットやシーンが饒舌に何かを語っているようで、会話のないシーンほど惹きつけられ魅せられるシーンはなかった。終始淡々としてるのにキャロルの美しい表情にどっぷり魅せられた!

キャロルの家に行く車のシーンで、キャロルがテレーズに話しかけてるセリフに字幕が付けなかった配慮と映像美にブワッと涙が溢れてしまった。

そしてラストのキャロルの表情が破壊的に美し過ぎて…恋に落ちる始末。わ〜トッド・ヘインズさんすごい!No other loveが頭から離れません!あのラストシーンは予告編で使うべきじゃないと思う。でも予告編で使いたいカットなのも良くわかる。

余談、キャロルの前の相手をサラ・ポールソンが演じてることに「アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン2」を思い出さずにはいられなかった。あれも時代が同じ頃で同性愛者が精神病として扱われていて、怖すぎて全部見れなかった…。
risa

risaの感想・評価

4.4
こんなに美しく綺麗な同性愛の映画は初めてでした。
光も撮り方もすべてが綺麗でテレーズとキャロルも美しく
落ち着いてて上品な作品だなと思いました*
映画館に来ている人も年配の方が多く、映画のペースものんびりでお洒落な大人が観る映画の印象を受けました。
女同士のベットシーンがとにかく美しくて、全く嫌な感じもせず綺麗だな、と見惚れるくらい良かったです 。 (アデル、ブルーは熱い色 よりも観やすく感じました 。)


あとは、とにかくファッションや髪型が可愛くて可愛くて
そこにも釘付けでした 。
あのスカートも赤ニットもファーのコートもぜんぶ買いに行きたくなりました !
テレーズがおもちゃ売り場で働いているところからして可愛い設定だし 、 すべてのものがフランス映画のように可愛い映画で
ストーリーの内容のわりに後味の良い映画でした ◎

ん〜〜 でも飽きてしまう人は飽きてしまう?ような、評価が高いけれどそこまですごく良いのかな?といった印象も受けたので期待をしすぎると要注意かもしれないです 、!
TAMU

TAMUの感想・評価

4.0
ルーニー・マーラ演じるテレーズの笑顔も困った顔も髪型もコートも帽子もパジャマも素敵で、背伸びした感じが愛くるしい。キャロルは男前なオシャレさんで、なるほど女子が本気になりそう。
50年代アメリカのデパート、ホテル、街並、車、人形、冷蔵庫、カメラ、タバコ、そして落ち着いた会話のやり取り、どれ一つとっても絵になる。テーマ云々以上に、画面の美しさに胸ときめいて、途中から字幕読まずにスクリーンを景色を見るかのように眺めてました(笑)
TOHOの日なのでアカデミー賞などで評価されてるこちらをみてきました。

境遇の違う2人の女性同士が静かに強く惹かれ繋がっていくとかよりも、ルーニーマーラの裸とケイトブランシェットの作中に出てきた写真などが美しく過ぎて印象に残った。

ただいかんせ好みじゃなかったのか、とても長く感じた。読み物と違って映像作品は速度が視聴者に選べないから合わないと大変。
僕は映画よりも小説に数枚美しい写真付けてくれればそれで良かったかも。
nishikooo

nishikoooの感想・評価

4.2
ふぅ。。やっとレビューを書く気になりました。。観終わった後は原作と違うとことか省かれたところに戸惑って映画自体の評価ができる感じじゃなかった。

原作との整合性を脇に置くと、本当に綺麗な映画だし、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラがキャロルとテレーズを本当に素晴らしく演じていた。
ケイト・ブランシェットの目線はゾクゾクした。。
もう一度落ち着いて観たい気もします。
Akari

Akariの感想・評価

4.2
内容もだけどとにかく映像がきれい。家具、車、ファッション、街並みが洒落てるそして女優さん2人とも美人で見惚れた2時間。伏見ミリオン座で。
y

yの感想・評価

3.8
とにかくもう、美しい映画だった。

特にケイト・ブランシェット演じるキャロルの妖艶さったらもう。
ルーニー・マーラも可愛すぎる。

そしてどことなくミステリー感が漂っていた。特に最後はゾクゾクした。。
女って、何か大変。

あーでも本当に美しい映画でございました。
LUM

LUMの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初の車から外を眺めてるシーンから、撮り方が綺麗だなと引き込まれた。美しい映画。
前から思ってたけど…ルーニー・マーラめちゃめちゃかわいい。本当にかわいい。彼女の儚げな美しさ。「あなたは結婚したいの?」という問いに、「私はランチのメニューも決められないの」。彼女を表す印象的な台詞だった。
2人の楽しげな旅の始まりは、あぁこういう感じ忘れてる、というか知らない?と思った。恋の始まりの、顔を見られるだけで嬉しくて、でも相手をもっとよく知りたくて、もっと側にいたい感じ。
ケイト・ブランシェットの決断のシーンは涙が出た。彼女の葛藤が本当によく表れていて。本当は手放したくないけど、手放す他ないのだと。自分に嘘をついて生きてはいけないと。
ささやかな、秘められた恋が、決して派手な演出はないけどドラマチックに描かれていて素敵だった。映画館でどっぷり浸って観れてよかった。
ルーニー・マーラは今まで脇役でしか見たことなかったけど、今回のようにもっと彼女の美しさをフィーチャーした作品を観たいと思った。