キャロルの作品情報・感想・評価 - 679ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

紫式部

紫式部の感想・評価

3.7
女優二人がとても綺麗で魅力的でした

もっと激しい同性愛の恋愛映画かと予告編から予想してましたが、恋愛要素は付けたし程度かと

男性の飾りではない、真の自分が如何なる者なのかな

時代背景と共に女性の姿も今とは違って見えました
KANT

KANTの感想・評価

4.5
美しい映像、美しい音楽。
完全に飲み込まれた。
観終わったあとの余韻でしばらく座席から立ちたくなかった。

同性愛がテーマの映画はたくさんあるけれど、この映画は綺麗な印象。終わり方もとても好き。

衣装も小物もみんなすごいオシャレ。

車の中からの表情とか、目線とか、髪をかきあげる姿とか、煙草を吸う姿とか、2人とも本当に名演技だと思った。
画作りの素晴らしさに開始数分で映画に引き込まれました。
ケイトブランシェット、ルーニーマーラともに文句のつけようのない演技。視線で演じるとはまさにこのこと。

劇中の台詞にもありましたが、ルーニーマーラはほんとに天使です。何時間でも彼女を見ていられる。ドラゴンタトゥーの彼女は何処へ!笑
uemon

uemonの感想・評価

3.8
想像以上でも以下でもないけど、観てよかった
レビュー通り、2人の演技が凄い!

子どもも女の子だし、アビーの出現で完全に男がいらない世界かよ!って思ったけど、各々の最初のパートナーも不器用だけど決して悪い人じゃないし(ダンナとリチャード)
気持ちに応えられないけれど、人間愛という感じ


多くを語らず(役者の視線やカメラワークで読み取れ的な)、本を読んでいるみたいな展開
飽きてしまう人はいると思うけど個人的には好き


観終わって何日か経ってからまた観たくなってきたので評価を変えます!
久しぶりに映画っていいなと思えたし、たぶんじわじわ好きな作品
BF

BFの感想・評価

4.3
ルーニー・マーラかわいい!
ルーニー・マーラかわいい!
ルーニー・マーラかわいい!

はあ、とにかく洗練されて美しくてベットシーンなんかもう綺麗すぎて素晴らしかったな、ほんと。ファッションも化粧もタバコ吸うシーンも涙を流すシーンでも…

テディ・ウィルソン、ビリーホリデイのレコード選んでプレゼントしちゃったり、たまらんな。

それにケイト・ブランシェットのルーニーちゃんを見る目がもう…
可愛くて仕方ないんだよ、百戦錬磨のライオンがよちよち歩き始めた猫を可愛がるかのように…
M

Mの感想・評価

4.5
全てが美しくて、思わず溜息が出てしまった。
上質で上品なラブストーリー。観ているだけでうっとりする。
ケイトブランシェットとルーニーマーラのベッドシーンは美しすぎてもはや芸術の域に達していた。絵画のよう。
時代背景に合わせて画質(?)も少し荒く、ビンテージ風にしているのが素敵。雰囲気がすごく好みでした。

同性愛映画にまた新たな傑作が生まれた瞬間である。
Mizuna

Mizunaの感想・評価

4.0
ケイト・ブランシェットは相変わらずの美しさだし、ルーニー・マーラはオードリー・ヘップバーンそっくりでかわいい。
目で語る感じが印象的。
けんた

けんたの感想・評価

4.5
クリスマスや大晦日等のイベントが揃う12月のNYが本作の舞台。

日本公開は2月と聞いた時にまじすかって感じだったんですけど、配給会社が…
なので何も文句言いません。笑

以前、「アデル ブルーは熱い色」を鑑賞したのですが、そちらの作品は色濃くレズビアンの描写を描いた映画であるのに比べて本作はすごく綺麗に仕上げていると感じました。
ラストがとてもよかったです。

レズビアンについての主張が強い映画かと思っていましたが、真の自分が何者なのか。というのを時代背景を使って表した作品であって、ストーリー性が強い作品ですね。
同性愛を感じさせない純粋な恋愛模様を描いた二人の女性のストーリーとも言えますでしょうか。

時代背景が凄く上手く映像に映し出されていました。
人々の格好や、使用するカメラや、車の窓など…

個人的な話だと僕はルーニの大ファンで、ルーニの作品の中でもめちゃくちゃ可愛かったです。笑
そしてケイト様があの年齢でも猛烈に美人だなぁと感じました。
あらかじめ書いておきますが同性愛は嫌いです。ただ気持ち悪いだけでよさがわからない。
勝手にやってくれたらいいけど関わりたくはないと思ってます。

そんな自分がキャロルを見たのはただアカデミー作品賞候補だったからという単純な理由です。

ネタバレはしたくないので感想だけ並べると、大変良い映画だった。キャラクターそれぞれの抱える問題、性格、心情がはっきり伝わって来て、それをサポートする素朴ながら多くの詰まったミュージックがなお良い。
演技は細かい心情を印象付け、ストーリーは儚くも美しい。
さすがアカデミー女優候補だけあって大変上手い演技でした。

強いてイチャモンをつけるならそういうシーンが長かった。男子高校生1人で観に行くのには厳しいものがあるw
記録

記録の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「心に従って生きなきゃ人生は無意味よ」

自分で自分の気持ちを騙すことは出来ない。これがこの映画の1番大切なメッセージとして受け取ることにしよう。

館内は若い人は少なくおじさま、おばさま方が多かった。「重い映画だった」と言う人もあれば「キャロルの子供は大人になってきっと理解する時が来る」と人生経験豊富かのような一言をもらす人もいた。受け取り方も人それぞれ、上映終了後の人々の飛び交う感想が心地よく面白く席を立つのが惜しかった。

内容や感じた気持ちを文にするのは難しいけど物語の視点は素晴らしかったと思う。

同性同士のsex初めて見た。”愛”が感じられた。