次男

キングスマンの次男のレビュー・感想・評価

キングスマン(2015年製作の映画)
4.2
「どうせすげえんだろ」っていうクソハードルを蹴散らしてくる映画だった…。ひとが簡単に安く死ぬ映画があまり好きじゃないというエセモラリストめいた自分の好みを嘲笑うかのよくに楽しませられて、くそ、くそ、た、たの、たのしいィイイってもう悔しい!(キックスアスのときもそうだった。キックスアスも、大嫌いだけど超楽しかった)

◆◆

超おもしろいけど、あれ?意外と大人しくね?みたいな印象をぶん投げるラスト30分。いろんな設定のグズグズさが気になりだしたそのラスト30分に、花火が上がった。もう笑うしかなかった。あ!悪趣味なやつ!みたいな。おまえこれやりたかっただけだろwwwみたいな。「これ超おもろいっしょ笑」って言われてるような、これまたこっちを嘲るような映像に、爆笑しながら、なんかもうすんません負けでいいすって思って、白旗パタパタ。てかよく見たらあの花火、ジャケ写でおもっくそ背景に背負ってやがんのね。どこまでふざけてんだって話。ぜったい悪ガキやったろこのひと。

◆◆

組織の紹介と敵の脅威の説明、胸熱の訓練・選考と敵の暗躍、主人公に私情を与えて、クライマックスは三転するくらい盛り上げて、エンドロールに挟み込むオマケラストまで楽しませ、もうこんなパーフェクトに二時間使うってだけで天才的だ。キャラも最高、役者さんはみーんなかっこいい、アクションシーンは言わずもがな、ガジェットにもワクワク、小粋な会話、あーもうほんとすげえな。超楽しかったです。どうもありがとうございました。

でもやっぱり大嫌いです。