はなふさよめこ

キングスマンのはなふさよめこのレビュー・感想・評価

キングスマン(2015年製作の映画)
4.4
大好きなマシューヴォーン監督と大好きなコリンファースにマークストロングが出ていて、大好きなロンドンが舞台で、スパイもの。
ちくしょう、今回も最高だ!!
オープニングのダイアーストレイツ(「ショーンオブザデッド」では投げて良いレコードだったw)で乗っけからアガるし、今回も選曲最高。

マシューヴォーンは「ナポレオンソロ」のソロ役の役者の息子だと聞かされ育っていたため(実際は違っていた)、スパイものに対しての思い入れが強く、この作品でも様々な部分でこだわりが見受けられます。丁度スペクターの為に007の過去作やスパイ映画観てたから、余計に感動。
主人公が恋愛しないのも、2015ヒット作の符合「ヒロインが強く、バディにはなるが恋愛はしない」に合致する。
確執のあるガイリッチーがまた「コードネームuncle」でナポレオンソロの焼直ししてるとか、もういろんな意味でハラハラ。

「X MEN FC」と構造的にはやってることは同じ、って部分も興味深い。(いつもの共同脚本の女性がシンディローパー感あって頼もしい)
これだけやったら、マシューヴォーンはもうオファーあっても007は撮らないんやろな。(可能性はゼロではないけど

とにかくスカっとできます。
続編もあるらしくて嬉しいったらない!