おーつ

キングスマンのおーつのレビュー・感想・評価

キングスマン(2015年製作の映画)
4.8
2015年それはスパイ映画激戦の年。そんな年も暮れを迎えた。それなら今年最高のスパイ映画を決めようじゃないかぁぁ!!!
まず候補作品は
・ミッションインポッシブル ローグネイション
・キングスマン
・コードネームU.N.C.L.E
・007スペクター
以上、豪華な4作品。

まずはキングスマンのレビューを———————————————
ロジャームーアが007の時のような古き良きスパイ映画のようで、新次元へと到達させた傑作スパイ映画!!
マシューヴォーン監督の前作「X-MENファーストジェネレーション」でも明らかにショーンコネリー007を感じさせる作りで、とうとう今作ではロジャームーア007
あきらかにアンチシリアス、アンチダニエル007ですよ笑
しかもセリフで遠回しにダニエル007を批判してます笑

じゃあロジャームーアの焼き直しなのか?
これが全然違った!!
オープニングから最高です
スーツを着たスパイが華麗に敵を倒し、優雅に酒を飲む。
これだけでもかっこいいのに、そこからの体が真っ二つに切り裂かれるというヴァイオレンスな展開に。
このトムクルーズでも007でもない「キングスマン」という新たなジャンルの始まりを魅せられるわけです。音楽の使い方なんかも新鮮でした。

敵はサイコなエコロジストという、007ムーンレイカーのような古いタイプの敵。
でも"ただ古いたけではなく"「昔のスパイ映画の敵は良かったよね〜」と言うなど新しさも十分兼ね備えてる。

今年のメジャースパイ映画の中で唯一の完全新作だけあって、本当に2作目が楽しみです。(原作コミックはあるけど)

———————————————

自分の中で1年のスパイ映画でランキングをつけられる年が来るなんて、すっごい年でしたね!!
正直、どれも良かったので
まず作品を決める前にパーツごとに1位を言います

最優秀男優部門は、、、
トムクルーズ!!!!
(ミッションインポッシブル ローグネイション)
→もうここまでノースタントでやるのは、ジャッキーチェンを超すんじゃないかってレベルです。イーサンは映画ではなく「実在している」という他にはない魅力を感じ夏を楽しませて頂きました!
トムクルーズが今年じゃなければ、「スパイとはなにか?」我々に説いてくれたコリンファースです!!

最優秀ヒロイン部門
レアセドゥ!!!!
(007スペクター)
→あの少し強気でガードが固そうな女性が死と隣り合わせの状況下でジェームズボンドによって心をほどかれていく様子はスパイ映画ならではの美しさを感じました。その割にはエロさみたいのが全くないのはサムメンデス監督だから?
モニカベルッチは出演時間が短すぎ、レベッカファーガソンも峰不二子みたいで良かったですよね。

最優秀脚本(内容)部門
キングスマン!!!!
(次点ミッションインポッシブル ローグネーション)
これはローグネイションかキングスマンの二択だと思ってます。
ただローグネイションは駆け足で進みすぎた気がします。
007は良い意味でいつも通りでしたが、どこかスカイフォール引きずってる感じが良くないかと。
UNCLEはごめんなさい、イマイチ乗れなかったです。。

最優秀楽曲部門
コードネームUNCLE!!!!
(次点、キングスマン)
キングスマンも良かったのですが、UNCLEは内容がイマイチパッとしてなかったため、ガイリッチー監督のカメラワーク、編集のすごさが引き立っていました。特に引き立ってのは音楽。単純にノリノリな音楽もあれば、ユーモアで笑をとりにきたりして楽しむ事ができました。

最優秀アクション部門
ミッションインポッシブル ローグネーション!!!!
(次点キングスマン)
もう生身でこなしている時点で「映画」という作り物を超えた楽しみを与えてくれました。

ただ!!
007スペクターのカーチェイスはスパイのエレガントさなどを感じる事ができる素晴らしいものでした。
UNCLEのカーチェイスは、やっぱガイリッチーだな笑と感じました。。。

そんなわけで今年の主要スパイ映画4作品に順位をつけるならば

4位コードネームUNCLE

3位007スペクター


2位ミッションインポッシブル ローグネイション



1位キングスマン!!!!!!
という結果になりました。

皆さんの1位はどれでしょうか?
ミッションインポッシブルも6作目が決まり、キングスマンも2作目が決まり、007もこの調子なら続くでしょう。
UNCLEは、どーだろ、、。笑

とにかく来年以降もスパイ映画が楽しみです。

[追記]
面白かった順ではなく
完全に愛着とか好みだと

007
ミッションインポッシブル
キングスマン
UNCLE
です。