MASAYA

キングスマンのMASAYAのレビュー・感想・評価

キングスマン(2015年製作の映画)
3.7
【manners maketh man】

いい言葉だ。

マッドマックス以来の4D観賞だったが、今回は迫力あるアクション+バリエーション豊富な振動や匂いを体感できてよかった。特にウィスキーの匂いはたまらなかった。

内容も少しスパイスのきいたスパイものでひと味違った展開を楽しめた。歴代のスパイ映画や登場人物と比較したり、いちいち「これが映画だったら」と言い足すのも斬新さを物語っていた。

M:Iシリーズもそうだが、こういうスパイものではやはり登場する道具に非常に魅力を感じる。コナンのような時計や防弾傘、ライター?の形をした手榴弾などなどそれぞれかっこよかった。

ただ残念だったのが、CGかな。頭に埋め込まれたチップの爆発は笑ってしまったが、リアルな死に方の方が個人的にはがよかった。あとはアディダス宣伝しすぎ。もっとテーラード要素が欲しかったなと。

最後に、確かに覚悟が足りないのかもしれないが、あそこでJBを打たなかったエグジーを自分としてはものすごく評価したい。