キングスマンの作品情報・感想・評価

キングスマン2015年製作の映画)

Kingsman: The Secret Service

上映日:2015年09月11日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ロンドンの高級テーラー「キングスマン」。しかしその実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった! 高級テーラー「キングスマン」。その裏の顔は世界最強のスパイ機関である。ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなすハリー(コリン・ファース)は、そのエリートスパイ。組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)の指令で、何者かに惨殺されたエージェントの代わりに新人をスカウトすることに。…

ロンドンの高級テーラー「キングスマン」。しかしその実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった! 高級テーラー「キングスマン」。その裏の顔は世界最強のスパイ機関である。ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなすハリー(コリン・ファース)は、そのエリートスパイ。組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)の指令で、何者かに惨殺されたエージェントの代わりに新人をスカウトすることに。ハリーは街の若者エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し、「キングスマン」の候補生に抜擢。実はハリーは、死んだエグジーの父と旧知の仲で、ある約束を果たそうとしていたのだった。一方で、頻発する科学者失踪事件の首謀者でIT富豪のヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)が、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた。調査を開始した「キングスマン」にも、ヴァレンタインの魔の手が迫る。果たして、エグジーはキングスマンの一員となれるのか。そして、「キングスマン」はテロを阻止できるのか。世界最強のスパイ機関、ついに出動!

「キングスマン」に投稿された感想・評価

湯呑

湯呑の感想・評価

4.4
唖然茫然の大殺陣シーンも含めて大いに楽しめた。『キック・アス』もそうだが、マシュー・ヴォーン監督はジャンルムービーの肝を知悉し、その上で予想外のひねりを加えてくる、何を撮っても信頼のおける監督だ。ただ1点、どうしても納得できないシーンがあった。主人公が敵役から毒入りの酒を勧められた際、「あ、あれは何だ!」とか何とか言って、あらぬ方向を指さし、相手が気を取られた隙に自分の酒の入ったグラスを相手のそれとすり替えてしまう、という場面があるのだが、しかしその相手というのは主人公の大先輩にあたる人物で、それまでも彼を2重3重の罠にかけて騙してきた大物スパイなのである。そんな漫画みたいな手口でやられる訳がないだろう。私は、すり替えたグラスに相手が口を付けるの見て、これは騙されたふりをしてまた罠を仕掛けているに違いない、と思いこんでいたので、本当に死んでしまった時は空いた口がふさがらなかった。
Nana

Nanaの感想・評価

4.1
素敵でカッコ良くて面白い!
早くキングスマン2も観たい(*´ω`*)
meg

megの感想・評価

3.5
評判がよかったので、google playのセールで。
早く続編見たいー!!!
Etn

Etnの感想・評価

4.0
英国スパイ物。
これは期待せずにはいられない。

なかなかのわかりやすいイギリス的皮肉、ブリティッシュジョーク、シュールで素敵だった。

ジャグリングのように次から次へとシーンが移り変わって話が進んで行く。スピード感があった。
コリンファースは安定の紳士っぷり、
マーリン役のマーク•ストロングがセクシーで目が離せなかった。
サミュエルLLジャクソンの赤いキャップも印象的。

選ばれし人達が威風堂々の音楽とともに打ち上がるシーンに笑いを抑えられず、JBと名付けられた犬の名前に苦笑。
義足の秘書は怖かった〜

楽しめる作品だった。
秘密裏に活動してるスパイ組織
キングスマンを中心に

少年が青年になってゆき
皮肉が詰まった社会風刺と
スカッとし過ぎる殺しのシーン

ギミックの詰まったスパイアイテムや
イギリスらしいセンス満載のスーツや舞台は素晴らしいの一言!

ただ、思ってるよりブラックジョークやシニカルな笑いもあって
笑える作品でした
wksgknch

wksgknchの感想・評価

4.0
いやー、面白い、その面白さがボケではなく、シュールというか、倫理観ギリギリ(アウトか?)だからこそ、エンターテインメントに到達している、中途半端でなく、ぶっ飛んでる!
最後のとことか、笑っちゃダメだけど、
あれは笑っちゃう。

無闇に人殺しちゃうって、敵と同じ思考だろ、世界を救うにしても、敵もそう思ってるんだし、その反転もまた面白いところ。

スパイ映画の過去作のパロディーが随所にあるようで、私にはわからないけど、調べると、色々判明します。

主演のタロン・エガートンは、大抜擢で、幼くて、スーツ姿がちょっとかわいい感じに仕上がってるけど、次回作があるなら、年齢と共に似合ってくるのか。

コリン・ファース、
マイ・フェア・レディに出演するというジョークがあるなど(ブロードウェイでデビュー予定)、お年を召しているが、そこはアクション時の撮影方法でクリアー

そして、サミュエル・L・ジャクソンは相変わらずの曲者役で素晴らしい、

階級や持って生まれた地位(貴族意識)に反旗を掲げ、外見も、内面も、紳士として振る舞うことこそが大切だと問う。
『manners maketh man』
(これは14世紀後半のイギリス・オックスフォード大のニュー・カレッジの創設者、ウィカムのウイリアムの言葉)


24本目
大阪ステーションシティシネマ
あこ

あこの感想・評価

5.0
2を見てからこちらを見ました。
2同様、とても面白かったです。
ラストシーンは忘れられません。笑
>|