ヘイトフル・エイトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ヘイトフル・エイト2015年製作の映画)

The Hateful Eight

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:187分

ジャンル:

3.7

あらすじ

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出…

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出来事がー。

「ヘイトフル・エイト」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
タランティーノの滑稽なまでに容赦ないところ本当に好き

一人ずつ仲間に加わっていくところなんか、おとぎ話みたいとか思ってわくわくしちゃう
[密室]を感じさせないくらい展開に奥行きがあって濃厚な3時間..
Miwa

Miwaの感想・評価

3.6
賞金稼ぎと首吊り人、無法者なのに妙に義理堅いところが面白い

前半はとにかく長くて退屈だけど
後半は面白かった
賞金稼ぎの話はどれも嘘なのか
ほんとであってほしいものもあった
さすがのタランティーノ

中盤までの馬車の中のワンシチュエーションがおそろしく長く、キャラクターが出揃い紹介が終わるまででかなりの尺を使った上での

中盤からの怒涛の展開
バイオレンスとスリラーとサスペンスの要素も全てバランスよく成立していて

結末が、好みじゃない部分もあるのにこの結末以外にはありえないほどの終わりだと思える

万人に勧められる映画ではないけど
万人に試して見てほしい映画
Ellie

Ellieの感想・評価

2.3
無理だった…
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.6
あまり長さは感じませんでした。
南北戦争について、もう少し知っていたらもっとおもしろかったのかも。

山小屋の扉をいちいち外から蹴破って入り、中から釘と板で修理する、可笑しかったです。

シチューが食べたくなる🙂
タランティーノ通常運転w
半ばまではお得意の、意味があるのかないのか分からない会話劇。後半はいつものブシャードシャー!!w
どいつもこいつも、とんでもない最低のヘイトフル悪党どもだったぜ…
ネタバレを目にする前に見るの推奨。

ジェニファー・ジェイソン・リー姐さん、いろいろとご苦労様でした…
チャニング・テイタム出てたんかいっw
ティム・ロスが今後、クリストフ・ヴァルツとかぶってきそうな予感。
(日本公開時のレビューです)
Kent

Kentの感想・評価

3.5
どんでん返しに次ぐどんでん返し。
えっ!?そうなるのっ!?って展開とバイオレンスが入り乱れる。
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/8/14鑑賞。馬を失った賞金稼ぎマーキス、賞金クビのデイジーを捕まえた賞金稼ぎジョン、保安官クリスの同乗する駅馬車は、猛吹雪の中ミニー紳士服飾店へ着くが、店主のミニーは留守で自称留守番のメキシコ人ボブが挨拶する。計8人の初対面の人間が雪の山小屋に閉じ込められた時、最初の事件が起きる…という話。 最初から最後までタラちゃん節全開の作品です。タラちゃん作品の中ではジャンゴと同じくらい好きですね。馬車が走るだけのシーンが長すぎるとか、ギャグみたいに吐瀉物をまき散らすとか、色々とツッコミ疲れた作品でした。 75点。
massiro

massiroの感想・評価

4.3
久しぶりのタランティーノ作品。
歳を重ねたサミュエルエルジャクソンもカッコ良いニガー。
しかしもってやたら長い。ダラダラと続く会話劇とか、いちいち壊れたドアを打ち付けるところとか中盤までは密室ミステリー感が薄くて寝そうになるけど、コーヒーのくだりからチャプター4の仕込みシーンまでがすごく面白いアンド、エグい。
最後の方で血まみれのデイジーが本気を出し始めるあたりもドキドキするけどなんか笑える。ここは見所だった。だが、総じてなんだろ、この映画。。
て最後もんやり思うのはお約束かな。
ミニーのシチュウは具が大きくて食べてみたい。皿とスプーンが木製なのも良い。
>|