サンタムール

ヘイトフル・エイトのサンタムールのレビュー・感想・評価

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)
3.6
クェンティン・タランティーノ監督の最新作。
今回はクセモノ8人が巻き起こす、バイオレンス・ミステリーです。
タランティーノ監督作品が好きな人にとって、今回もハズさない見ごたえある、作品でした。
前半の2章位までは、三谷幸喜のようなノリで、台詞で惹き付けるキャラクターのオンパレード。
ちょっとじれったい感じはあったものの、第3章の"ドメルグには秘密がある"位から血しぶきも、プリたつ。面白さが急にスピードアップしたような。。
ドメルグ役の女優(ジェニファー・ジェースン・リー)の、あのふてぶてしさと汚ならしさと強さ。ふっ切れた演技力でホントに魅力的。
物語が進むにつれて、どうなるどうなる(?_?)誰が生き残る?ってワクワクさせられた。
サミュエル・L・ジャクスン演じる賞金稼ぎが最初は善人に見えたのに。。。
途中でのゲスっぷりにモヤモヤしてたから、あの撃たれっぷりにはスカッとした。
西部劇にタランティーノの味付けがなされてて、音楽とか、風景はレトロなのにイマドキな感じが漂ってました。
3時間、どっぷりタランティーノに楽しませてもらいましたとさ。