ヘイトフル・エイトの作品情報・感想・評価

ヘイトフル・エイト2015年製作の映画)

The Hateful Eight

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:187分

3.7

あらすじ

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出…

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出来事がー。

「ヘイトフル・エイト」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
タランティーノの滑稽なまでに容赦ないところ本当に好き

一人ずつ仲間に加わっていくところなんか、おとぎ話みたいとか思ってわくわくしちゃう
[密室]を感じさせないくらい展開に奥行きがあって濃厚な3時間..
ミ

ミの感想・評価

4.3
序盤はダラダラ話してるだけで面白くないな〜って思っちゃって見るの諦めてたけどようやく今日見終わった
流石タランティーノ見て行くほど面白くなっていくあの小さいロッジだけで話が広がっていく感じが堪らない吹雪が吹いてる音聞いてるだけで寒気がする
過激なシーンも多くてタランティーノらしさがあって好き
「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ」に比べるとあまり公開時話題になっていなかったような感覚が個人的にはあるけれど、負けず劣らず面白かった。

前半はほとんどキャラクター紹介という感じで、劇的な展開が生まれるまで半分くらい待たされるけど、そのスローなテンポがむしろ心地よいぐらい。

「12人の優しい日本人」のように会話によってイニシアチブを握る人物が変わっていくような展開かと思いきや、結構早い段階で血が流れる。

初タランティーノがこれだと結構ショックを受けるかもしれない。
寝そうだったが銃ぶっ放しから目が醒めた。もう一展開あれば
虫けら

虫けらの感想・評価

3.3
うーん、思ってた感じとは違ったかなぁ。
というか、パルプフィクション以外あんまりタランティーノ作品楽しめてないかもな、と思う。予告の時はすげー面白そうに見えたんだけどなー。
って感じです。
林大智

林大智の感想・評価

3.8
カテゴリはミステリーですが、ミステリー感はあまりないです

本作はタランティーノの作品が好きな人は好きだし、好きじゃない人は好きじゃないと思います
そういう意味で本作は期待を裏切りません

タランティーノ作品初めて観る人に、タランティーノ作品の雰囲気を簡潔に説明すると
インスタ映え感と会話量、シュールさ、ラストの死者数
大体これだけ抑えておけばオッケーです
あとは観て感じてください
tu

tuの感想・評価

3.3
114_2017
coconut

coconutの感想・評価

3.5
タランティーノやなぁって思う作品❗️
タケオ

タケオの感想・評価

3.8
我らが変態監督タランティーノがぶっ放す密室ミステリー‼︎

アカデミー賞作曲賞を受賞したエンニオ•モリコーネによる味わい深いBGM、ウィットに富んだ過激な台詞回し、ジリジリと火種を燻らせる長話からの血みどろスプラッター、いちいち余計なスローモーションといったタランティーノ節が本作ではいつも以上に炸裂‼︎

360度何処から見渡してもタランティーノ、絶対にタランティーノでなければ作れなかったであろう"THE タランティーノ"な作品だ。

そしてなによりも、そんな本作を盛り上げるキャストが凄まじい‼︎

我らが黒人番長 サミュエル•L•ジャクソン‼︎
癖強すぎ偏屈兄貴 カート•ラッセル‼︎
英国の狂犬 ティム•ロス‼︎
極悪ダンディー マイケル•マドセン‼︎
ルール無用の保安官バッジ ウォルトン•ゴギンズ‼︎
ジョン•ウェインを殺した男 ブルース•ダーン‼︎
お調子メキシカン デミアン•ビチル‼︎
身体張りまくり肝っ玉姐さん ジェニファー•ジェイソン•リー‼︎

アクの強すぎる曲者集団による、騙し騙され食い食われの壮絶な駆け引きは必見‼︎
中でも血まみれアザまみれで薄汚い笑みを浮かべ続けるジェニファー•ジェイソン•リーの迫力の演技に完全に釘付け、アカデミー賞助演女優賞ノミネートも十二分に納得だ‼︎

"密室ミステリー"なんていってるけど結局最後は血まみれの地獄絵図になるのはご愛嬌だよね。

本作は南北戦争をバックボーンにおくことで"ジャンゴ 繋がれざるもの"に引き続き黒人への差別や偏見をテーマとして扱っているが、タランティーノが描くのは"南北戦争という悲しみの歴史を乗り越え平和を描く"などという甘っちょろい代物では断じてない‼︎

"南北戦争という悲しみの歴史を叩き伏せ、手を取り合い敵を皆殺しにする"ことこそがタランティーノの描く男の流儀なのだ‼︎

またも尖に尖りまくった作品を作り出してしまったタランティーノ!
次回作も期待してるぞこの野郎‼︎
>|