ゴジラ キング・オブ・モンスターズの作品情報・感想・評価

上映館(363館)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ2019年製作の映画)

Godzilla: King of the Monsters

上映日:2019年05月31日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に投稿された感想・評価

ギャレスエドワーズのゴジラは
俺たちのみたい怪獣!
俺たちのみたい角度!
てのをよく捉えられてたかなーと感じた

とはいえ、今作の作中初登場シーンはやっぱり燃えるし、各々の初対面シーンの見栄の張り合いも燃える

しかし、今作のキーとなるのが、半田ごてでちょちょいと直せちゃうような幼稚なガジェットなのがちょっと...iOS/Androidでだれでもつくれるレベルのガジェット...
あとあの家族の物語いらないかなぁ

81本目
NBK

NBKの感想・評価

3.8
色即是空、空即是色。
YA

YAの感想・評価

3.3
物理がおかしい
ゴジラがイケメンで足長い
ひろむ

ひろむの感想・評価

3.2
ちょっと懐かしい。。
平成ゴジラ育ちとしてはちょっとした同窓会のようでした。ラドンは火鳥というよりコウモリか。
モスラ女王は男前でした
相変わらず人間の都合に合わせて登場してくれるゴジラ。これからのモンスターヴァースが楽しみ

怪獣バトルものはいくつになってもいいもんだ
ゴジラ程の長寿シリーズになると時代によって描かれ方も異なり、「自分にとってのゴジラ」も人それぞれ異なるはず。
すごく雑に分類すると
・人間文明の脅威となるゴジラ
・人間も生意気な怪獣もシメたる!なゴジラ
・僕らの頼れる巨大なヒーロー・ゴジラ
…といった感じになるのかと。
自分はビオランテ辺りがゴジラ原体験で、上2つのゴジラが好き。最後のヒーローゴジラが嫌いなタイプ。で、今作は最後のパターンでございました…。

いやもう、人間も和解とか共存とか日和ったこと言わないでさ、ゴジラも丸くならないでさ、もっとバチバチやりましょうって!
そんな今作を一言で表すなら、「フラストレーション」。見たい素材は揃っているのに、中々美味しく見せてくれない。
何よりストーリー展開というか、主人公家族がただのノイズ。主人公はいてもいなくても変わらない存在感の薄さだし、その元妻はよくある理由で事件の発端を作った迷惑者。娘だけが頑張ってたけど、別にそこまで主軸にしなくても…。グダグダ家族ドラマが最後まで足を引っ張っていた印象です。

肝心の怪獣バトルもそこに引っ張られていて、見たいのは怪獣プロレスなのに、良いところでグダグダ家族ドラマが割り込んでくる。いらねぇ。
前作でもゴジラと敵怪獣がさあ戦うぞ!という所で軍隊の突入シーンに切り替わって興醒めしたのを思い出しました。
怪獣の足元を走る主人公達とか、困難な救出ミッションとか、そういうのは他のモンスターパニックで足りているのです。ゴジラではゴジラでしか見れないものを見たいのです。
そしてエンドロールで流れたニュース。怪獣のおかげで自然が色々良くなりました。週刊誌の怪しい広告かよ!

と叩いてばかりですが、良い部分もチラホラあります。
人間文明は怪獣達の存在の上に乗っかっているだけという世界観はすごく好き。
キングギドラの強敵感やモスラの神々しさ、ラドンとの手に汗握るチェイスシーン(本当に素晴らしい)、そしてラストのゴジラのアレ。全編これを見たかった。
渡辺謙演じる芹沢教授が前述のゴジラとの共存を語った時は「うわあ」と思ったものの、最期の邂逅はグッと来てしまいました。

制作陣はゴジラへの愛を持って作っているのは間違いないでしょう。ただ冒頭のように「好きなゴジラ」が違っただけ。グダグダ家族ドラマは文化の違いだけ。だから自分には合わなかっただけで、きちんとゴジラに向き合っている作品だと思います。
でもオキシゲンデストロイヤーの扱いとかコスモスの中途半端な引き合いは許さねえ。

正直、暴れる怪獣の面白さならドウェイン主演の「ランペイジ」の方が圧倒的に上でした。
とはいえ、次のゴジラvsキングコングも結局見てしまうのでしょう。なんだかんだ言って、ゴジラ好きですから。
MaKo

MaKoの感想・評価

-
最高に最高だった、、、
モスラはオリジナルに比べて可愛さに欠けたなと予告で思っていたけれど訂正します。あの美しさは至高。
モスラのテーマをBGMに羽化する姿は何よりも美しかった。
ゴジラは前作に続き生物の頂点にふさわしい威厳とかわいさ、、、
途中ちょっとつまラドン
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

3.7
久しぶりに映画館鑑賞!選んだのはアラジンではなくゴジラw
子供の頃ゴジラではなくキングギドラのビニール人形とお風呂に入っていた私ですが、もちろんいつもゴジラを応援しています。本作はゴジラリスペクトが過ぎる監督が丹精込めて作ったということで期待して見に行きましたが、最高でした。人間模様の描写が薄っぺらいとかいうレビューもありますが、人間とかどうでもいいんですから。人間などゴジラたちにとってはそこらに落ちてるゴミみたいなもんなんですから、ゴジラたちを差し置いてヒューマンドラマなど描かなくて正解!ただ、キャストたちが怪獣たちの登場を逃げずにわざわざゆっくりと眺めて絶望的な表情や台詞を言ってくれるのは素晴らしかったです。渡辺謙さんは眼鏡を取ったり外したり、ハズキルーペでも意識してたんでしょうか。謙さんによりフル充電完了後のゴジラの顔をぐっとアップで寄せてくカメラワークは最高でしたね。あれもう一回見たい。長文になってしまいましたが、とても面白いので皆さんにおススメいたします。
ま

まの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴジラ大好きおじさん静かに狂ってる。やばい。モスラの女王感すさまじくうつくしいしゴジラの害のないものは手を出さないポリシーすごい。
>|