深夜食堂の作品情報・感想・評価

深夜食堂2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

3.6

あらすじ

マスターの作る味と居心地の良さを求めて、夜な夜なにぎわうめしや。ある日、誰かが店に置き忘れた骨壺をめぐってマスターは思案顔。詮索好きな常連たちは骨壺をネタに、いつもの与太話に花を咲かせている。そんなめしやに久しぶりに顔を出したたまこ。愛人を亡くしたばかりで新しいパトロンを物色中だったが、隣にいた年下の男と肌が合い…。無銭飲食をしたことを機に、マスターの手伝いを兼ねて住み込みで働くことになったみち…

マスターの作る味と居心地の良さを求めて、夜な夜なにぎわうめしや。ある日、誰かが店に置き忘れた骨壺をめぐってマスターは思案顔。詮索好きな常連たちは骨壺をネタに、いつもの与太話に花を咲かせている。そんなめしやに久しぶりに顔を出したたまこ。愛人を亡くしたばかりで新しいパトロンを物色中だったが、隣にいた年下の男と肌が合い…。無銭飲食をしたことを機に、マスターの手伝いを兼ねて住み込みで働くことになったみちる。いつのまにかめしやに馴染むが、どこか事情を抱えたままで…。福島の被災地から来た謙三は夜な夜なめしやに現れては、常連のあけみに会いたいと騒いでは店の客と一悶着…。春夏秋冬、ちょっとワケありな客たちが現れては、マスターの作る懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては新しい明日への一歩を踏み出していく。

「深夜食堂」に投稿された感想・評価

こういう店の2階に住むの憧れる
「庶民派向け飯テロ映画。」

普段、全くドラマとか見なくて。それでも見れたんで映画も見てみました。

正直な感想は映画じゃなくていいw
ただドラマみたいにオムニバスになってるから区切って見てもなんの問題も起きない。
脚本的にはむしろ時間不足かな。

ただ、ドラマ見てると食堂のシーンに見たことある人とない人がごちゃごちゃいて。知っている人がいたらホッとするみたいな入り込めるシーンももちろんある。

食の映画ながら、日本の庶民飯が出てきて改めて日本食っていいなってそんな映画でした。

それでは。
ピニス

ピニスの感想・評価

3.7
ドラマと一緒やん

やっぱり小林薫のあの声は人を包み込む特殊な周波数が出ている
腹減ったってなる
居酒屋ふじとかこうゆうの見てると風情のあるお店に行きたくなるね
shogo

shogoの感想・評価

3.8
和み。
一人暮らし始めたらこんな食堂見つけよう。
halna

halnaの感想・評価

4.6
本当に好き。
演出も間も音も空間も匂いも。

めし。
人生の中でやっぱり
ご飯て大事なんだなと思える。

全然内容とは関係ないけど小さい頃からカップラーメンで育ってきた子とお母さんが作ってくれたご飯で育った子って全然違うと思う。

マスターが作るご飯は家族みたいに温かみと愛情が込められてる。手間がかかってる。美味しそうな匂いがしてくる。深夜の哀愁漂う外観にあったかいご飯とマスターが待ってる。最高の魅力。
yukako

yukakoの感想・評価

3.8
深夜食堂ではないけれど夏の間通っていた、とある飲み屋さんのマスターに似ている。ある時 酔い潰れて眠り込んでしまった客を嫌な顔ひとつせずそっと起こしていたっけな。どんな人間でも、例え過去に犯罪を犯していたとしても、ああそうかって静かに話を聞いてくれる様な他人が人間には必要だと思う。
こんな店いい(*´ω`*)
ドラマでずっと見てきたけど、やっぱりこの空気感、しみじみといいなぁ。
こんなめしや、近くにないかな。
>|