ニック

天国は、ほんとうにあるのニックのレビュー・感想・評価

天国は、ほんとうにある(2014年製作の映画)
3.2
臨死体験を体験した息子が語る天国の話。

天国は本当にあるのか、それとも子どもの想像力の賜物か。

神父のパパ、グレッグ・キニア息子の話に半信半疑だが手術中の手術室の様子、それを待っている間、神にブチキレる自分の姿などを言い当てられ困惑。

しかし、息子が知るはずのない故人の話まで聞かされノックアウト。

子どもが可愛い、しかし本当に天国があるのかないのかそれだけ。

いかに映像技術が上がっても天国を表現するのは難しいというか不可能か、どうやっても胡散臭い。

天国があるならば、そこに行こうと人は善行を積みこの世はより良くなるんじゃないかなぁ。

そういう事なら神様、イエス様に「天国マジでありまっせ~」とかバンバン宣伝していただきたい。

それをしないという事は下心や偽善は悪ということか。