knkne

あと1センチの恋のknkneのレビュー・感想・評価

あと1センチの恋(2014年製作の映画)
3.3
今まで観てなかったとは言えないシリーズ11作目。

様々な物事のタイミングは思うように合わないのが定石なのでとてもリアルな話です。
そこは似たような境遇にも僕自身遭ったことがあるので大いに同意します。
リリーアレンの音楽がこの作品を上手いことサポートしてるしこの作品を好きな人の要因の1つだと思う。
場面とも雰囲気ともマッチしてますしね。

ざっくり言うと幼馴染の切ない恋愛物語。
ロージーは高校生あたりからずっと大殺界なのかってくらい運が悪い。
お互いドラクエで言うところの「ガンガンいこうぜ」無しの縛りプレイでいざ使用したかと思えばすれ違いなわけである。
羽ばたく蝶の絵などが挟まれたのは「バタフライ効果」を表しているんでしょうね。
ささいなことで未来は変化し2人の関係にすれ違いも生まれる。
までは分かったけど展開が急すぎてついていけなかったりその絡みいるのか?と疑問な部分もあったのが残念。
そのせいで設定のガバガバ感が浮き彫りに。

あと産婦人科の医師の名前ディックのくだりは面白かったです笑笑