movieman

あと1センチの恋のmoviemanのレビュー・感想・評価

あと1センチの恋(2014年製作の映画)
3.8
 ばあさんの口癖はもったいないだったが、欲張らない方がもったいないと思う。ロージーのお父さんが言ってたけど、その通りですよね。あんまり印象に残るシーンじゃなかったので、1回目に観た時は、気に止めませんでした。なのに2回目観た時に、そのセリフが凄く心に残りました。人生1回、確かに無駄使いしようとか、そういう事ではないけど、何かや誰かに遠慮したり、決断する時、選択する時に、「あー、これもったいないかな~」って考える事はあります。でも、「もったいないか、もったいなくないか」で決めるなんて、それこそもったいない事だと思いました。ただ自分の心に聞いてみて、それはやりたいのか、そう思ったらやればいいじゃんと...内容にはあんまり関係なさそうですね笑。

 まず、この作品はですね、リリー・コリンズさんが可愛すぎる。内容も良かったんですけど、彼女を見るだけでも十分ですね。リリー・コリンズさんのファンの方には、オススメです。もう超オススメします。笑顔がとても素敵だなと思う女優さんです。

 ストーリーは、展開が早いし、急過ぎたりで前半は慌ただしい感じでした。こんなに12年間もすれ違い結ばれる話しは、聞いた事がありませんが笑。幼い頃からいつも一緒で、いつも一緒にいて自分にとって身近な存在だったからこそ、お互いに自分の気持ちを打ち明けられない。好きという言葉を言い出せない。
 時には、自分のその感情に気づかない場合もある。そして、2人が離れた時になって始めて、お互いの大切に気づかされる事だってある。


〈以外少し内容について書いてます〉


 多くのすれ違いが重なりで、結ばれる事なく、12年間が過ぎていってしまうんですけど、アレックスの結婚式の際にロージーがしたスピーチはよかったですね。自分の思ってる事、アレックスに対してどんな気持ちでいるか。あなたが私にとってどんな存在するだったか。どれほど光をもたらしてくれたか。
 あのスピーチは良かったです。でも、2人にとっては感動的なシーンでしたが、他のお客さんや花嫁は、口が空いちゃってる状態です笑。出来れば結婚式前にやってほしいものです。溢れる気持ちを他の人の結婚式で、ぶちまけてるんですから笑。
 そしてその後、アレックスがロージーに18歳の時に記憶を無くした日の事を話しはじめます。そして、あの時の自分の気持ちを、そして今僕がどんな想いなのかを言うんですけど、その時のセリフも素敵でしたね。

 結果的にこれで良かったんじゃないかと個人的には思いました。もし、始めから二人が付き合っていたら、それもそれで良かったんでしょうけど、お互いが違う相手との恋愛があったからこそ、やっぱり自分にはロージーorアレックスじゃないと心を満たせない事に気づたと思うので、始めから結ばれるより、紆余曲折があり、互いの大切さに気づけた上で結ばれる方が、これからの長い人生を共に過ごせていけるんじゃいかと...何が言いたいのかというと、良いストーリーだったということですね。途中途中で突っ込みどころはありましたが、素敵なストーリーでした。

 最後のロージーが開業したホテルは実際に行ってみたいですね。窓の外はキレイな海が広がっていて、旅行する時には寄ってみたい場所です。サイトによれば、たぶんアイルランドのダブリンという所なんですが、行ってみたいリストに加わりました。