Donatello

チェイス!のDonatelloのレビュー・感想・評価

チェイス!(2013年製作の映画)
3.2
『きっとうまくいく』を観た時、とてもいい俳優さんだなと思ったアーミル・カーン君ですが、意外と肉体派なんですよね。
例によっていつもの踊りがいつくるのかと思ったら、まさか『マジック・マイク』みたいなのを見せられるとは思いませんでしたよええ。

ボリウッドがハリウッドに進出という、なんだかよくわからない展開ですが、そういうところは別にハリウッド化しなくてもいいんじゃないかと困惑。

原題が"Dhoom3"って事でなんとなく1と2があったんだろなという事はわかるんですけど、それは別にどうでもいい展開に一応出来上がってて、それでも無駄に刑事役の二人が目立つので、そこらあたりでまた困惑。

序盤のその二人のシーンでスーパースローが相当しつこいぐらい繰り返されて、何考えてるんだと更に困惑、と本編の3分の1ぐらいのところでちょっと停止しようかと思いましたよ正直。

某ノーラン作品のネタと同じながら、そこに拘ってはいなくて、早々にタネ明かしした上で、その上にドラマを盛るあたりがボリウッド的でそこは良かったんですけどもね。

なかなかの悲劇的な話の展開ながら、サラッと清々しい感じにしてるあたりがインドテイストなんでしょうね。
うっかり流されそうになりますが、割と酷い話やでコレしかし。

ただヒロインのカトリーナ・カイフちゃんの相変わらずセクシーな、普通にしてても迸るエロスが所々で観られるので、それ目的で観るだけでも価値はあると僕個人は激しく思うのです。