HiDE

君が生きた証のHiDEのネタバレレビュー・内容・結末

君が生きた証(2014年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

寝ぼけててネタバレおすの忘れてた、すいません!

評価するの難しいなぁ。

立場違えど苦悩は同じなのか。

事件が大き過ぎて、
正直心の許容範囲を越えますよね。
それはわかるけど。

途中で息子が犯行者だとわかりますが、そこからどうしても被害者側の事を考えてしまって。
その割に母親が他人事のように映ってしまって。

最初から犯人は息子だと描写しても良かった気がするけど。

それでも最後の歌うシーンは何かグッとくるものはありました。
全体通して曲も素敵です。

不用意に本作に手を付けて複雑な心境になりました、とさ。