ACDC

君が生きた証のACDCのレビュー・感想・評価

君が生きた証(2014年製作の映画)
3.7
大きな罪を犯した人間は、
今まで生きてきた事、
考えてきた事は、すべて罪なのか…

そんな事を問い掛けてくる映画です。

確かに考えさせらるテーマで、
題材としては面白い映画だと思いますが、
自分にはあまり刺さりませんでした。
第一に音楽がグッとこない。
第二に無尽蔵に出てくる
お金がグッとこない。
結局お金か?ってなる。

多分あくまで、犯罪者が作った物だから、
そこまで魅力的にはできないのかなと、
思ってしまいました。

ラストシーンも感動的なシーンではありましたが、それまでが入ってこなかったせいか感動が今ひとつ足りない。
結果もう一回見たいって気が起きない。

悪い事した人間は、
生きてきた軌跡全てが罪。
関わった全ての人が罪。
そんな事ないと思うんだけどなぁ…

って事を言いたいんだと思うんで、
ソコは共感するんですけどね。