ウォーター

君が生きた証のウォーターのレビュー・感想・評価

君が生きた証(2014年製作の映画)
3.8
アメリカの社会問題にもなっている銃乱射事件に、別角度から切り込んでいる映画。
観終わって言葉にならない感動に包まれた。
ビリークラダップの訴えかけるような歌声がとても響いた。
いろいろなシーンに意味があるようで、とても感動した
バンドのシーンを最高に楽しく描く事でより亡くなった息子のことを、考えさせるのだと思った
人生に行き詰まって、支えを必要としていた息子のことを知って、その息子に捧げる歌に感動した。